海外ドラマ

2013年12月28日 (土)

24 シーズン8 一挙放送

BSジャパンで「24 シーズン8」が放送される。 年末年始の3日間で全24話を放送予定。 少し前に地上波で予定されていたが、福島の原発問題で結局放送されなかったからさ… いや、一応DVD持ってんだけど。 BDレコーダーを導入してからは、もうDVDを再生する気になれないのよ。 昔はBD画質の恩恵を受けられるテレビが少なかったからね。 今はポータブルでさえHD再生の時代。 加えて、テレビ録画もほぼ劣化なく6時間強もBDに焼ける(東芝DBRのAVCモードANの場合)から…市販のDVDより圧倒的に綺麗。 だから、特に映画なんかはDVD持っていても改めて録画してBDに焼いたりしてる。 当然、今回の「24」も焼くつもりだが…一挙放送にありがちな"まとまり"での放送が悩ましい。 例えば、本作は1話約1時間。 24話で24時間だから、6話ずつBDに焼けば…4枚で済む計算になる。 今回予定されているのは…初回1話〜6話。 これは問題ない。 ところが、次は7話〜11話で計5時間。 その次は12話〜18話で計7時間。 最後が19話〜24話で6時間だから…4枚に収める為には中間の5時間に7時間から1時間移動させる必要がある。 回りくどい言い方になったが…要は7話〜11話+12話にするという事。 そして、13話〜18話に出来れば6時間ずつとなる計算。 東芝のDBRは有り難い事に、手動なら同じ番組を重ねて録画する事も可能。 つまり、12話用と13話〜18話用を別々に録画すればいい。 これを応用すれば、長時間番組も好みのブロックに分ける事が出来る。 かなり特殊な方法かも知れないが、4時間番組のチャプターとかに困ってる人ならオススメだ。

興味のある方は公式サイトへ
24 シーズン8 公式サイト
詳細が掲載。

| | コメント (0)

2012年2月28日 (火)

ドラマ「シティーハンター in Seoul」

(※長文注意) 大体予想はしていたから評価はナシね。 今回は、原作漫画と韓流版の共通点を探していこうと思う。 まず、なんと言っても主人公。 漫画の冴羽は設定上年齢不詳となっているが、外見や言動から…おそらく20代後半〜30代。 作中では自らを「おっさん」と卑下する場面も多いが、女遊びは若者以上にアグレッシブ。 一方の韓流版イ・ユンソンも、この辺は意外にクリアしていたりする。 年齢はやや若いが、女子学生を「子供扱い」するなど、漫画を意識した演出もあるし。 殺人を好まない信念も良い。 まー漫画では本物の悪党に限り、結構撃っちゃうけどね。 ただ、それは「絶対に外さない」という自信の表れでもあり、作品の醍醐味でもある。 ユンソンはどうやら銃の扱いは中の上。 そのせいか、韓流版ではあまりガンアクションがない。 戦う時はほぼ格闘戦。 大半が潜入ミッション時に発見されて(させて?)…殴る蹴る。 漫画でもそんな時はあるが、ギャグとして描かれるから韓流版みたいな緊張感はない。 代わりに、冴羽の異常なまでの冷静さが爽快。 ヒロインのキム・ナナは、漫画だとやっぱり香になるのかな? 家族を失っていたり、主人公と喧嘩しながらも、いつしか立派なパートナーに成長し…お互い大切な存在になる。 ここだけだと完全に一緒だよね。 あえて違いを言うと…香は銃の扱いが超ヘタ。 そのおかげで物語が決着することもしばしば。 あと、よく男性に間違われる。 キム・ナナはSPで銃も格闘も得意。 ユンソンの正体を知ってからは好きさ加減が半端じゃない… 養父のイ・ジンピョは、考えるまでもなくユニオンテオーペの海原 神。 冴羽の「ゲリラ時代」の育ての親だ。 その時に冴羽を救う為、左足を失う。 海原は冴羽を殺人マシーンとして戦場で戦わせたが、その強さを持て余す事態に… 脅威となりつつある冴羽に対し、やむなく別のスナイパーに殺害を依頼。 韓流版も今の所この流れに沿っている気がするけど? ジンピョがユンソンの最後の敵になるのか? おじさんと呼ばれているペ・シクチュンは、漫画だと誰になるかなー… やってる事は初期にいた香の兄、槇村秀幸なんだけど…家族を失ったキム・ナナを影で支えていたのは検事のキム・ヨンジュなんだよね。 でも、彼は法律違反は許すまじとして…シティーハンター逮捕に躍起。 ユンソンが犯人だと確信しているが、なかなか証拠をつかめない。 …もしかしたら、冴羽と槇村の出会いもこれに近かったかもね。 獣医のチン・セヒも、職業こそ違えど…ユンソンとの関わりを見ていると、野上冴子になるのかな。 検事のキム・ヨンジュと元夫婦だっていうし。 …そう言えば、このキム検事。 僅かな情報で有り得ない勘の良さを発揮するのよ。 というか、「そういう事か!!」で意味は十分伝わるのに…いちいち台詞として声に出して、ロジックを一人で解説。 仲間がいても独り言。 まるで結論を言わせる為に、逆算した順に台詞を追う感じ。 コレはたぶん韓国の視聴者もアレ?って思ったんじゃないかな。 ツッコミ出したらキリがないけど、ほかは別にかまわない。 こうやって考えてみると、色々漫画に近い設定なのも分かるが…漫画のシティーハンターが好きな私でさえ、言われてみれば程度。 わざわざ「シティーハンター」なんてタイトルにしないほうがヒットしてたと思うな。

