« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月31日 (金)

サッカー vsブルガリア

W杯予選直前の大事な親善試合で、日本(FIFAランク30位)はブルガリア(FIFAランク52位)を相手に0-2で敗北。 ただ、状況的にはこんなもんかな。 選手や解説者のコメントには「勝っておきたかった」という声も多いが…日本はここで負傷者を出す訳にはいかない。 つまり、全力プレー厳禁。 勝利を信じて応援しているサポーターには失礼な面もあるとは思うが、この試合の目的を見失っちゃダメ。 それは6月4日のW杯予選でオーストラリア(FIFAランク47位)に勝つ事。 チームの状態を実戦で確認し、本番に挑む為の試合だ。 そういう意味では、特に心配になる要素は見当たらなかったと思う。 失点の内容も運に左右されてたし。 1点目のフリーキックはブレ球だったでしょ。 アレは、実は蹴る側も運任せなのだ。 無回転シュートとは、野球のナックルと一緒で…本人もどこへ向かうか分からない。 当然キーパーにも軌道は読めないのだが…それが無回転かどうかは、飛んでくるまで判断できないからね。 川島選手を責める事はできない。 そして、2点目のオウンゴール。 いわゆる自殺点。 これもまー…不運と言えば不運。 W杯予選では絶対に許されないけどね。 確かにブルガリアも強いが、日本の守りを崩して奪った訳ではないからさ。 オーストラリア戦では3-2位で勝ってもらいたい。

| | コメント (0)

2013年5月30日 (木)

CS10日間無料

ついこの前もやったような気がしていたが…もう半年近く経つのね。 CSの10日間無料解放。 今回は6月1日(土)〜6月10日(月)まで。 …どうしようかな。 前回は番組が重なると諦めざるを得なかったが、今はCSが3つ重なっても録れてしまう… 10日間もあればさすがに観たい番組もあるだろうし。 ただ、いくらでも録れてしまう為…すでにハードディスク内のストックがスゴい量になってるのよ。 フォルダがないから、目的の番組に辿り着くまでが大変…… 30分のレギュラーなんて、1クール(約12回)まるまるストックする事になるからさ。 BD-Rにまとめて無事に焼けるか心配。

| | コメント (0)

2013年5月29日 (水)

超ワンピスタ:ルフィ

超ワンピーススタイリング パンクハザード編のルフィ。 さすがに主役だけあって、クオリティは一番安定している。 難しい顔だとは思うけどね。 造形に関しては文句の付けどころはないのだが…ただひとつ、コートの着色がさ。 赤が成形色のままだから、光沢が玩具っぽい。 白に赤を塗る訳にはいかなかったのか?


Dscf130517_112
「超ワンピーススタイリング PH編」ルフィ。

Dscf130517_082
全身と背面。着色量は一番少ないかも。

Dscf130517_117
側面とバストアップ。造形は文句なし。着色は赤も塗って。


-----

| | コメント (0)

2013年5月28日 (火)

ガンダム原画集小冊子

月刊誌「ガンダムエース 7月号」の付録「ガンダム原画集小冊子」。 安彦良和氏の連載が終了してからは買ってないのだが、この小冊子は彼の原画集だと言うではないか。 もちろん即買い。 久々にまったく悩まずに書籍を購入したよ。 だってかなり前から安彦氏の原画集が出る予定になってるからさ… ずーっと待ってる身としては、まずは小冊子でも手にしておきたいなーなんて。 そして、さっそくの中身を開いてみると…冒頭の一文に衝撃が走った。 「2013年5月31日、安彦良和原画集がついに発売」 ………え? 5月31日って、今週じゃないか! てか、出るのかよ!!? 出ないと思ったから小冊子に喜んでいたのに。 どうやら、原画集の発売を記念しての小冊子だったようだ。 ガンダムエースの表紙をちゃんと見たらタイトルの上に小さく書いてあるし… でも雑誌のインタビューは面白かったから良しとするか。 本人は当時の絵を「いい加減」だと言っているが、小冊子の原画は感動もの。 漠然とした全体像は複数のスタッフでイメージしているとは思うが…それを具体的に「絵」として描いたという事実がスゴい。 完全に安彦氏のセンスだから。 漫画の様な写実的に描き込まれた絵もいいが、こういう単線で描かれた原画のほうが個人的には好きだったりする。

