« 超ワンピスタ:ロー | トップページ | テニス男子 全仏3回戦 »

2013年6月 2日 (日)

映画「岳-ガク-」

評価:★★★★★★★★☆☆
なんだか妙にタイムリーな内容だった映画「岳-ガク-」。 先月、BSプレミアムで放送された直後に…80歳のアノお方がエベレスト登頂に成功。 その後も、様々な登山関連の報道が続いた。 実は、映画を観たのは…それらの報道のあと。 もともと観るつもりだったけど、時期が重なったのは単なる偶然。 それとも、BSプレミアムがエベレスト登頂に合わせて放送したのか。 本作もまた「この漫画がスゴい」関連で、噂を聞いていたから気にはなっていたのよ。 感想は評価の通り、かなり面白かった。 確かに展開や演出は漫画的かも知れないが…それが逆に良かったと思う。 なにより分かり易い。 山岳救助隊の活動がメインで、基本は遭難者の救助。 生死を分ける選択の厳しさとか、都合良く全員助かる内容ではない所も良い。 全ての結果には理由がある。 そんな映画。 あと、説教臭くないってのも大きいかも。 昔の邦画って変に真面目なトコがあるでしょ。 過剰なメッセージは世界観を壊すだけ。 本作は"命"と正面から向き合ってはいるが、不思議と重苦しくないし。 批判の声には「現実と違う」といった類いのも見られるが…私から言わせれば「現実を求める必要性って何?」だ。 そんな事がマイナスの評価になる人って可哀相。 たぶんほとんどの"映画"を楽しめないと思うぞ。 私が映画に求めるモノは…必然性。 その世界でのルールに矛盾が生じなければそれで良い。 現実だって想定出来ないイレギュラーは沢山あるんだから。 自分の認識が絶対だという考え方はオゴりでしかない。 少なくとも、本作の現実離れは批判の対象になる様なモノではないと思うな。 壮大な山々の映像も綺麗だし。 普通にオススメ出来る作品。

|

« 超ワンピスタ:ロー | トップページ | テニス男子 全仏3回戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 超ワンピスタ:ロー | トップページ | テニス男子 全仏3回戦 »