« 体操の新技命名 | トップページ | ブルーレイレコーダー購入 その15 »

2013年10月 4日 (金)

発売前にミリオン達成

多くの情報サイトで既に話題になってるポケモン新作の予約状況。 10月12日(土)に発売予定の「ポケットモンスターX・Y」が、予約本数だけでなんと126万本を記録。 しかもこの数にダウンロード版は含まれていない。

 この快挙の要因は色々あると思うが… まずは完全新作で"全て"が新しいという事だろうね。 もちろんこれまでのポケモン達も登場するが、本作ではシリーズ初のポリゴン化。 この出来が予想を遥かに越えていたのは本当に大きい。 以前、DSでは絶対に2Dドット絵じゃなきゃ品質を保てないと語ったが… 実は3DSでも少し不安だったのよ。 メーカーの技量も必要だけど、やはり画面サイズの問題でPSPと差が開いてるからさ。 でも、逆にそれが本作の印象を良くしてる。 …まだプレイした訳じゃないけど。 散々紹介映像を観てるから、その辺の心配はもうない。

 もうひとつは…発表時から言われていた"世界同時発売"。 今までは日本で発売後、半年程度遅れて海外で発売されていたのよ。 これの何が問題かと言うと…ポケモンには世界中と繋がる"はず"のシステムが昔から有りながら、利用する機会がない。 なぜなら、日本の多くのユーザーは約3ヶ月ほどで遊び尽くしてしまうから。 ポケモン熱が冷める頃になっても、海外ではまだ未発売という状況。 それが、今回初めて"最初"から世界のプレイヤーと繋がるのは大きいと思う。

 …これまでの私の発言を覚えてくれている人がいたら「おや?」と思われるかも知れないが。 オンライン&他者との協力を"強いられる"システムが大嫌いなだけで、無課金で"交流"に留まる程度ならむしろ歓迎だ。 例えば「どうぶつの森」みたいな。 有料のDLCは恩を仇で返すのと一緒。 このネガティブキャンペーンを誰か力のある人が広めてくれんかな… 作品にかかる金額のトータル額を制限して欲しい。 3DSなら購入額と課金を合わせて6000円を越えてはならないとか。 こんな事は言われなくてもメーカーとして考慮しなきゃならない要素なのでは? 今のゲーム業界は「客はバカだからお金出すヤツからむしり取れ」な印象。 売る側はちゃんと逆算して購入額を設定するべきではないだろうか。

|

« 体操の新技命名 | トップページ | ブルーレイレコーダー購入 その15 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 体操の新技命名 | トップページ | ブルーレイレコーダー購入 その15 »