フィギュア

2014年1月31日 (金)

GV vol.2 クザン

THE GRANDLINE VEHICLE vol.2「クザン」。 グラメンから派生する新たなシリーズ"グラビークル"。 その第2弾が、元海軍大将"青雉"ことクザン。 この衣裳での登場は映画「FILM Z」が最初だが、ちゃんと連載でも"基本"は踏襲され…パンクハザード編のラストに矛盾のない見事な登場を果たす。 映画ではルフィ達と接触してるからさ。 連載で登場する際どうするのかと思ったら…ドフラミンゴに襲われるスモーカーを助けに現れる。 フィギュアでも、その時の"表情"を再現している様だが…自転車には乗っていない。 巨大ペンギンに乗って来たからね。 先日放送された「FILM Z」では自転車に乗っていたから、最初はこのシーンを再現するつもりだったのかも。 原作でのドフラミンゴとの接触は衝撃だからね。 セリフもそっちにしたくなるわな。 しかし、この自転車の作り込みが凄まじくてさ… クザンを乗せなくても十分飾れるクオリティ。 これに完成度の高いクザンが加わるのだから、凄くならない訳がない。 個人的にはシリーズのなかでも最高の出来だと思う。 今後のラインナップは不明だが、やっぱりドレスローザ編のキャラが中心になるのかも。 だいぶ先になると思うけど…


Dscf140123_002
GRANDLINE VEHICLE vol.2「クザン」。

Dscf140122_135
全身と右側面。

Dscf140122_128
左側面と背面。

Dscf140123_015
自転車のチェーンもこのまま回りそうなほど精密に再現。

Dscf140122_139
「ちょっとごめんな兄ちゃん。そこどいてくれるか」


-----

| | コメント (0)

2014年1月26日 (日)

GM vol.38 ドフラミンゴ

THE GRANDLINE MEN vol.38「ドンキホーテ・ドフラミンゴ」。 連載でもアニメでも、今まさに彼にスポットが当たっている最中だ。 パンクハザード編からドレスローザ編にまたがる壮大な闇の黒幕。 七武海でありながら、ブローカーのボス"ジョーカー"の名を持ち…暗躍を続ける。 更にドレスローザ国王でもある彼の一族"ドンキホーテ"は天竜人だった! "イトイトの実"の能力で相手を操る事も可能。 明かされる真実はどれもヘビーなものばかり… そんなドフラミンゴとルフィは間もなく激突を向かえる!? フィギュアの再現力は言うまでもなく、毎度パッケージの写真より出来は良い。 独特のサングラスはクリアパーツではないが、額の血管や口元が悪の親玉を演出しているよね。 彼のフィギュア化は多いけど、はっきり言ってP.O.Pよりも出来は良いと思う。 羽マントがないのは残念だが、たぶんそれだけをプライズにしても成立するんじゃないかな。 欲しい人も沢山いるはず。


Dscf140122_186
GRANDLINE MEN vol.38「ドンキホーテ・ドフラミンゴ」。

Dscf140122_146
全身と右側面。羽マントは確かに欲しいところ。

Dscf140122_173
左側面と背面。腰のベルトとかも塗りが細かい。

Dscf140122_182
パッケージは似てないが、こうやって見ると再現力のスゴさが分かる。額の血管や口元など、悪さがよく出ている。


-----

| | コメント (0)

2014年1月23日 (木)

GM vol.37 スモーカー

THE GRANDLINE MEN vol.37「スモーカー」。 去年の9月頃には画像の準備も出来ていたが…掲載がだいぶ遅れてしまった。 2年後と言うか、パンクハザード編で登場したG-5のスモーカーね。 中将となり、正義コートも正規のものを着用。 パンクハザードでは七武海のローに敗れ心臓を奪われる。 アラバスタに続いて、ここでもルフィ達と行動を共にするが…別れた直後、ドフラミンゴの強襲により瀕死に。 偶然か必然か、突如現われた元海軍大将"青雉"に助けられる。 フィギュアでの再現力は本当に凄まじいね。 どこをどうしたらとか一切ない。 唯一言いたいのは…新作のペースアップ。 3ヶ月に1〜2つ程度だからさ。 サボがそろそろ本編で登場しそうだし、企画が早いのは評価できるけど…発表からプライズに投入されるまでが長い。 だからこそのクオリティかも知れないが。


