« サッカーコンフェデ杯 vsブラジル | トップページ | 東京おもちゃショー2013 その1 »

2013年6月18日 (火)

「ワンピース」第711話 01

(ネタばれ注意) 「小人の国の冒険」 ついに妖精の正体が判明! トンタッタ族という小人で、グリーンビットの森の地下で王国を築いている。 ロビンとウソップは捕まってしまうが…ウソップのウソで状況は一転。 「実は我々の為に現れた"伝説のヒーロー"だったのれす!!!」

 妖精を捕まえたゾロは…同じく正体を知る。 彼女はトンタッタ族の偵察部隊ウィッカ。 色々あって、ゾロはウィッカを"隊長"の所へ連れていくことに。 なんとドンキホーテファミリーが麦わらの一味の船を襲いに行った事を報告したいと言う。 隊長は、お花畑にいるらしい。 更に、トンタッタ族もドフラミンゴと因縁があるとか。

 コロシアムでは、Cブロック開戦のアナウンスが始まる。 外を急ぐフランキーとオモチャ兵も"花畑"へ向かうようだ。 つまり、このオモチャ兵はトンタッタ族? そして、彼と何故か親しげなレベッカがコロシアム内から話しかける。 「私…!!やるよ!!?勝つよ!!?」 これはどういう事だ? トンタッタ族はもしかして政府に対しての革命軍的な存在なのか? レベッカはその意志に共鳴する人間って事かな。 ※つづく。

|

« サッカーコンフェデ杯 vsブラジル | トップページ | 東京おもちゃショー2013 その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サッカーコンフェデ杯 vsブラジル | トップページ | 東京おもちゃショー2013 その1 »