 そして、もうひとつ嬉しい情報がインタビュー内で語られていた。 それは…アニメ「ジ オリジン」の制作状況。 発表されてから長いなーとここでも語っていたが、約2年だってさ。 なにか制作に入れない事情でもあるのかと思ったら…ちゃんと進行しているらしい。 今は原画に入る前の段階だとか。 シナリオもだいぶ進んでいるようで、脚本家との意見交換もしてるってさ。 特に重要なポイントとして…漫画のストーリーに沿った構成をアニメ用に調整するという話。 て事はだよ。 これはテレビアニメシリーズと考えていいんだよね? ユニコーンの例もあるからさ… 期待だけさせといて、OVAでとか言われたらひっくり返るぞ。

| | コメント (0)

2013年5月27日 (月)

3DS「ルイージマンション2」

評価:★★★★★★★☆☆☆
発売日に購入し、最近やっと始めた3DSのアクションアドベンチャー「ルイージマンション2」。 前作は未プレイ。 予備知識は…オバケを掃除機で吸い取るという情報のみ。 実際やってみた印象は、コミカルなバイオハザード。 屋敷を探索しながら、仕掛けを解きつつオバケ退治。 ステージクリア型だから、短時間のプレイに最適。 想像していたよりもだいぶ良い感じだ。 残機システムもないし。 テレサ集めも適度な難易度。 通信プレイも面白いね。 雰囲気は昔あったファミコンの「スパイvsスパイ」というゲームに似ている。 "だれとでも"で最大4人同時にミッションに挑めるのだが、人の思考はやっぱりスゴい。 個性がはっきり出るからさ。 ずーっと後ろを付いて来る人がいたり、ヘルプを無視する人がいたり… 参加メンバーで難易度が激変。 故に、頭のいい人と一緒になると本当に楽。 特に役割分担の出来る人。 今自分がやるべき事を瞬時に判断してもらえると感動するよ。 画面に向かって思わず「そうッ!!」て言っちゃうほど。 逆に困るのは…離脱。 やむを得ない事もあるとは思うが…4人でスタートしたのに、いつの間にか全員離脱なんて時もある。 まったく動かない人も結構多い。 短いミッションなら10分程度でクリアできるのに… まー人との巡り合わせもある意味"だれとでも"の醍醐味か。 こればっかりは運任せに成らざるを得ない。

興味のある方は公式サイトへ
ルイージマンション2 公式サイト
詳細が掲載。

| | コメント (0)

2013年5月26日 (日)

超ワンピスタ:スモーカー

超ワンピーススタイリング パンクハザード編のスモーカー。 この顔もたしぎ同様難しいと思うが…見事な出来。 筋肉の造形はP.O.P.より圧倒的にリアル。 ズッシリしてる分、台座なしでの自立も安定してる。


Dscf130517_115
「超ワンピーススタイリング PH編」スモーカー。

Dscf130517_093
全身と背面。毎度の事だが、ボディバランスが秀逸。

Dscf130517_116
側面とバストアップ。額のキズまで丁寧に再現されている。


-----

| | コメント (0)

2013年5月25日 (土)

ガンプラ「MG ガンダム Ver.3.0」発表

先日、ガンプラの新作としてマスターグレードシリーズより、まさかのガンダムVer.3.0が発表された。 正直Ver.2.0で極めたと思っていたからさ… 一体どんな内容になるのかと見てみたら、基本コンセプトはRGの1/100版。 単にサイズを拡大しただけではなく、どうやら内部の構造を一新しているらしい。 おそらく、RGでの様々な不満が解消されているんじゃないかな。 例えば、モノアイの分割とか,鉄をシールで再現とか,外装パーツのフィット感とか。 意外に改善箇所も多い。 単純な所では、サイズが大きい分シールが貼り易くなっているはず。 実際に見てみないと、なんとも言えないが…これをMGで実現させるなら、ほかのRGも全部出せそうでしょ。 ゼータやMk-IIは作るのが面倒だから、ファースト系だけ先行して企画してほしい。 ちなみに、ガンダム3.0は今年の8月に発売予定。 4,725円。 たぶん買う。


興味のある方は公式サイトへ
バンダイホビー 公式サイト
詳細が掲載。

| | コメント (0)

2013年5月24日 (金)

超ワンピスタ:たしぎ

超ワンピーススタイリング パンクハザード編のたしぎ。 アニメでも作画が崩れがちな顔を上手く再現出来ているんじゃないかな。 さすがのスタイリングクオリティだと思う。


Dscf130517_107
「超ワンピーススタイリング PH編」たしぎ。

Dscf130517_077
背面と全身。コートの脱着は不可だが、素材は柔らかい。

Dscf130517_119
バストアップと側面。問題ないが、商品でバラつきそう。


-----

| | コメント (0)

2013年5月23日 (木)

アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」

気になるタイトルのラストは…「革命機ヴァルヴレイヴ」。 もう、なんと言っても制作はサンライズだからね。 期待はしていたが…今回度々話題に出してるロボデザインよ。 こういう複雑で何がどうなってるのか分からないのって、本当に望まれているのだろうか? コレ格好いいと思う? またか…な感じで全然"革命機"じゃない。 でも、不満はそれだけ。 ほかはどれを取っても素晴らしい。 貫禄のサンライズクオリティ。 物語も良く出来てんだけど…展開はガンダムそのもの。 てか、このシナリオでガンダムをやればいい。 そう言えば、ガンダムオリジンのアニメ化はどうなった? 制作宣言してからだいぶ経つ気が…


Dscf130414_172
「革命機ヴァルヴレイヴ」。作画・背景など、さすがの安定。


-----

| | コメント (0)

2013年5月22日 (水)

「ワンピース」第709話

(ネタばれ&長文注意) 「キング・パンチ!!」 …なんと、予想がほぼ的中。 喜んでいいのやら、複雑ではあるが… まず、外壁に隠れたルフィはBブロックの決着まで無事やり過ごす。 そして、バルトロメオの正体は…"バリバリの実"のバリア人間。 まー、違うかもという予想もしたが…バリアだったらの可能性も考えたでしょ。 更に、彼とぶつかるのはベラミーで…バネバネを力任せに使うなら瞬殺で負けるとも言った。 厳密には王様の"キング・パンチ"によって脱落してるけど。 気になったのはバルトロメオの技。 "バリアクラッシュ"とか言ってるね。 バリアの効果を維持したまま攻撃出来るのか? それってよくよく考えたら…単なる武装色の強力版なのでは? 謎が多過ぎる。 勝利後には妙な事も言ってたし… 「"メラメラの実"は必ずあの人に…!!!」 …あの人って誰? 終始おちょくったセリフのバルトロメオに、"あの人"と言わしめる人物。 流れ的には…やっぱり四皇のカイドウか。 でもヤツは人工悪魔の実でゾオン(動物)系を増やしてるんでしょ? バルトロメオみたいなタイプに慕われる存在は多くないと思うのだが…

 ラストでも、かなり前に予想した事が的中しそうな雰囲気。 ドレスローザの闇の臭いね。 オモチャ兵がフランキーに語ろうとしているのは…「悲劇の国ドレスローザの"全て"」。 会話の前後から、このオモチャ兵が嘘を言っているようには見えない。 というか、これがドフラミンゴの仕掛けた罠だったら…もう少年誌では無理だぞ。


※追記(2013.05.22)。 作者の尾田栄一郎氏が再びの体調不良で、ONE PIECEの週刊連載が2週間休載になるようだ。 …これはただ事じゃないな。 疲労とかではなく、もしかしたら手術を要する病気なのかも。 とにかく元気に再開されるのを待つのみ。

| | コメント (0)

2013年5月21日 (火)

アニメ「とある科学の超電磁砲S」

前期から観てる作品「とある科学の超電磁砲S」。 禁書目録(インデックス)からの外伝的位置づけかと思っていたら、もう完全に独立してるね。 本作の舞台は近未来で、特にモデルとなる地域はないが…それでも相当描き込んでる。 架空の町並みをデザインするのって大変そう。

 今期の内容は…どうやら前期との繋がりはない感じ。 それとも時期を前後させてんのか? 御坂のコピーが初登場扱いになってる。 てことは、あの禁書目録の男とも出会ってない? …でも出会いはその禁書目録で描かれているから、今期では最後まで知らない者同士なのかも。


Dscf130413_399
「とある科学の超電磁砲S」。近未来設定の背景が綺麗。

Dscf130413_405
知らないキャラも登場してるが、その後の音沙汰なし。

-----

| | コメント (0)

2013年5月20日 (月)

慰安婦発言問題

様々なメディアで連日報道されている「慰安婦発言問題」。 まず、私は大前提として慰安婦の是非を問いていいのは"当事者"のみだと考える。 実態がどうだったのか、真実はなんなのか。 当事者ですら全てを把握するのは不可能。 つまり、どこかで学んだり見聞きした程度の知識で「必要だった」や「日本だけじゃない」などといった類いの発言をするのは…やはり問題があるだろう。