興味のある方は公式サイトへ
シティーハンター in Seoul 公式サイト
詳細が掲載。

| | コメント (0)

2012年2月26日 (日)

ドラマ漬け…

連続放送がこれだけ重なると処理が大変。 「テラノバ」と「シティーハンター in Seoul」。 「テラノバ」は木と金で各1時間だからまだいいが…「シティーハンター」は月〜金の1時間に加えて、ランダムでもう1時間続けて放送される時がある。 5日間で約7本。 全26話って結構長いのに、一気観になりそうだ。 細かいレビューはのちほど。

興味のある方は公式サイトへ
テラノバ 公式サイト
シティーハンター in Seoul 公式サイト
詳細が掲載。

| | コメント (0)

2012年2月19日 (日)

海外ドラマ「テラノバ」第1話

評価:★★★★★★★★☆☆
観たよ。 BS日テレで始まったSFドラマ「テラノバ」。 前日に民放の日テレで散々映像を紹介していたんだけど、よくよく考えたらかなりネタバレだったな… まー、それがあったから観たいとも思ったんだけど。 ちょっと誤解があったようだ。 その紹介ではまるで恐竜メインのドラマかの様に編集されていたからさ。 軽く内容を説明すると…冒頭から主人公家族の「3人目の子供」が法律違反でトラブルとなり、父は服役し…いきなり2年が経過。 家族のテラノバ移住に合わせ脱獄。 「3人目の子供」をリュックに隠し、ダッシュでタイムトンネルへ… 8500万年前の世界に築かれた「テラノバ」村ではあらゆる年代の人間が移住している為、主人公達のいた時代での法律は一応免除。 服役中という情報は伝わっているから、監視の目もありつつ…父は農業へ。 年頃の息子は父の言う事を聞かず、村で出会った不良?娘とつるみ…お約束のゲート外へ。 第1話はここで終わり。 1話を視聴したレビューのなかには、恐竜がほとんど出なくてガッカリという意見も多い。 タイトルの意味を考えれば、テラ(大地)ノバ(新星)だから、メインとなるのは当然「人間」。 個人的にはまずまずの出だしだと感じた。 こういうドラマで一番外せないのは…「動機」。 登場人物が様々な行動を起こすには必ず理由が必要。 意図的な「謎」を除いては、その人物の行動理由が視聴者に伝わらなければならない。 この絶対条件を本作はクリアしていた。 具体的には…言動から受ける印象で判断した性格が、色んな場面で伴っているかどうか。 例えば、本気でケンカした相手のボケにツッコミを入れるシーンを他の作品でよく見かけるが… ツッコミは究極の親切。 本気でケンカしていたらツッコミなんて有り得ない。 もちろん、それを成立させる為に前後でフォローしている作品も希にある。 でも、大半は「は?」となりシラケるのよ。 「24」にはそれがないというのも、楽しめる理由のひとつ。 本作はその「24」を監督したジョン・カサー氏も参加しているから、当然と言えば当然の結果か。 まずまずと評価したのは…ちょっと駆け足感もあったから。 私はもう少し濃密かつ丁寧に人間ドラマを描いてくれても良かった気がしたが…ほかのレビューでもあった通り、早く恐竜を観たいという声があるのも事実。 そりゃ私だってリアルな恐竜を早く観たい。 ただ、必然性を欠いたらドラマが破綻する。 朽ち果てた地球を脱出した家族の未来に待っているのは? という認識で視聴すると普通に楽しめるんじゃないかな。