Dscf130824_124
GRANDLINE MEN vol.37「スモーカー」。

Dscf130824_112
側面アップと全身。特にブーツの彩色は素晴らしい。

Dscf130824_081
側面と背面。今回コートの脱着は不可。しかも固い。

Dscf130824_109
バストアップ。目の造形に加え、彩色が更に細かくなってる。


-----

| | コメント (0)

2013年12月22日 (日)

ガンプラEXPO2013 02

アニメが予想以上に面白い「ビルドファイターズ」もガンプラ化が加速中。 意外に良い感じなのが"ベアッガイIII(さん)"。 アニメでは、ぬいぐるみがガンプラになったという"裏設定"により…綿が詰められている。 ケンプファーやキュベレイに混ざって、グフも展示されていたが… いくらなんでもラルさんのじゃないよね? 今後物語に関わってくるのは間違いなさそうだが。 ビルドストライクガンダムは早くもBB戦士化が実現。 そのシリーズにもメッキ加工のサザビーがあったけど、これもチタニウムフィニッシュでいいのかな? メタルっぽくなるスプレーとかあっても良さそうだが、いざ探すとコレという物がないんだよね。


Dscf131123_433
ビルドファイターズのガンダム機達。

Dscf131123_445
主人公のライバル機達。本戦での直接対決はまだだけど。

Dscf131123_467
BB戦士のビルドストライクガンダム。発売日未定。

Dscf131123_469
BB戦士のサザビー。左が通常版で、右がメタル加工版。


-----

| | コメント (0)

2013年12月19日 (木)

ガンプラEXPO2013 01

少し時間が経ってしまったが、先月行って来たガンプラEXPO2013の模様を。 巨大なオブジェこそないけど…新たな展示物はわりと多い。 特に初めて見たのは漫画「サンダーボルト」のガンプラ。 漫画は読んだ事ないが、新解釈のMVSみたいで悪くないかも。 マスターグレードでは黄金に輝くユニコーン3号機が披露されていた。 パワーアップの最終形を金にすればいいとは思わないが、何か理由があることを期待したい。 個人的に最も新作を期待していたリアルグレードは…特に変化なし。 次のリリースは早くても来年4月とか… なんともサイクルの遅いシリーズだ。 待たされ過ぎるとファーストへの興味もなくなるな…


Dscf131123_503
会場入口。来年あたりオリジンがメインになってると良いが。

Dscf131123_339
意外と推していた漫画「サンダーボルト」のMS。

Dscf131123_373
マスターグレードには黄金のユニコーン3号機が。反射が凄くてスマホなどでは撮影困難。チタニウムフィニッシュ加工も綺麗だが、値段が高い。トップコートで十分だ。

Dscf131123_400
リアルグレードのサプライズは無し。前回の衝撃からまる1年経つが…続報も聞かない。次の予定は4月にエクシアだってさ。


-----

| | コメント (0)

2013年9月25日 (水)

超ワンピスタ:キッド

超ワンピーススタイリング 新世界のユースタス・"キャプテン"キッド。 スルーの予定だったけど、これだけは一応ね。 2年の間に謎の傷を負い、左腕がメカニカルに… 連載でもいずれは描かれると思うが、現状はまだ小者感が強い。 ローは七武海だからね。 キッドの活躍と言えば…ビッグ・マム傘下の海賊を襲う程度。 ドレスローザ編の直前にはアプー,ホーキンスらと同盟を宣言。 少し変な言い方かもしれないが、尾田氏の描く"2年後のキッド"があまり似てないのよ。 目の鋭さが特徴なのに、普通の人の目になってる… でも、フィギュアではしっかりと鋭さを維持した目を採用。 ある意味、原作と似てないのだが…こっちのほうがキッドらしさが出ていて圧倒的に良い。


