特撮

2014年2月 4日 (火)

キカイダーが実写映画化

今年は本当に漫画アニメからの実写映画化が多いが… 今回のキカイダーは漫画よりも特撮のほうが有名だろう。 子供向けとは言え、体が半分不完全や良心回路など基本設定はそのままに、わりとシリアスに描いていたと思うけど。 新たに製作される「キカイダーREBOOT」は、おそらく特撮よりも原作漫画に準じた内容になるのだろう。 禁断の扉を開くとも言ってるから、あの賛否渦巻くラストも再現されそうだ… て事は、エンターテインメント性よりもまた監督の私物化に終わる感じか…… 原作を真正面から取り上げたら、ただただ暗くなる一方だって。 そりゃキカイダーファンはそれを望んでいるかも知れないが… そのファンの間ですらラストは意見が別れるところ。 私は否定派だ。 あの終わり方は嫌。 主人公がずーっと悩み続けた"問題"をあんな形で決着を付けてしまうのはあまりにも…みたいな。 本当にやるならR指定だろうね。

| | コメント (0)

2014年1月25日 (土)

スバルのCM「進撃の巨人」

(長文注意) 実写映画化が予定されている「進撃の巨人」だが、問題は"巨人"の表現。 どれくらいリアルなものになるかで、映画の評価も大きく左右されるだろう。 その前哨戦というか、実験というか… スバルのCMに実写版の"巨人"が登場。 一応映画と同じ監督が担当みたいだから、実際の映画でも大きな変更はないものと思われるが… これが本当にそのまま映画に流用されるのであれば…大コケ決定だ。 全然ダメ。 日本の特撮技術がこの程度だとは思いたくないなー… 残念過ぎる。 TVドラマだったとしても、もう少し頑張ってもらいたいレベル。 想像して欲しいのは…ハリウッドの超大作。 同じ題材で作らせたら、本当にそこに居るかの様なクオリティになるはず。 その為にまず考えなければならないのは、空気抵抗などの物理的な処理。 巨大な物が素早く動くと環境はどうなってしまうのか? 凄まじい風圧が発生したり、巨人の体にも様々な変化が"常時"起こってなければならない。 スネや腕などの筋肉の伸縮も必須。 ところが、CMで動く巨人達の印象は…あからさまな"合成"。 実写に溶け込まず、違和感まる出し。 観てるこっちが恥ずかしくなるほどだ…… 日本の技術に期待してない人なら、これで満足だろうし評価もするだろう。 しかし、私は日本が"本気"になればハリウッドを脅かすほどのクオリティを実現できる力はあると思っている。 そもそも、そのハリウッドのクオリティには多くの日本人が参加してるから。 て事は技術者にはなんの落ち度もなく、問題は監督となる。 監督が何をクリエイターに求めているかで完成度が決まるのではないだろうか。

 今年は漫画・アニメ原作の実写映画化が結構控えている。 「パトレイバー」や「魔女の宅急便」,「ルパン三世」など。 それらも成功するかどうかは、結局のところ監督の姿勢次第と言ったところか… 過去に失敗した作品の多くは…監督による私物化のせいだと思う。 "俺様ならこうする"といった要らぬ個性を出してしまうから失敗する。 「キャシャーン」とか「デビルマン」とか…… あの辺も、海外の「スパイダーマン」の様にリアルとエンターテインメントに徹していれば、もっと違った結果になっていたはず。 独特な演出とか作品をブチ壊すだけ。 自分の為ではなく求める客の為に作ってくれ。 そういう意味で原作の世界観を熟知し、リアルとエンターテインメントに徹する事で大成功した邦画がひとつだけある。 それは…「ALWAYS 三丁目の夕日」。 この作品が邦画の未来を大きく変える事になると思ったんだけど…まったく活かされていない様だ。

 ちなみに、先日"リアル"という言い回しにおいて…こんな指摘をされた。 「実際を知らないのにリアルかどうかなんて分からないのでは?」 たまにこういった類いの疑問を投げかけられるのだが… リアルとは本物の様に見える事であって、本物と同じという意味ではない。 例えば、本物のガラスは綺麗で透明だが、映像で表現する場合綺麗過ぎてCGに見えてしまう。 これを"本物っぽく"見せる為に、あえて汚す事は多々あるのよ。 俗に言う"ウェザリング"ね。 重要なのは…本物かどうかではなく、本物に"見える"かどうか。 つまり、実際を知ってるかどうかはどうでもいいのだ。 ゾンビ映画に出て来る怪物が作り物に見えなければ、それはリアルだと言える。 この事を理解できない人はいないと思うが、理解していない人は意外と多そうなんだよね。 その度に、こんな説明をする訳にもいかないし… でも、こういう意味でのリアルって個人的に好きな表現だから、つい言ってしまう。 困ったものだ。

| | コメント (0)