興味のある方は公式サイトへ
BS日テレ「テラノバ」公式サイト
詳細が掲載。

| | コメント (0)

2012年2月17日 (金)

BS日テレ「テラノバ」

急な紹介になってしまうが… 今夜からBS日テレでスタートする海外ドラマ「テラノバ」。 舞台は8500万年前の地球。 現実世界では恐竜の絶滅と人類の誕生が交差する"白亜紀"にあたるらしい。 この世界に未来の人間が移住するという話し。 スゴいのは、とにかく映画級のクオリティ。 スタッフにスティーブン・スピルバーグと「24」のジョン・カサーが参加。 恐竜も人間ドラマも、保証されたようなもの。 超面白そうなんだけど、時間帯がさー…ちょうど色々重なるんだよね。 毎週木・金曜の2夜連続放送。 23時〜24時。 全13話。 なんとかならんか。

興味のある方は公式サイトへ
BS日テレ「テラノバ」公式サイト
詳細が掲載。

| | コメント (0)

2012年2月 8日 (水)

海外ドラマ「シティーハンター in Seoul」

評価:★★★★★★★☆☆☆
これは、やっぱりお国柄なのかな? シティーハンターの世界で大事な要素と言えば、誰もが必ず頷けるひとつに「無敵の主人公」というのがある。 どんなスゴ腕の殺し屋を相手にしても、常に冷静沈着。 汚い罠も全てお見通し。 この絶対条件が前提にあるからこそ、毎回楽しめるのよ。 例えば、ピンチになったらなったで、その状況すらも味方にしてしまうほどの精神力もある。 それでいてお調子者。 では、何故こんなにも主人公はスゴいのか? ここが冒頭でも言ったお国柄になるのか、漫画原作のシティーハンターは…主人公冴羽の年齢や出生や幼少期などは基本的に「謎」とされている。 その理由を作者本人に聞いたわけではないが、おそらく…謎の部分に当たる冴羽のスゴさの秘密は「物語」にならないからだろう。 かろうじて「傭兵時代」というのが明かされるが、それも物語上どうしても必要だからであり、唐突に過去話しが始まる様な回はない。 この「タブー」とも言える禁止行為を、韓国版のシティーハンターでは「導入部」でやってしまっている……… 主人公が生まれる所から始まるからね。 さすがに「まさかー」とは思ったけどさ。 案の定。 ハリウッド大作にありがちだから、韓国の目線は日本ではなくアメリカを見ているのだろう。 とは言え。 2話目から、やっと「シティーハンター」ぽくなる。 義理の父の復讐を肩代わりするという、妙な土台は置いといて… 任務を遂行するため、政府関連?の組織に就任。 内部から情報を探りつつ、ターゲットを追いつめる「証拠」を掴む。 そのさなか、SPの女性とケンカしたり、大統領の娘に気に入られたり。 漫画原作を連想させるシーンも増えている。 これが1話だったら、印象もだいぶ違ったんだろうね。 私なら5話か6話辺りに1話の内容を入れる。 本当は2話の「訓練」シーンもみたくない。 主人公は努力なんぞで到達できる様なレベルの人間じゃダメ。 訓練生の中でも「グラスハート」の様な異名を持つ存在でなきゃ、無敵の強さは発揮できない。 でも本作の主人公は努力で力を得ていたでしょ。 なんかシラケる。 そう言えば、父は「5人の抹殺」を主人公に命じている。 ところが、今回のターゲットを除いた他の4人は正体が不明。 少し含みがあったから、最後の1人は父である私だとか言いそう… もしそうなら、1話はラストに近い内容だと思うぞ。 あとかなり気になったのは…1話と2話の間には、なんと7年の時の流れが存在する。 10代20代の7年てデカいんだけどな… 1話を別の子役でやってれば、2話目はもっと盛り上がったんじゃないの? 最後にもうひとつだけ。 日本語吹替えなのに字幕付きなのは…どうやら副音声の韓国語が原因のようだ。 地デジは字幕のオンオフが可能なんだから、そっちで対応してくれればいいのに。 吹替えに日本語字幕は邪魔。


