« ガンプラ「MG ガンダム3.0」03 | トップページ | ジブリ監督引退 »

2013年9月 2日 (月)

「ワンピース」第719話

(ネタばれ注意) 「開けチンジャオ」 なんだか今回は有無を言わさない内容で、ワンピースにしては珍しくオチのある話。 ベースはコロシアムのCブロック決戦なんだけど、チンジャオの"怒りの理由"が判明。 加えて、一線を退いた老いぼれに苦戦しているようではとルフィを一喝。 最後は"怒りの根源"を偶然治して決着。 …確かに巷ではルフィの2年間(修行)に疑問を持ち始める読者も多かったようだし。 その不安をチンジャオが代弁するような回だったね。 当のルフィは気にするまでもなく、いつも通りに戦ってチンジャオを撃破。 つまり、そういう事なのだろう。 出来るかどうかは問題じゃない。 やりたいならやればいい。 それだけのこと。 勝負を決めた一撃は、ルフィの決意表明みたいなものかも。 ただ、正直"怒りの根源"が「それしきの事?」みたいな話だったのは…やや拍子抜け。 孫の代まで恨むからにはね。 相応の出来事があったのかと思いきや… まー、それもある意味ルフィが解決してしまったし。 あとは、"麦わら"に気付いたバージェスの表情。 何か動きそうな雰囲気ではあるが…予測が難しい。 彼のほかに、キャベンディッシュやバルトロメオも"麦わら"を狙っている。 その状況を目にするベラミーは一体何を思う? 彼も"ルフィ暗殺"を命じられているでしょ。 自分のほかにこれだけのメンツに狙われるルフィ。 場合によってはベラミーが助けてしまうかも…

|

« ガンプラ「MG ガンダム3.0」03 | トップページ | ジブリ監督引退 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。