 同時に、メディア側の一方的な偏向姿勢も大問題。 放送時間の関係で発言の前後をカットするのは仕方が無いが、カット部分へのフォローが一切ないでしょ。 しかも、切り取った"一言"に対してのみ反応する傾向が強い。 そりゃ視聴者も誤解するって。 …とは言え、そんな事は私だって予測できる。 故に、発言者には度重なる説明責任が生まれるのだ。 しかし、多くの人が口にするのは…いくら説明しても報道でカットされてしまうという"屁理屈"。 今回の問題でも一番残念だったのはこの発言。 そもそも、数回程度の説明で重大事項を伝えようとする認識が甘い。 正しく伝えて欲しいなら、多くのメディアを一堂に集め、一週間近く毎日同じ説明を繰り返すしかない。 ツイッターで言った? ブログに書いた? おふざけになるのも大概にして下さい。 一体何様のつもりなのか。 そんな認識しか持ってないから、都合の悪い指摘に対して高圧的な態度になるんだよ。 紳士に説明を繰り返していれば、必ず正しい報道をする番組を目にする視聴者も増える。 そういう状況になれば、正しく報道してない番組は信頼を失う。 最初の時は、ここまでを視野に入れた"したたかな戦略"かとも思ったが… 報道陣の"一言"に逆ギレして「囲みやめます」宣言だから… これでは伝わる事も伝わらなくなってしまう。

 誤解のないように付け加えておくと、ほとんどのメディアが批判しているような部分に対しては…その"報道姿勢"に嫌悪感を抱いている。 という話。

| | コメント (0)

2013年5月19日 (日)

アニメ「惡の華」

これは面白いとかオススメとかいう類いの作品ではないが…異様な空気感を全力で演出するアニメ「惡の華」。 まず、イラストレーションの様な背景は非常に綺麗。 極端な事を言えば、本作の価値はそれだけ。 と、言うのも…登場人物達の"いかにも心理"的な思考が鼻に付くのよ。 お前だってこういう感情あるだろ? みたいな。 そして、それを肯定することが格好いい風な空気感。 申し訳ないが、私は作中の様な感情や行動を考えた事もない。 中学生と言えば、厨二病とも呼ばれる多感な時期。 もちろん、作品と同様の感情を抱いた人を批判するつもりはないが…主人公の春日に対しては、イライラしかない。 リアルのび太と言えば分かり易いか。 余計な事を考えて自滅するタイプ。 私は学生の頃はかなり短気なほうだったから、春日みたいな存在は尚更腹が立つのよ。 加えて、環境音楽の様なサウンド。 なんでもない日常にドロドロした音を足してるから、普通の行動までもが悪い事の様に見えてしまう… そういう意味では、なかなかツッコミ甲斐のある作品とも言えるか。 ただ、先にも言った通り…背景はスゴい。 いわゆるアニメ絵とは違い、絵画の様な独特のタッチ。 昭和な町並みも懐かしい感じで、いつまでも眺めていたい。


Dscf130407_441
「惡の華」。内容よりも背景観たさで視聴してる作品。


-----

| | コメント (0)

2013年5月18日 (土)

アニメ「進撃の巨人」

気になるタイトルの4つ目「進撃の巨人」。 昔、「このマンガが凄い」という噂で何度か耳にしていた作品だからね。 「宇宙兄弟」と一緒で、アニメになるなら…という適当な理由で観てみたのよ。 まー…初回はキツい。 これを描かないとダメなのは分かるが…生きた人間を巨人がねじる時の音とかさ。 かなり壮絶。 この恐怖の巨人と人間の戦いが中心になる訳だが… どうやら巨人には高度な思考や言語力はないらしい。 例えるならゾンビ。 巨人の場合、喰われたら終わりだけど。 気になるのは、巨人の強さ。 圧倒的なのは構わないが…なぜそうなのかの具体的な理由が分からない。 そもそも"知恵"がないんでしょ? なのに、要所で頭脳戦にも巨人が勝っちゃうのよ… ここだけは"なるほど"と思えない。 想像以上に力が強く、痛みに鈍感だったとかなら…まだ分かるけど。 明らかに頭を使った行動をされると、その説明が欲しくなる。 いずれはちゃんと解決してくれんだろうけどさ。 そうでなきゃ「凄いマンガ」なんて言われないと思うし。 期待していいんだよね?