興味のある方は公式サイトへ
シティーハンター in Seoul 公式サイト
詳細が掲載。

| | コメント (2)

2012年2月 5日 (日)

韓国版シティーハンターが地上波に

去年、ここでも話題にした韓国版「シティーハンター」。 原作となる漫画とは全然違うという事で興味はある。 そんな韓流ドラマが、なんと明日からフジテレビで放送開始予定。 月〜金お昼の14時7分から。 平日は毎日やるでいいのかな? 韓国では放送当時こそ批判もあったようだが… その後、あまり大きな批判を聞かないからさ… いわゆる「韓流」が好きな視聴者層は戸惑うかもね。 だって、たぶん生き死にとか、スナイパーとか、その辺は外さないでしょ? お昼にやっていいのだろうか。 あと、吹替えはなく字幕のようだ。 私は完全に吹替え派だから、物語に集中できないかも… 個人的には「24」の様な感じを期待してんだけど。 まーそれも明日になれば分かる。

| | コメント (0)

2011年6月 4日 (土)

韓国版「シティーハンター」放送開始

…韓国での話しだけどね。 密かに噂の…実写韓国版「シティーハンター」が遂に韓国で放送された。 当然視聴者層は原作ファンなわけだから…今のところ「大批判の嵐」のようだ。 だって、まず設定からして全然違っているから。 主人公は冴羽じゃないし、ヒロインももちろん香じゃない。 …韓国が舞台だからね。 様々な背景が全部韓国仕様に置き換えられている。 実際見たわけじゃないから、まだなんとも言えんが…人気漫画の宿命だよね。 譲れない要素は人によって違うからさ。 何やったって批判は避けられない。 そういった批判を黙らせるには、作品自体の勝負で新たに支持を獲得していくしかないだろう。 韓国版の「シティーハンター」は、そこにこだわり過ぎてしまったんじゃないかな… いくら「新たな支持」と言っても、ファンを無視したら意味がない。 少なくとも原作ファンの期待に答えようとする「意志」は示さないと。 例えば、今回のコンセプトで言うなら…タイトルを「シティーハンター」にしている時点でNGだ。 原作者の北条司氏本人でさえ、時間軸が異なるという理由で「エンジェルハート」にタイトルを変更してんだから。 韓国の申し出を快諾した北条氏もさすがに後悔しているかも… 本当は国内で制作されるって噂も数年前からあるのに、これを理由に反対されたらかなわんなー… 「24」くらいリアルに制作できるスタッフが国内にいればいいんだけど。 新宿で爆薬OKなら、それだけで期待できるでしょ。 一応、この韓国版「シティーハンター」は今冬に日本でも放送が予定されている。 地上波かCSかは不明。 主人公の吹替えをまさかの神谷明氏がやってくれたら、ちょっと楽しめるかも。

興味のある方は公式サイトへ
北条司公式サイト
北条司氏の作品や関連情報が満載。

| | コメント (0)

2011年4月14日 (木)

