« 超ワンピスタ:ヴェルゴ | トップページ | 超ワンピスタ:モネ »

2013年8月25日 (日)

「はだしのゲン」閲覧制限騒動

先日、「風立ちぬ」の喫煙問題で語ったばかりだったからね。 今回の件は様子を見ていたのだが…どうやら「風立ちぬ」よりも事態が深刻なのか、連日あらゆるメディアで扱われている。 それは…漫画「はだしのゲン」の閲覧制限。 松江市が"一部"の保護者からのクレームを受けて、小中学校に閲覧制限を要請。 学校側からの大きな反論もなく、現在も制限が続いているという。 市の教育委員会は、旧日本軍の描写が過激な事を理由にしているが… 彼らは「はだしのゲン」という漫画をちゃんと読んだのだろうか? 私は小学校低学年の頃に本作を読み、確かに衝撃を受けた。 しかし、子供の時はこれが事実かどうかという観点で読んではいない。 ひたすら「恐ろしい話」という認識だ。 つまり、米軍が原爆を投下したとか、旧日本軍が非道だったとか、そこに真実は求めていないのだ。 それらの行為に対して、読者がどう感じるのかが重要。 もっと極端に言えば、子供達がショックを受ける事こそが重要。 今、私自身、当時にショックを受けた事に誇りを持っているし感謝している。 おそらく「はだしのゲン」を小さい頃に読んでいなかったら、大人になって「戦争は愚かだ」と心底には思えていなかったかも知れない… 戦争を知らない世代が"本気"で戦争について考えるきっかけとなる貴重な資料だと思う。 ほかの一般的な楽しい漫画とは明らかに別もの。 松江市は「はだしのゲン」をほかの漫画と同様に考えてしまったのだろう。 悪戯に虐殺を面白可笑しく描いた漫画なら当然青年誌となる訳だが…「はだしのゲン」をそれらと同じだと評価した市に、日本人としての恥ずかしさを抱かずにはいられない。 成長のチャンスを奪われた子供達に幸あれ。

※追記 2013.8.26
松江市は協議の結果、「はだしのゲン」の閲覧制限を撤回するとした様だ。 わりと早い結論だったね。 それだけ閲覧の制限は軽率だったって事か。 もう少しセンセーショナルな言葉が飛び出すかとも思ったけど…至って普通の想像通りの弁明じゃ当然か。

|

« 超ワンピスタ:ヴェルゴ | トップページ | 超ワンピスタ:モネ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 超ワンピスタ:ヴェルゴ | トップページ | 超ワンピスタ:モネ »