2013年8月31日 (土)

映画「スーパーヒーロー大戦」

評価:★★★★★★☆☆☆☆
先日放送された映画「スーパーヒーロー大戦」。 全ライダーと全戦隊が共演というお祭り作品なんだけど。 以前の事もあって、ある程度覚悟して見たが… 最終的にやっぱりそうなるか…な感じ。 別に重厚な物語を求めている訳ではないが、どうしても「やっつけ感」は拭えない。 もどかしいのは、序盤の展開がしっかりしている所。 せっかく特定の人物やヒーローにスポットを当て、ドキドキワクワクする様なコラボ演出がしばらく続くんだけど… 途中から急に恒例の「アレ???」が始まる。 お約束の「残りのヒーロー一気出し」よ。 あれは本当に冷める。 ライダーや戦隊に対する"愛"をまったく感じない…… あんな風に扱うなら"オール"なんてやめればいいのに。 現行ヒーローに過去作からゲスト出演って形のほうが、シナリオもまともになるんじゃないかな。

| | コメント (0)

2013年7月18日 (木)

TV「手塚治虫×石ノ森章太郎特集」2

(※長文注意) 一通り観たよ。 BSプレミアムで放送された「手塚治虫×石ノ森章太郎特集」 もちろんまだの作品もあるけど、気になってた作品やドラマパートは消化済み。 思っていたよりは良かったが、中途半端なバラエティ色が少し煩わしかったな… まず、過去の作品を初回・最終回で放送した中では…「鉄腕アトム」がなかなかの衝撃。 初期のヤツね。 リメイク版との違いが大き過ぎてさ。 天馬博士の息子が事故で亡くなる所まではいいが…息子そっくりに作ったロボットを"成長しない"という理由でサーカスに売ってしまうのよ。 マジか天馬ッ!? リメイク版ではわりと終盤までアトムに愛情を抱いていたのに… そして、そのサーカスでこき使われる姿を見たお茶ノ水博士が、あの手この手で頑張ってアトムを引き取るのが初回の話。 1話目でコレはスゴいな。 今でこそ主人公が死んでスーパーパワーを得る流れは王道だが… ほかに類がない時代にこんなのを見せられたら、そういうシビアな作品だと思われかねないでしょ。 実際私は仰天だったし。 とてもあんな爽快なアクションが待っているなんて想像も出来ないから。 ほかの作品も有名だけど見た事ないものばかりで良かった。 で、冒頭で言ったドラマパート。 爆笑問題の演技がどうとかではなく、1時間のなかでもっとやれる事はあったんじゃないの? みたいな感じ。 とにかく1つのテーマが長い。 特に長く感じたのは石ノ森氏の「ジュン」。 セリフなしで大胆なコマ割を支持するファンが多いらしいが…手塚氏が批判したというエピソードをかなりの尺を取って紹介。 この事がひとつの分岐点になってるのも分かるけどさ。 石ノ森氏と言えばやっぱり特撮だから。 仮面ライダーやゴレンジャーに少し触れて、あとはジュンって… 確かに特撮の世界観は統一されているから、何本も似た作品を紹介する事になるかもしれないが。 別に尺を取れと言っているのではない。 ただ、触れて欲しかった。 手塚氏のも同じ。 扱うテーマ自体は悪くないだけに、余計残念。 今回の特集を見て強く思ったのは…アメトーークでやってくれ。 手塚氏と石ノ森氏別々でね。 この類いの番組で私が必要だと思うのは…伝えようとする"熱"。 NHK系はこの熱が足りないのではないだろうか。 好みの違いとは言って欲しくないものだ。

興味のある方は公式サイトへ
手塚治虫×石ノ森章太郎特集
詳細が掲載。

| | コメント (0)

2013年7月 5日 (金)

TV「手塚治虫×石ノ森章太郎特集」

この新作ラッシュどまんなかに、とんでもないモンスター企画が割り込んできた…… その名も「手塚治虫×石ノ森章太郎特集」。 何がモンスターかって、約10日間に渡ってトータル16時間の番組を一挙放送するという無茶なスケジュール。 やってくれるぜBSプレミアム。 具体的な内容は…過去の名作を初回・最終回のセットで放送。 これに加えてドキュメンタリードラマやトーク番組など、相当なボリュームになる。 ただでさえ録画処理に苦労してるからさ… 録ったところで、いつ見られるのやら。

| | コメント (0)

2013年6月30日 (日)

東京おもちゃショー2013 その6

ステージと言えばバンダイ。 …勝手に言ってるだけだけど。 観た人なら異論はないでしょ。 毎回、本当によく考えられている。 有料級のクオリティ。 今年は特に観覧客が多くて、大人だけのグループも目立っていた… てか大人はしゃがんで欲しい。 外から背伸びして観たから腰痛が爆発… 遠かったけど意外にも綺麗に撮影できた。 そう言えば、今年の特撮はどれもほとんど視聴してないのに、ステージは十分すぎるほど楽しめた。 来年は番組のほうでも楽しめる事を期待したい。 おしまい。


Dscf130615_173
ウルトラマンのステージ。ストーリー性が半端ない…

Dscf130615_193
満を持して登場した新たなヒーロー、ウルトラマンギンガ。
光り方が複雑でかなり本物っぽい。いや、本物か?