TV「24シーズン5」

評価は以前のものを参照(と言っても6以降になるが…)してもらいたいが、テレ東でスタートした「24シーズン5」。 21時の時間帯で大丈夫か? と、どの辺をカットされるのか観ていたら…まるまるノーカット放送。 修正もなし。 アリなの? 銃で撃たれて沢山の人が死ぬのよ? パーマーもミシェルも、冒頭で暗殺されるし… ジャックのやんちゃぶりも余す所なく大公開。 視聴者的には嬉しいんだけど、なにかと規制にうるさい日本だからさ。 余計な心配をしてみたり。 まー、それはいいとして…やっぱりシーズン5はスゴい。 個人的な最終順位は5>1>8>4>2>7>3>6。 テレ東でもシーズン5は最高傑作としているようだ。 あんなに色々な出来事があって、全部明確に理解できる構成に感動。 登場人物も多いのに、誰ひとり「この人誰だっけ?」なキャラがいない。 CTU・政府・テロ・一般人のどれに属しているかを徹底して紹介するからね。 更に場面場面で異常に盛り上げる音楽。 他シーズンにもない独特なBGM多数。 DVD持ってるけど、TVで放送中のを観るとまた印象も違う気がする。 初めて観る人はどんな感想を抱くのだろうか。

興味のある方は公式サイトへ
24シーズン5テレ東サイト
シーズン5の詳細が掲載。

24公式サイト
全シリーズの詳細が掲載。

| | コメント (0)

2011年1月28日 (金)

海外ドラマ「24 VIII」第21〜24話2

評価:★★★★★★★☆☆☆
(※ネタばれるから注意!) 前回のつづき。 12時〜15時。 ロシアのスワロフ大統領を部屋に呼ぶ事をローガンに要求するジャック。 地に落ちているローガンは素直にスワロフを呼びつける… そして、遂に撃つのかという時にクロエが必至に説得! 「ルネの名を汚さないで!!」 最後のこの言葉は確かに心に届いただろう。 ジャックは狙撃を中止し、クロエに証拠のデータを渡すが…もう一歩のところで政府に没収。 クロエが共犯にならないよう自分を撃たせたジャックは、瀕死のままローガンの仕向けた部隊に拉致。 全てがバッドエンドに向かうかのように思えたが…最後の最後でローガンは再び墓穴を掘る。 クロエから回収した証拠のデータをテイラー大統領に渡してしまったのだ。 私はてっきりローガンの通話が記録された音声データかと思っていたが、テイラー大統領が目にしたのはキムへのビデオレター。 そこに映っていたのは鬼神ではなく冷静に事件を分析するジャックの姿だった。 自身の過ちを悟ったテイラー大統領は、調印式で真実を暴露! 詳細は1時間後として、クロエやコールなど逮捕された者達をただちに釈放。 総力をあげてジャックの居所を突き止める。 そして、処刑寸前のジャックに大統領から電話が… 真相を公にし、大統領は司法に身を預けると言う。 ロシアから追われる身となるジャックには、国外への逃亡を用意。 クロエとも別れのあいさつをしたが、「24」では初めての感動的なシーンかも… シーズン3からの出会いを振り返り、最大限の感謝を伝えたジャックは…なんとファイナルでも生き残ったのだ。 後半の流れは完全に死へまっしぐらだと思っていたからさ。 各シーズンのラストの例もあるでしょ。 本当に最後の最後まで「きっと死ぬ」と思っていたのに。 制作予定の映画版も過去の出来事になるかなって。 でも、これなら後日談も可能だし…そうあって欲しい。 シーズンの3や6で少しトーンダウンもしたが、今回の8は最終的には素晴らしいシーズンだったと思う。 観て良かった。 ここで改めて個人的な順位を付けるなら…5>1>8>4>2>7>3>6。 各シーズンの間には時期の経過が存在するから、一応どれから観てもひとつの作品として成立はしている。 とは言え、基本は「その後」な為…順番に観たほうが無難ではあるが。 総合して言えばオススメ。 まだの人は一度は観てみて。


興味のある方は公式サイトへ
24ファイナル・シーズン公式サイト
本シーズンのほか1〜7の詳細も掲載。

| | コメント (0)