Dscf130407_762
「進撃の巨人」。他の作品同様、美しく書き込まれた背景。

Dscf130407_752
巨人の強さがとにかく異常。トロいタイプにも勝てない…


-----

| | コメント (0)

2013年5月17日 (金)

映画「ドラゴンボールZ 神と神」

評価:★★★★★★★★☆☆
完全に観るつもりのなかった作品「ドラゴンボールZ 神と神」。 たまたま誘いがあって観てみたけど…想像よりもだいぶ良かった。 批判の声も多いようだが、なんと言っても原作者の鳥山明氏本人が全編に渡ってテコ入れしてるから。 ここで語られた内容こそがオリジナル。 例えば、DBは好きでも好みじゃない話なんてのは誰にだってある。 そういう意味での批判なら全然構わないが…本作を絶賛してるファンに対して攻撃するのはいかがなものか。 なかでも"鳥山信者"などという表現が目につく… 信者もなにも、DBは鳥山氏が世に誕生させてんだからさ。 純粋なDBファンなら普通に楽しめる"初めての劇場版"だと思う。

興味のある方は公式サイトへ
ドラゴンボールZ 神と神 公式サイト
詳細が掲載。

| | コメント (0)

2013年5月16日 (木)

アニメ「宇宙戦艦ヤマト2199」

これはもう誰もが名を知る有名な作品のリメイク版「宇宙戦艦ヤマト2199」。 歌だけは聴いた事がある人も多いのではないだろうか。 オリジナルを観てないから比較は出来ないが、思っていたよりもずーっと良い出来。 なかでも意外だったのは…太陽系をちゃんと描いているところ。 膨大なエネルギーを消費する"ワープ"で、一気に木星付近まで移動したり。 その木星の重力に引っ張られたり。 ガス惑星を理解してか、衛星に不時着したり。 宇宙を舞台にするアニメは多いけど、ここまで"太陽系"を勉強して物語に取り入れる作品ってなかったんじゃないかな。 単純にアニメとして綺麗に描けているし。 普通にオススメ出来る良作。


Dscf130407_545
「宇宙戦艦ヤマト2199」。序盤に描かれる太陽系は必見。


-----

| | コメント (0)

2013年5月15日 (水)

「ワンピース」第708話

(ネタばれ&長文注意) 「曲者達のコロシアム」 いやいや、本当に進展がないね… これは、何か理由があるのだろうか? このあとに、複雑な展開でも控えているのか? 妙な憶測をしてしまうほど何も起こらない。 そんななかでも、わずかにあった動きと言えば… ガープに恨みがあるという"首領・チンジャオ"が、孫のルフィでその恨みを晴らすという話。 それが本気だったという事。 その場で戦闘になるが、すぐに仲間が止め…「殺してェんなら…試合でだ!!!」だってさ。 一方のキャベンディッシュは…「キミの命は試合前にぼくが貰う」 なんだか、こっちもマジっぽい。 外壁に隠れたルフィは…ひとまず試合までやり過ごせそうだ。

 現在行われているBブロックの試合では、ベラミーが圧倒的な強さを見せるが… これまで傍観していたバルトロメオの"力"が少しだけ垣間みれた。 彼の体には目に見えない"何か"がある様子。 まるでバリアだ。 果たしてこれは悪魔の実の能力なのか? それとも新たな力の登場か? 能力者なら、物を透明にする力とか。 …でも有名な海賊らしいから、そんな力があればとっくに世間に知られているか。 これまでの性格を見ていると、一番考えられるのは…もう一人バレないように"仲間の能力者が協力してる"かな。 参加してなくても、客席からだって能力は使えるし。 ただ、本当にバリアなら…自分が相手に近づいても弾いちゃうでしょ。 てことは、ヤツが自ら攻撃するタイミングを狙えば当たるかも。 足は地に付いている訳だから、ロビンのハナハナで靴底から花を咲かせてそのまま場外でドボンも可能か。 でも、ヤツとぶつかるのは間違いなくベラミー。 バネバネを力任せに使うなら瞬殺で負けるかも… てか他の麦わらチームはどうした?

| | コメント (0)

2013年5月14日 (火)

アニメ「翠星のガルガンティア」

これも気になってた作品。 「翠星のガルガンティア」。 初回の冒頭こそ「ハズレかな…」とも思ったが、最新鋭の強力なロボと共に降り立った地は…遥か昔の地球を連想させるほどの未発達な世界だからさ。 そんな世界でロボがどう振る舞うのか。 なかなか興味を持てる展開になっている。 ただ、キャラクターや背景は綺麗なんだけど…動く巨大船団という設定の為、景色の変化は乏しい。 使い回しがほとんどないという部分での努力はスゴいけど。 やっぱり陸地編も観てみたいよね。 あと、もう少し勧善懲悪的な回も欲しい。 全体的に漂う空気感は古き良き日本のアニメな感じで好感が持てる。 OPもEDも安心感のある出来。 そういえば、このメカのデザインは良い。 なんと言っても気持ち悪くないでしょ。 まずは、こういう所から変わっていってもらいたい。


Dscf130407_588
「翠星のガルガンティア」。全体的に懐かしい雰囲気。


-----

| | コメント (0)

