« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月31日 (木)

ジャンプフェスタ'13 21

※前回のつづき。 メガハウスも新作が楽しみなブース。 ただ、残念なことに値段が高い。 P.O.Pシリーズは仕方が無いとして、箱玩系も今や1000円に迫ろうかという勢い… コンビニなどで売るには高価過ぎるって。 10年前はもっと精巧なフィギュアがワンコイン(500円)以下で売られていたのに…… ドラゴンボールカプセルとか本当に熱かったなー… 今は造形,彩色,成形素材、全てが10年前に劣っている。 どういう事? 人材不足? チェスピースコレクションRなんて、どう見ても300円が妥当。 クオリティは食玩のスタイリングの方が遥かに上。 頑張って欲しいメーカーなのになー……  ※つづく。


Dscf121222_331
メガハウス入口。

Dscf121222_344
チェスピースコレクションR Vol.3 2月発売予定。851円。

Dscf121222_333
チェスピースコレクションR Vol.4 未定。

Dscf121222_347
箱玩?のフランキー将軍。

Dscf121222_362
ドラゴンボールカプセル。写真は初期の頃のアイテム。


-----

| | コメント (0)

2013年1月30日 (水)

スカパー!10日間・無料開放

今週の土曜日(2月2日)から、月曜日(2月11日)までの10日間が無料開放されるようだ。 通常のサービスは毎月第1日曜日のみ無料。 これでも十分ありがたいが、今回は日曜以外の曜日も全部無料。 過去には、去年の9月29日に10日間無料開放が実施され…ここでも語ったが。 その時は色々とタイミングが悪く、ろくに視聴する事も出来なかったのよ。 今もHDDの厳しい状況は相変わらずだが、今回は「ゲームセンターCX」などもギリギリ録れそう。 というか、無料期間では珍しく…観たい番組盛り沢山。 ゴールデンタイムに集中してるから、レギュラー録画と重なりまくり…… CSの良さって時間を選ばずに好みのジャンルを視聴できる所にあると思うんだけど。 結局人気番組は似た様な時間帯に集まる… ここが解消されないと加入者の増加にまでは至らないと思うな。

| | コメント (0)

2013年1月29日 (火)

「ワンピース」第696話 01

(ネタばれ&長文注意) 「利害の一致」 遂にパンクハザード編もほぼ終了。 宴が始まっちゃったからね。 大仕事を終えたら、みんなでドンチャン騒ぎ。 ある種麦わらの一味のポリシーか。 今回は現在の状況整理的な話。 G-5が言うには、タンカーは麦わらの一味のもの。 自分達は基地に連絡し、迎えの艦を待つらしい。 茶ひげ達は"実験"による体へのダメージを治療してもらえるという事で、あえて海軍に捕まる。 現状、シーザー,バッファロー,ベビー5は戦闘不能で海軍に捕獲されているようだ。 シノクニを受けた錦えもんは偶然体を覆う殻が割れ、無事生還。 この事から「シノクニ」とは"動きを封じ込める割合がほとんど"と推測。 おそらく…ガスで固まる分、毒が回るにはかなりの時間を要するのだろう。 呼吸が出来なきゃ窒息死する気もするけど…冷凍保存的な効果もあるのかもね。 やはりと言ってはなんだが、これで犠牲になったG-5のメンバー達も助かると思う。 このおかげで、生還した錦えもんと、自力(?)で人間に戻ったモモの助が対面!

 ローは子供達の体を切り刻み、覚醒剤を取り除く。 「辛い長期治療は避けられねェがな」…いい奴過ぎ!! 2年前のシャボンディ諸島では、ただのいけ好かない小僧だったのに…七武海として登場後、好感度上がりっぱなし。 チョッパーは"家に帰る"事を子供達と約束したが、このあとの事はナミが海軍に委ねる。 「自分が海賊じゃあの子達も親も迷惑だもんね…」「…それに…私女海兵さんのまなざしに弱いんだ」 どうやらたしぎが子供達の為に泣いたようだ。 なるほど。 そりゃベルメールを思い出すわ。 子供達は巨大だから、もしかしたらタンカーごとG-5に渡すかも。

