« 少し困ること | トップページ | WiiU「ピクミン3」来月発売 »

2013年6月 8日 (土)

懐かしのアドベンチャーゲーム

3DSのバーチャルコンソールで配信が開始された「ファミコン探偵倶楽部」と「新・鬼ヶ島」。 この2つは昔ディスクシステムで発売されたアドベンチャーゲームなんだけど、当時は異常にハマッていてさ… そもそもゲームブックが好きだったから、そりゃ面白いに決まってる。 ただ、これらの良さはゲームブック的な要素だけではなく、音楽の力が大きい。 効果音も含めて、独特の空気感が記憶に残っている。 のちに「ファミコン探偵倶楽部II うしろに立つ少女」のみスーパーファミコンでリメイクされたが…ほかのタイトルもリメイクしてくれんかな。 一応「新・鬼ヶ島」もスーパーファミコン版があるけど、こっちは新作扱い。 内容も悪くはないが…アクション性が強く難易度も高め。 ファミコン時代の任天堂アドベンチャーは神懸かっていた… こんな感じの「ゲーム」をまた作ってもらいたい。

|

« 少し困ること | トップページ | WiiU「ピクミン3」来月発売 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 少し困ること | トップページ | WiiU「ピクミン3」来月発売 »