2013年5月13日 (月)

ブルーレイレコーダー購入 その11

軽い報告3。 しつこくて申し訳ないが…「DBR-T360」で明確になった事実があるからさ。 それはBD-Rの収録時間。 公式アナウンスでは最高画質「DR」モードで録画された番組を180分(3時間)記録可能とされているが。 実際に記録できるのは…200分(3時間20分)。 ちなみに、これで少しだけ余裕を持った状態。 たぶんダビング機のメーカーや機種によってバラつきもあると思うが、10分やそこらのオーバーなら問題なさそう。 と言うか、ダビング時に表示されるメディアの記録可能領域を見れば一目瞭然。 ギリギリは確かに恐いから、隙間を作る様に調節してね。 こうなると「記録できる時間」の一覧を改訂する必要もなかったかな。

| | コメント (0)

2013年5月12日 (日)

アニメ「ガラスの仮面ですが」

かなり特殊なアニメ作品「ガラスの仮面ですが」。 …これをアニメと言って良いのかも疑問だが、内容は一応原作をネタにしたギャグオンリー。 作画もある意味原作のまま。 時間も短いから、忙しい人向けかも。 現在も「Z」としてBSTwellVで無料放送中。 受信出来る人は観てみて。


Dscf130407_217
「ガラスの仮面ですが」。写真は「Z」前のもの。


-----

| | コメント (0)

2013年5月11日 (土)

テニス男子8強へ

…タイトルだと凄さが伝わりにくいが。 マドリードで行われている大会で、錦織圭選手が世界ランキング2位のフェデラー選手を破ったのだ。 去年の1月に当時世界ランク6位を破って話題になってから、僅か1年そこそこで遂にここまで来たか… …まだ優勝した訳ではないが、状況的にもこの勝利が運や偶然ではない事は明白。 ほかの選手達からも、彼の最大の敵は"怪我"だけだと言わしめるほど。 まー、トップアスリートに怪我は付き物だが…錦織選手は怪我によるリタイアが多い。 そんななかでの世界ランク2位撃破。

 少し残念なのは、敗戦の言い訳をしなかったフェデラー選手に対して…世界の各報道では"落ち目か?"と見られているのよ。 ちゃんと試合内容観てるのかな… まるで錦織選手の実力じゃないみたいな。 こんな事を言われない為にも、圧倒的な強さでの優勝を決めてもらいたい。

| | コメント (0)

2013年5月10日 (金)

ブルーレイレコーダー購入 その10

軽い報告2。 「DBR-T360」を利用してる人の多くが使うであろう…文字入力。 フォルダがないから尚更だ。 タイトル名順に揃える為…名称の変更は必須。 その際、思いのほか障害になるのが…漢字変換。 簡単に言えば、かなりおバカなのよ。 こんなの「VARDIA」と同じでいいのに…そこで出来た変換がことごとく不可。 特に人名は大概1字ずつの入力になる。 まる数字(①や②など),ローマ数字(ⅠやⅡなど)の出し方も不明。 コピーペーストなんてシャレた機能も当然ない。 キーレスポンス(反応速度)も遅いから、時間かかってしょうがない… ついでに録画した番組の情報も見られない。 「VARDIA」では、この情報から人名をコピーしてタイトルに加えたりしていたからさ… 読めなかったり、読み通りじゃ変換されない漢字もあるし。 これらも前回同様バージョンアップで早急な改善を求む。

| | コメント (0)

2013年5月 9日 (木)

アニメ「DEVIL SURVIVOR2」

完全にノーマークだった作品「DEVIL SURVIVOR2」。 ゲームの悪魔を現実世界に召喚して戦うという話だが、これもまた舞台が実際の東京都心部をモデルにしてるからさ。 それだけで面白い。 ただ、TBSはわざとなのか…BSも含めて、放送時間を他局のアニメ作品にぶつけてんのよ。 しかも深夜だから、場合によっては3つ重なることも… テレビ側の録画はアウトだ。 まー、言い分としては…移動なら他の局に言えって事なんだろうけど。 今の時代、深夜番組をリアルタイムで視聴してる人ってどれくらいいるのだろうか?


