« ポケモンX・Y続報 | トップページ | ガンプラ「MG ガンダム3.0」06 »

2013年9月 6日 (金)

ジブリ監督引退会見

先日も語った宮崎駿監督の引退。 その時も撤回しない事は分かっていたが…やっぱり本人の口からはっきりと聞かされるのは寂しいものがある。 とは言え、会見の場で語られた内容は非常に納得のいくもので、多くのファンに対する感謝の思いも伝わってきた。 引退の理由で決定的だったのは、残された時間。 長編を作る度に制作期間が伸びて、今では5年以上かかってしまうと。 だからといってサクッと1年程度で作れる訳もなく、そんなものを本人が認めるはずもない。 なによりジブリが会社として成立しないという問題から、引退を決意したと言う。 なるほど。 これはどの制作会社にも当てはまるね。 大きなプロジェクトは大きな利益にもなるが、時間をかけすぎるとマイナスになってしまう… ドラクエやFFの新作が出にくいのも同じ理由。 結局、長期間の管理で一定の収入が見込めるオンラインにシフトせざるを得ないのだろう… 宮崎監督自身は、これまで通りジブリに通い続けるらしい。 ジブリのスタッフに野心家がいる事を期待している様だが…たぶんそれだけの力やエネルギーを持っていたら、ジブリではなく新たなブランドでやっていく事を考えるんじゃないかな。 庵野監督みたいに。 今では数えきれないほどの制作会社があるからさ… 日本のアニメーション業界を一気に底上げしてきたジブリの功績は誰もが認めるところ。 ジブリ、いや宮崎駿監督の存在がなければ、世界の日本に対する評価も変わっていただろう。

|

« ポケモンX・Y続報 | トップページ | ガンプラ「MG ガンダム3.0」06 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ポケモンX・Y続報 | トップページ | ガンプラ「MG ガンダム3.0」06 »