Dscf130615_264
戦隊&ライダーのステージ。今回は両方未視聴だから、敵が実際の番組とどれだけリンクしてるかは不明。

Dscf130615_281
次から次へと惜しみなく登場するヒーローや敵。その度に湧き出る歓声が心地よい。物作りってこういう事なんだと実感…


-----

| | コメント (0)

2013年6月24日 (月)

東京おもちゃショー2013 その3

いよいよ大本命のバンダイブースへ。 タカラトミーが陰なら、バンダイはまさに陽! 大人だ子供だという区別をせず、玩具を愛する人達に全力で応えようとする姿勢が様々な要素から垣間みれる。 ※つづく。


Dscf130615_008
バンダイブース。入口からして本気度がケタ違いでしょ。

Dscf130615_021
7月から放送が始まるシリーズ最新作ウルトラマンギンガ。

Dscf130615_023
プリキュアオールスターズ。たぶん映画関連。

Dscf130615_024
タロウ像は新番組のヒントか? バルタンっぽいのは、ギンガではなく映画版大怪獣バトルのキャラらしい。

Dscf130615_033
キョウリュウジャーも勢揃い。…残念ながら番組は観てないけど。金色がいるって事は今後銀も出るのかな?

Dscf130615_040
仮面ライダーウィザードも2話以降未視聴。

| | コメント (2)

2013年5月 3日 (金)

アキバレンジャー 痛 第4話

(ネタばれ注意) なんと、アニソン界の大御所でもある堀江美都子氏が登場。 ガチで演技する姿は貴重かも。 最後は結局"実はアニオタ"オチで、エンディングもまるまる歌っていたよ。 忍者キャプターだっけ? 戦隊以外からのチョイスも、攻めてる感じが好感持てるね。 て、…これもある種戦隊か。

興味のある方は公式サイトへ
非公認戦隊アキバレンジャー 公式サイト
詳細が掲載。

| | コメント (0)

2013年4月 9日 (火)

アキバレンジャー 痛 第一話

(ネタばれ注意) これはまた、あまりにも斬新過ぎる展開で…どう評価していいのか分からん。 全編に渡ってツッコミ要素満載…… というか、こっちは"総集編"のつもりでいたからさ… はっきり言って"おさらい"要素ゼロ。 過去話自体が全然違うから。 ペンタゴンに呼ばれたのがレッドではなくブルーってのが今後のキーになる部分かも。 アキバレンジャーがまさかの公認戦隊(劇中での話)になってたし… シーズン1では"公認様"はレッドのみの登場だったのに、回想シーンでジェット・デカ・ボウケンの各5名がフル参戦。 ある意味ゴーカイジャーより豪快… 話だけだとものスゴそうだが…今回は"制作が間に合ってない"というギャグもあるからさ。 頻繁にチープになる。 オープニングの歌にも「(デモ)」とか付いてるし… 本人が鼻唄で「ここからサビです」とかわざわざ入れてる。 終わってみれば、当然全てが"演出"である事は分かるが…ぶっ飛び過ぎていて、初めてポカ〜ンとしてしまった。 改めて冷静に見れば面白いけど。 これはもう特撮史上歴史的な挑戦ではないだろうか。

興味のある方は公式サイトへ
非公認戦隊アキバレンジャー 公式サイト
詳細が掲載。


Dscf130406_492
遂に始まったシーズン痛。ツッコミ所があり過ぎて…逆に受け入れざるを得ない。豪華なのか手抜きなのか…滅茶苦茶。

Dscf130406_509
巨大ロボ戦も最初はスゴいが…まさかの市販フィギュア!!?

Dscf130406_518
総集編と言いながら、全然違う過去話………どういう事だ?
引き抜かれたのはブルー?? 初見さんは混乱必至?


-----

| | コメント (0)

2013年4月 5日 (金)

アキバレンジャー 痛 放送直前

少しずつ情報が出ているアキバレンジャー"シーズン痛"。 なかでもツッコミたくなるのは…大事な第1話が前作の総集編になるという告知。 らしいと言えばそれまでだが…幻の前作第13話も総集編だから、ある意味連続することになる。 これで予定通りの全12話だったらもったいないなー。 初見の人にはちょうどいいのかも知れないけど…

興味のある方は公式サイトへ
非公認戦隊アキバレンジャー 公式サイト
詳細が掲載。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