Dscf130406_245
「DEVIL SURVIVOR2」。渋谷風や六本木風の背景が綺麗。


-----

| | コメント (0)

2013年5月 8日 (水)

ブルーレイレコーダー購入 その9

軽い報告。 本機「DBR-T360」には、録画予約を一週のみスキップするという機能があるのだが… どういう時に使えるかと言うと、隔週放送の番組など。 たまにレギュラーと再放送を交互に繰り返す番組もあったりするから、次が再放送の場合スキップ出来るのはありがたいのよ。 ところが、このスキップが上手く機能してくれない。 予約一覧から番組を選んでスキップを設定すると、その週は録画されないはずなのに…あまり早くに(2〜3日前程度)設定してしまうと、いつの間にか解除される。 何度か再設定し、いざ録画の時間になると…案の定準備態勢に入ったからさ。 電源入れて即スキップ。 電源切ったら、さすがに機能してくれたよ… たまたま目撃したからいいものの、深夜でコレをやられたら完全にアウト。 バージョンアップで改善されるのかなー… ネットで散々調べたけど、同様の症状に困っている人がいない。 どういう事? 必要ない番組が録れても削除すればいいとか思ってんのかな…… 私は嫌。

| | コメント (0)

2013年5月 7日 (火)

アニメ「マジェスティックプリンス」

気になっていたタイトルのひとつ「マジェスティックプリンス」。 内容は直球のロボアクション。 得体の知れない敵の攻撃を迎え撃つという、オーソドックスな流れ。 登場人物の葛藤やトラブルも、よく見聞きするものだが…キャラデザがガンダムSEEDと同じだから、続編のような感覚で観てしまう。 決して面白くない訳ではないが…敵の思想が見えてこない分、いまひとつ世界に入っていけない。 メカのデザインもな〜… これは他の作品にも言えるけど、なんで爬虫類系なんだろうね。 エヴァの時は斬新だったけど、こうも踏襲されまくると気持ち悪い。 カッコイイの感覚が全然違うのよ… 誰でも真似して描けるデザインが一番難しくてカッコイイと私は思う。 高級レストランで料理が美味しいのは当たり前でしょ。 でも、安い料理が美味い店はそれだけでカッコイイ。 私がメカデザインに求めるのは後者。 例えばガンダムのザクみたいな、シンプルでも一度見たら忘れないような感じ。 そういうセンスのあるデザイナー,プロデューサーはもういないのかなー……


Dscf130404_322
「マジェスティックプリンス」。意外と普通のロボアニメ。


-----

| | コメント (0)

2013年5月 6日 (月)

ブルーレイレコーダー購入 その8

ここに来て、最大の問題が発生。 …それはチャプターの削除。 「VARDIA」の時は"CM"を削除する事で、30分番組がDVD1枚に5本入るケースも多かったのよ。 ところが「DBR-T360」でソレをやると、ダビング時に必ずエラーになる…… 最悪、プレイリストに全部まとめてやれば…ダビング出来なくはないが。 今度はチャプターがめちゃくちゃに……… …これは相当厳しい。 しかも、チャプターを無視するのは百歩譲るとして…プレイリストにすると、本来繋がっているはずのチャプター間までもが個別映像扱いとなり、いちいちつっかかってしまう。 この辺はことごとく「VARDIA」に劣るという散々な結果に… すでに沢山CM削除しちゃってんだけど。 まー、綺麗に残せるという事で…今後のCM削除は諦めるか。

■「AVC」モードでBD-Rに記録できる時間(改訂版)
AF 4時間(8話)
AN 6時間(12話)
AS 9時間(18話)
AL 12時間(24話)
AE 26時間(52話)
※話数は30分番組の目安。

ダビングしたタイトルのチャプターが正しく入らなかった時は、サーチで時間指定できる。 やり方は…再生中に「サブメニュー」を表示させ、「サーチ」を選択。 上下でチャプター,タイム,タイトルと切り替わるから、希望の項目で数値を指定すればいい。 …コレ、意地悪なのが"再生中"のみってとこよ。 私は最初「みるナビ」を表示させながらサーチ機能を探してたからさ… HDDの"チャプター表示"みたいなのをね。 覚える事が多過ぎて大変だ。

| | コメント (0)

2013年5月 5日 (日)

アニメ「はたらく魔王さま!」

先月言った"良く出来てる"のひとつ「はたらく魔王さま!」。 これもタイトルからして興味を引くものではなかったが…背景の描き込みがスゴい。 舞台のモデルが新宿界隈なのもいいね。 肝心の物語は…人間の世界にやってきた悪魔と勇者が、生きる為に働く話。 侵略しないのは、悪魔の力が弱まっているから。 なんとなくギャグコメディかと思っていたら…結構シリアス。 出来る事と出来ない事にちゃんとルールがあるから、展開も安定していて普通に面白い。 悪さをしない魔王に怒る勇者とか、複雑な心理描写も多いからさ。 意外なアタリ作なのだが…こういう流れになるとは思わず、保存用の録画をしなかったのは残念。