 サンジの料理を意地でも食べようとしないモモの助。 「この者達は信用してもよいのだ…」 錦えもんの大げさなセリフを考えると…なにやら、人の施しを受けない切実な理由が? 「奴らもきっと無事と信じよう!!」 !? これはまた新たな事実。 奴ら? つまりモモの助の他にも"助け"が必要な人達がいるという事か。 号泣しながら食事を始めるモモの助。 ここまで描いたら…もう彼らに手を貸すしかないだろう。 袖振り合うも多生の縁。 ビビの時みたいに、大きな渦へと関わっていく予感。 ※つづく。

| | コメント (0)

2013年1月28日 (月)

ジャンプフェスタ'13 20

※前回のつづき。 イベントの目玉として告知されていた、巨大なサウザンドサニー号のジオラマ。 確かに良く出来てるけど、ジオラマにしては綺麗過ぎてシンプル。 もっと汚しが欲しいな。 戦闘の傷痕とかさ。 ここまでやるならって意味でね。 そしてもうひとつ、意外なサプライズがONE PIECE展用に描き下ろされたイラストのミニフィギュアが、どういう訳かこのサニー号の隅っこにちょこんとあった。 にも関わらずクオリティが凄まじい…… なんと言っても小さいからね。 このサイズでは圧倒的だ。

 …本来の目的でもある「原画ワールド」なんだけど。 初回にも言った通り各メーカーの"新作フィギュア"ラッシュの為、気がつけば終了間際… なんてこったい。 よりにもよってONE PIECE関連企画盛り沢山。 駆け足でチラ見して終わり。 あーあ。 撮影も出来ないし。 どんな内容だったかほとんど覚えてないよ…… ※まだまだつづく。


Dscf121222_322
巨大ジオラマ「サウザンドサニー号」。

Dscf121222_312
ONE PIECE展イラストのミニフィギュア。側面。

Dscf121222_323
ONE PIECE展イラストのミニフィギュア。正面。

Dscf121222_397
原画ワールド外壁。中は撮影禁止。

Dscf121222_400
マストにぶら下がる立体的なルフィ。
このイベント用に尾田氏が描き下ろしたらしい。


-----

| | コメント (0)

2013年1月27日 (日)

C&A活動再開

もしかしたらここで扱うのは初めてかも知れないが。 実は90年代初頭からCHAGE&ASKA("and"じゃなく"&"の頃ね)が好きだったりする。 ちょうど「SAY YES」が歴史的ヒットを飛ばしている時だ。 ミーハーと言われたらそれまでだが、私の場合"良い"と思ったら全てを網羅しないと気が済まない性分でさ。 後期のも一通り聴いているなかで、個人的な好みは…初期の「風舞」から「RED HILL」辺りまでかな。 理由は、"自分の為"の曲より"人の為"の曲が好きだから。 音楽に限った事じゃないけど。 仕事ってやりたい事と求められる事って違うでしょ? 多くの人は生活の為に"仕方なく"求められた仕事をしているわけだが…求められるという事は、それだけ"望まれている"と言う事。 望みに答えようとする姿勢は、当然多くの人々の心を打つ。 故に、私の場合は"求められる事をやりたい"と思うようにしている。 だから、そういった印象を抱く作品には強烈に魅かれるのよ。 一番分かり易いのはアニソンね。 アニソンほど見る人聴く人の為に作られる作品はない。 そして、C&Aからも同じく聴く人の為の音楽を感じた。 「RED HILL」まではね。 以降のアルバムを否定する訳ではないが… 最近のセルフカバーなどを聴くと、大胆な変更があったりするからさ。 つまり、"本当はこうしたかった"という証し。 でも多くのファンは、当時のオリジナルを"最良"としている訳だから、そこを本人が封印してしまうのはなんとも切なかったりするのよ。 そういうアーティストは多いけどね。 漫画家の荒木飛呂彦氏とか。 今回のC&A活動再開においては、新曲を発表してLIVEに挑む予定らしいが…ソロ活動のなかで得られた変化が一体なんなのか? この新曲で明らかになるだろう。 願わくば、ファンがニヤリとしてしまう様な曲に期待したい。

| | コメント (2)

2013年1月26日 (土)

ジャンプフェスタ'13 19

※前回のつづき。 バンダイは、ゲームとガシャポン。 PS3で発売予定の「ONE PIECE海賊無双2」がプレーできた。 なにやらグッズをプレゼントしていたから、逆に触れなかったよ…残念。 ステージ上では最近話題のプロジェクションマッピングを用いて、ゲームキャラと実際の人間が海軍に扮して戦うというショーをやっていた。 これは思ったよりもリアルで面白い。 今後あらゆるイベントで使われるだろうね。