Dscf130910_315
「超ワンピスタ」新世界版ユースタス・"キャプテン"キッド。

Dscf130910_297
パッケージ。これに使われている写真は完璧だが問題は中身。

Dscf130910_300
正面と右側面。実物もまったく問題なし。彩色も細かい。

Dscf130910_305
左側面と背面。腕も微妙に塗り分けてる。コートは柔らかい。

Dscf130910_311
顔アップ。やっぱりキッドの目は鋭くないとね。


-----

| | コメント (0)

2013年9月17日 (火)

ガンプラ「MG ガンダム3.0」09

デカールも貼り終え、遂に完全な完成を迎える。 この時思ったのは…よくRG(1/144)で貼ったなー、と。 このMGのサイズ(1/100)でも、そこそこ大変だから。 今回に限らずデカール自体面倒で貼らない人も多いと思うけど、目立つ箇所くらいは貼ったほうがいいんじゃないかな。 ここで貼る前と比べても、全然違うでしょ。 トップコートがかかってると、デカールのマットな質感が浮いてしまうけど… 光に反射する時だけだし。 普段はそんなに気にならない。 


Dscf130824_053
「MG ガンダム3.0」正面と右側面。

Dscf130824_042
「MG ガンダム3.0」左側面と背面。

Dscf130824_044
「MG ガンダム3.0」左斜め前と右斜め後ろ。

Dscf130824_050
「MG ガンダム3.0」左斜め後ろと右斜め前。

Dscf130824_058
「MG ガンダム3.0」正面アップ。

Dscf130824_057
「MG ガンダム3.0」側面アップ。

Dscf130824_061
「MG ガンダム3.0」盾&ライフル装備。目の光は加工。


-----

| | コメント (0)

2013年9月13日 (金)

造形天下一武道会3:亀仙人

プライズ景品「造形天下一武道会3」亀仙人。 前回のランチから約1年。 気になるのも色々あったけど、これだけはスルー出来なかったね。 ランチ同様展示の時からスゴかったから。 実際の景品を見て迷わず入手。 原作の亀仙人はそれほど好きなキャラではないんだけど、クオリティ次第でこんなにも印象が変わるとは… あまりにも良い出来だから、いつもより少し多めに掲載。


Dscf130824_130
「造形天下一武道会3」亀仙人。

Dscf130824_095
正面と右側面。どこからどう見ても亀仙人。

Dscf130824_091
斜め左右。服のシワやシューズの質感もリアル。

Dscf130824_098
左側面と背面。甲羅の彩色も凄まじい。

Dscf130824_106
サングラスは脱着可能。ホールド感も良い。

Dscf121222_255
ジャンプフェスタで展示された亀仙人。さすがにシャープ。

Dscf130824_088
実際の亀仙人。比べると再現力がよく分かる。

-----

| | コメント (0)

2013年9月11日 (水)

ガンプラ「MG ガンダム3.0」08

やっと完成。 デカール(シール)はまだ。 貼っちゃうともう剥がせないからね。 まずはその前の姿を激写。 スミ入れとトップコートのみでも、十分な重厚感。


Dscf130815_340
「MG ガンダム3.0」背面と正面。


Dscf130815_327
「MG ガンダム3.0」斜め前後。


Dscf130815_343
「MG ガンダム3.0」フル装備。


-----

| | コメント (0)

2013年9月 9日 (月)

ガンプラ「MG ガンダム3.0」07

各部組立て終了。 気を持たせてしまうが…完成は次回。 写真の準備が間に合ってないだけだけど。


Dscf130815_278
「MG ガンダム3.0」各部組立て終了。慌てずに一休み…


-----

| | コメント (0)

より以前の記事一覧