Dscf130404_071
タイトルと背景。新宿をモデルにした描き込みが細かい。

Dscf130404_253
物語うんぬんより、とにかくビジュアルが綺麗。


-----

| | コメント (0)

2013年5月 4日 (土)

3DS「ドラゴンクエストVII」07

まだやってるよ。 第三章の序盤…… みんなよくクリア出来るなー。 メンバーズサイトのプレイデータ一覧はほとんどクリア済。 しかも200時間とか300時間もザラ… レベルも99だって。 1日1時間程度じゃ無理だぜ。 別に高橋名人の格言を守ってる訳じゃないけど、年齢のせいか長く続けられないのよ。 で、今は精霊集め。 DQ7ってこんな展開だったっけ? 全ての世界を元に戻したところでエンディングの雰囲気だったのに。 神様も記憶にあるのと違うなーとか思ってたら、どうやら悪い奴の様だし。 "すれちがい"も処理出来ないからMAXのまま。 本当のエンディングまであとどれくらいか見当もつかん。

 ちなみに、ちょっとズルいレベル上げを発見してしまった。 すれちがいで貰った石板の中に高確立で"プラチナキング"が出る物があるから…ひたすら倒せばいい。 4人で「まじん斬り」を繰り返していれば、誰かがヒットする。 1匹で65000xpだから、短時間で異常なレベルアップを期待できるのだ。

公式"メンバーズサイト"の登録名は…
nada2

興味のある方は公式サイトへ
ドラゴンクエストVII 公式サイト
詳細が掲載。

| | コメント (2)

2013年5月 3日 (金)

アキバレンジャー 痛 第4話

(ネタばれ注意) なんと、アニソン界の大御所でもある堀江美都子氏が登場。 ガチで演技する姿は貴重かも。 最後は結局"実はアニオタ"オチで、エンディングもまるまる歌っていたよ。 忍者キャプターだっけ? 戦隊以外からのチョイスも、攻めてる感じが好感持てるね。 て、…これもある種戦隊か。

興味のある方は公式サイトへ
非公認戦隊アキバレンジャー 公式サイト
詳細が掲載。

| | コメント (0)

2013年5月 2日 (木)

ブルーレイレコーダー購入 その7

かなりの勢いで語り続けているが、ネタがあるから仕方ない。 まず、BD-Rの記録時間。 公式には…地デジが180分(3時間),BSデジが130分(2時間10分)とされているが、実際はDVD-Rと同じく若干多めに記録できるようだ。 具体的には、先日DR録画したBSの番組。 140分あるから、表示通りなら10分オーバーでダビング不可(劣化変換で等倍ダビング)となるはずだが…現実には約2.5GBを残した状態で"そのまま"焼けた。 噂ではギリギリ焼くのは良くないと言われているけど、140分程度ならギリの手前と見ていいかも。 地デジはまだ試してないから分からないが、もしかしたら200分くらいイケるかな? 2時間番組のCMをカットすれば、100分(1時間40分)を切る事もあるだろうし。 特に映画系。 上手くすればDR録画の映画を1枚に2本入れられるかも。

 もうひとつは…誰もが不安なBD-Rの寿命。 ちまたでは大体10年〜20年でダメになると言う話だが… それよりも気をつけたいのは、デリケートな記録面。 キズや指紋は大敵らしいのよ。 …それはCDやDVDも同じだと思うが、BDの場合は顕著だという。 こんな事を言われたらテンションも下がる一方だが…最近のメディアには"ハードコート加工"という記述のあるものが増えている。 これは、耐久性や保存性に優れた加工を施す技術。 たぶん、以前ほど厳しい状況ではないと思うのだが…丁寧に扱うに越した事はないだろう。

| | コメント (0)

2013年5月 1日 (水)

笑笑が任天堂に異議申し立て

任天堂が発売した次世代機「WiiU」内にあるコミュニケーション機能"わらわら広場"が、居酒屋チェーン笑笑の商標と色々な面で重なるという理由で、親会社のモンテローザが特許庁に異議申し立てを行ったらしい。 任天堂側は真似をする意図はないとしているが…特許侵害の大半は同様の理由。 さすがに今回は任天堂が全面的に悪いな。 居酒屋の"笑笑"なんて一般的な社会人なら誰もが見聞きする名称だ。 この状況で、どうしても"わらわら広場"と言いたいのなら…"笑笑"側に事情を説明し許可を貰う必要があったはず。 そういった大人としての礼節を無視してしまったら…ニセモノ大国の韓国や中国に何も言えなくなるぞ。 頼むよ任天堂。

| | コメント (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »