« 3DS「ポケモンY」15 | トップページ | 3DS「ポケモンY」16 »

2013年11月 9日 (土)

フィギュアスケート NHK杯

久々に日本の選手達が素晴らしい演技をしたね。 グランプリシリーズ第4戦のNHK杯で、男女合わせて4人が表彰台に上がる結果になった。 まず男子は…高橋大輔選手が今季世界最高の268.31点で圧巻の優勝。 2位はほぼ復調に見える織田信成選手。 女子も浅田真央選手が自己ベスト更新の207.59点で圧勝。 SP2位だった鈴木明子選手は179.32点で惜しくも3位。 この強い日本に割って入ったのが、ロシアのエレーナ・ラジオノワ選手。 彼女はまだ14才だ… 今回191.81点という凄まじい得点で2位になった。 残る2戦。 フランス大会で気になるのは男子のパトリック選手と羽生選手のみ。 彼らが表彰台の上位を独占するなら、ファイナルは確実。 問題はシリーズラストのロシア大会。 他の大会で既に優勝してる町田樹選手が再び優勝する様な事になれば、彼もファイナルが決まり…限られた枠を同点の高橋選手と織田選手が待つ状態になる。 もし入ったら、6人のうち4人が日本人だよ? かなり厳しいと思う。 一方の女子は、浅田選手が早々にファイナルを決めたものの…鈴木選手以下はギリギリのライン。 ロシア勢が好調の為、落とされる可能性大。 村上佳菜子選手はロシア大会で優勝しても、ファイナルに残るのは難しいだろう。 シリーズの組み合わせは運に左右される面もあるからなー… おそらく、ファイナルは"パトリック選手vs日本"と"浅田選手vsロシア"になるんじゃないかな。 これはこれで面白いかも。

|

« 3DS「ポケモンY」15 | トップページ | 3DS「ポケモンY」16 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 3DS「ポケモンY」15 | トップページ | 3DS「ポケモンY」16 »