« 富士山が世界遺産に | トップページ | 東京おもちゃショー2013 その3 »

2013年6月23日 (日)

サッカーコンフェデ杯 vsメキシコ

(※長文注意) いやー… スゴかったね。 イタリアvsブラジル。 イタリアを応援してはいたが、残念ながら負けてしまった。 ブラジルは最終的に2-4という、日本よりも得点数を上回っての1位通過。 …そうか、そう言えばここはブラジルだった。 ただ、イタリアと日本の決定的な違いは…圧倒的な"得点の予感"。 さすが優勝候補同士の試合。 イタリアの動きは最後まで衰える事なく、何度もゴールチャンスを演出していたでしょ。 日本の様に萎縮して八方塞がりな時間なんて1度もなかったし。 鉄壁とも思えたブラジルの守りをことごとく突破する技術を見せられると…日本と世界の大きな壁を感じてしまう。 得点こそ2-4だが、私は結果よりも内容重視だから。

 そして、問題の日本vsメキシコ。 同時刻スタートだからザッピングしながら観てたんだけど… 結果は1-2で日本の敗北。 内容が良ければまだいいが…心技体すべてにおいてメキシコに圧倒される形。 何より絶対に負けないという気迫が日本から一切感じられなかった… その一番の理由はパスの凡ミス。 特に7番の遠藤選手と4番の本田選手。 香川選手も動きが異常に鈍かった。 心ここにあらずなプレーは応援しているサポーター達に対しても失礼だ。 加えて、後半からアノ6番が入った途端にまた失点……… 完全に穴狙いの的になってる… 更に21番の不用なファウル。 彼は相手と接触するとかなりの確立で服を掴んだり故意に足を蹴ったり… 足癖の悪い選手はチャンスをピンチに変える危険を伴うからさ… はっきり言ってチームの邪魔。 全体的にも色んなミスが目立った試合内容だ… 別に失敗をするなと言っているのではない。 それを上回る気迫を見せられてない事を言っている。 でも、ブラジル戦でも言った通り…全敗してくれて逆に良かったと思う。 全部勝ちに行って返り討ちに遭ってる訳だから。 いくらなんでも、この状況で呑気なコメントをする選手はいないだろう。 これで多少の"危機感"は持ってくれるかな。 頼むから強い日本を応援させてくれ。

|

« 富士山が世界遺産に | トップページ | 東京おもちゃショー2013 その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 富士山が世界遺産に | トップページ | 東京おもちゃショー2013 その3 »