« ミラン&全豪 | トップページ | BD-HDDバージョンアップ »

2014年1月18日 (土)

慈恵病院のTVドラマ批判

先日放送された日テレのドラマ「明日、ママがいない」に対して、熊本市の慈恵病院が批判。 放送倫理機構(BPO)への"審議申し入れ"を検討中だとか… テレビを楽しめない"からっぽ"な人種も増える一方だから、こういった愚かな批判も減る事はないと思うが。 まず、私はこのドラマを視聴していない。 それを大前提にした発言になるが、慈恵病院の主張が認められるなら…"全て"のドラマは成立しなくなってしまう。 問題が起こるからドラマになるのに、その問題を止めろとは……… 「金八先生」などの学園ドラマでも、必ず"イジメ"が扱われるでしょ。 それは何故か? イジメを助長したいからか? そうじゃないだろ。 現実の世界で"あってはならない"という訴えになってるからだろ? 今回、赤ちゃんポストや施設での表現が酷いという事で批判している様だが… そもそも、劇中でも"酷い"と受け取れる様な表現なんでしょ? 人を傷つける行為を"格好良く"描いているのか? 見てないから憶測になってしまうが、CMから想像するに…親子の葛藤をシリアスに描くドラマという印象なんだけど。 違うのか? 虐待をただ嘲笑うだけで終わってるならまだしも、慈恵病院の批判がドラマを評価している親子達の心を傷つけているかも知れないとは考えられないのだろうか? 別に批判的な意見を持つなとは言わない。 感情を公にぶちまけるなら、それなりの覚悟と準備をしてくれって事。 申し訳ないが、この件に関する慈恵病院の主張は圧倒的に覚悟も準備も不十分に見える。 たとえば、ここで言う準備とは…ドラマの脚本などから得られる情報を徹底的に調べあげ、本当の問題点をピックアップした上で弁護士に相談。 更にテレビ局の解答を冷静に待ち、それでも納得がいかないのであれば…そこで初めて公にすれば良いはず。 しかし、通常であればこれだけの準備をしているうちに"感情的になり過ぎた"と反省するだろう。 ところが、すでに公にしてしまった今となっては…むしろ慈恵病院が強烈な批判を浴びてしまわないか心配だ。 正義は振りかざしたら悪になる。 慈恵病院には、時期尚早を自覚し推移を見守ってもらいたい。

|

« ミラン&全豪 | トップページ | BD-HDDバージョンアップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ミラン&全豪 | トップページ | BD-HDDバージョンアップ »