« まだ終わらない… | トップページ | ミラン&全豪 »

2014年1月15日 (水)

ソーシャル離れの波

名は誰もが耳にしたであろう有名なゲーム機版人生ゲーム「桃太郎電鉄(桃鉄)」。 その作品の生みの親でもあるさくまあきら氏が興味深い見解を示している。 それは…桃鉄のソーシャル化拒否。 ソーシャルとは、ここでも度々説明しているが…簡単に言えばスマホアプリ。 難しく言えば…通信技術を利用した社交場。 解釈は多岐に渡るので、違うよという意見もあるだろうが…今回のテーマで扱う"ソーシャル"とは、その様な意味合いだと思ってくれれば良い。 とにかく本題はソーシャル化を拒否する理由だ。 何故さくま氏は桃鉄をソーシャル化したいという"コナミ"の提案を断るのか? おおやけになっている部分ではゲーム性が合わないやコナミの態度など…いくつか述べているものの、具体的には語られていない。 とは言え、ソーシャル拒否で考えられる理由と言えば…"アイテム課金"に尽きるだろう。 桃鉄はスゴロク形式でゴールを目指すゲーム。 当然有利なアイテムを駆使するのも醍醐味のひとつ。 コナミがソーシャル化するなら…間違いなくそのアイテムを課金制にし、ゲーム性を無茶苦茶にしかねない。 いやね、私などは本当に昔からそれを最大の問題点として何度も指摘しているからさ…… 業界の中からもそういう声が高まっているのは非常に嬉しい。 てか未だにソーシャルゲームで利益を得られている事が信じられないんだけど。 ヒットして多くの人が経験すれば、その危険な"からくり"が露呈され瞬殺で消えると予想したのに… 今でも多額の支払いに苦しむ利用者が絶えないという報道を目にすると、申し訳ないが「アホなのか?」と思ってしまう… スマホでゲームする人ってゲーム機を買うほどじゃないと考えているからでしょ? つまりゲームの知識が未熟だから、課金への抵抗もないのだろう… ソーシャルゲームの多くは"そこ"に付け込む悪質な商法でしかない事を学ぶ必要がある。

 気をつけなければならないのは…据え置き機(WiiU,PS4)や携帯機(3DS,PSP)にも、課金の魔手が潜み初めているという事実。 ダウンロードコンテンツ(DLC)と聞こえのいい名称に姿を替え、虎視眈々と無知なユーザーを狙っているのだ。 この"罠"に引っかかったら最後。 あっという間にソフト価格以上のお金が懐から消えて行くという…卑劣極まりない驚愕のトラップに苦しめられるだろう。 どんなに甘い罠を仕掛けられても、絶対に"DLC"に手を出してはいけない。 もちろん全てが悪いという訳ではないが、ターゲットは初心者だから。 選別は無理。 よって、法整備or任天堂の自主整備が劇的に強化されるまでは触らぬ神に祟りなし。 これらの問題が解決すれば、たぶん桃鉄の新作も復活するのではないだろうか。

|

« まだ終わらない… | トップページ | ミラン&全豪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« まだ終わらない… | トップページ | ミラン&全豪 »