 ガシャポンの展示でも映像技術の進歩が見られ始める。 先日のガンプライベントでも使われていた、ガラス(アクリル?)投影。 展示されたフィギュアに合わせて、雷や炎などのエフェクトを映してリアルさを演出。 やりようによっては色々アイディアも生まれそうだ。 ※つづく。


Dscf121222_292
PS3「ONE PIECE海賊無双2」。ゲームもプレー可能。

Dscf121222_293
ガシャポン展示入口。

Dscf121222_298
ここでも最新の映像技術を駆使し、文字やエフェクトなどをガラスに投影。派手に動きまくる。

Dscf121222_297
ガシャポン新作にはあの七武海版ローも。

Dscf121222_299
イベントではお馴染みの先行販売たち。


-----

| | コメント (0)

2013年1月25日 (金)

ジャンプフェスタ'13 18

※前回のつづき。 等身大立像のカカシとナルト。 結局、全部良く出来ていた。 このまま10cm程度のフィギュアにすればいいのに。 ※つづく。


Dscf121222_288
「等身大立像」カカシ。

Dscf121222_281
「等身大立像」カカシ。側面。

Dscf121222_273
「等身大立像」ナルト。

Dscf121222_272
「等身大立像」ナルト。側面。

Dscf121222_284
サスケvsナルト。これも等身大? 吊るされてる為、不明。


-----

| | コメント (0)

2013年1月24日 (木)

「ワンピース」第695話 02

(ネタばれ&長文注意) ※前回のつづき。 シーザーを奪って逃走を謀るベビ−5達。 ウソップの狙撃に不安を抱くロー。 「同盟組んだんでしょ!? 少しは信用してほしいわ!!」 ナミもウソップに協力。 "天候の卵(ウェザーエッグ)"で巨大な雷雲を発生。 "サンダーブリードテンポ"がベビ−5達を直撃!! 続けて、ウソップの"必殺!!!突撃流星群"がバッファローにトドメを刺す。 二人ともかなり強力な技だと思うが、やっぱり直前にフランキーが与えた"将軍砲"が大きいのだろう。 ロギア(自然系)のシーザーには効かないが、最後の弾は…海楼石の錠!!! いやー、カッコいいね。 ちょっと思ったのは、途中で"海楼石の錠"なら…その後の弾も当てられたんじゃないの? なんて。 …それはあまりにも残酷か。 大物を捕らえるのに、まさかこの二人が大活躍するとは… 「背を向けた敵なら任せろ」 得意分野を主張するのは、生きていくうえで大事だ…… 現時点で麦わらチームの完全勝利。 「よし…第一段階は成功だ」と、まだまだ先がありそうなロー。

 とりあえず、前回「今行く」と言っていたドフラミンゴは間に合わず。 あれだけの惹きで結局何もないとは考えにくいが… ラストは…謎のシルエット。 「あー………ちょっと寝すぎたな…… どっちだ?パンクハザード」 …またやってくれるね。 尾田栄一郎氏。 だらけきった口調から、普通に考えればクザン(青キジ)だが… パンクハザードの事も知ってるし。 シノクニ公開実験の中継から、ルフィ達の情報を得た可能性は高い。 ただ、クザンだったら演出的にシルエットは妙な気もする。 だって見せた方が圧倒的に盛り上がるから。 隠すって事はクザンだと"思わせたい"とも取れる。 巨大な鳥の頭に座っている様にも見えるでしょ。 この鳥と行動を共にしているとは思えないが、ヴェルゴの時みたいに新キャラが濃厚か。 …これがドフラミンゴだったら笑うな。

| | コメント (0)

2013年1月23日 (水)

ジャンプフェスタ'13 17

※前回のつづき。 等身大立像のサクラとサスケ。 この二人は原作でも描くのが難しそうでしょ。 見事な再現力だ。 ※つづく。


Dscf121222_269
「等身大立像」サクラ。

Dscf121222_282
「等身大立像」サクラ。側面。

Dscf121222_270
「等身大立像」サスケ。

Dscf121222_283
「等身大立像」サスケ。側面。

Dscf121222_277
「等身大立像」サスケ&誰か。この場面は知らない。


-----

| | コメント (0)

2013年1月22日 (火)

「ワンピース」第695話 01

(ネタばれ&長文注意) 「任せろ」 引き続きフランキー将軍vsジョーカー部下。 「人のコーラを取ろうとするからよ!!!」 どうやら、フランキーはベビ−5達の"目的"を勘違いしている様だ。 つまり、先制攻撃したのも"コーラを守る為"だったのか… 終始フランキー将軍が優勢のなか…ベビー5の攻撃"鎌女(シックル・ガール)"が、将軍の腕に突き刺さる! 「OK ほめてやる」 ジェネラルボディを貫く威力でも、動じない将軍。 最強秘密兵器の力を解禁!! 出張版「ガオン砲」"将軍砲(ジェネラルキャノン)" 凄まじい破壊力がベビー5達を襲い…バトルはほぼ決着。 ここでやっとフランキーがシーザーに気付いたね。 同時に瀕死の状態でも立ち上がろうとするベビ−5達。 「おいおいたまげたな…只者じゃねェなコリャ…」 この余裕な感じがいいのよ。 そうでなくては、ゾロが言った様に"先が思いやられる"。 将軍の実力は海軍大将と中将の間位と見た。

 そして、更に同時刻…遂にルフィ達のトロッコが到着!! ロボの将軍に大興奮したり、シラケたり… ローはさっそくベビ−5達と対立。 ルフィにヤツらを"敵"と伝えた途端…シーザーを奪って逃げ出すベビ−5達。 任務は"大至急シーザーを連れて帰る"だからね。 別に戦う必要はない。 この場面で少し面白いのは…サンジの顔。 明らかに"ベビー5"を意識した表情だ。 まるで「な、なんだアノ美女は!!?」と言いたげ… 「飛ぶ敵は狙撃手の仕事!!」 頼もしいウソップをよそに、信頼できないローは能力を使おうとするが…ルフィやゾロに制止される。 「ウソップが任せろって言ったろ」「ウチの狙撃手ナメンじゃねェぞ」 …いやいや、任せた為にシーザーを奪われたのはルフィだから。 そりゃ信用できないって。 ※つづく。

| | コメント (0)

2013年1月21日 (月)

ジャンプフェスタ'13 16

※前回のつづき。 NARUTOのアニメが10周年という事で、特設フロアがあった。 ここでは等身大の立像が沢山配置。 しかも、原作そのまま。 よくここまで再現できたよ。 たぶん他のイベントでも設置されているんだろうけど、私は初めて見た。 まずは自来也とイルカ先生を。 ※つづく。


Dscf121222_265
NARUTO ANIMATION 10th 入口。

Dscf121222_266
「等身大立像」自来也(エロ仙人)。

Dscf121222_278
「等身大立像」自来也。側面。

Dscf121222_267
「等身大立像」イルカ先生。

Dscf121222_279
「等身大立像」イルカ先生。側面

-----

| | コメント (0)

2013年1月20日 (日)

ジャンプフェスタ'13 15

※前回のつづき。 造形師バトル企画「造形天下一武道会3」。 もちろんドラゴンボール。 対決というスタイルを取っているだけあって、あまり見ないポージングも多い。 これなら「今更感」も全然ないし、むしろ欲しくなってしまうから困ったものだ… ONE PIECEとジョジョで手一杯だからね。 この造形師バトルは、来場者がその場で簡単に投票できる様になっている。 専用のタッチパネルから、良いと思うほうを選択していくだけ。 これなら時間もかからず用紙もいらないから便利。 ※つづく。


Dscf121222_251
「造形天下一武道会3」魔人ブウ。

Dscf121222_253
「造形天下一武道会3」悟空(大人/私服)。

Dscf121222_255
「造形天下一武道会3」亀仙人。

Dscf121222_257
「造形天下一武道会3」スーパーサイヤ人3ブロリー。

Dscf121222_259
「造形天下一武道会3」チチ(初期)。

Dscf121222_262
「造形天下一武道会3」人造人間18号。

Dscf121222_263
投票用の端末機。タッチ操作で好みの造形を選択。


-----

| | コメント (0)

2013年1月19日 (土)

全豪オープンテニス 3回戦

WOWOWが中継を独占している全豪オープンテニス。 錦織圭選手は3回戦の相手も圧倒し、順調にベスト16へ進む。 これまでと違うのは…決着の早さ。 粘りは彼の真骨頂でもあるが…長引けば膝や腰などへのダメージも増す。 それが理由で棄権してしまう事も多いからね。 今回はその最大の弱点を克服しそうな勢いだ。 ベスト8まで行けばNHKで放送するかな? 次は世界ランク5位のフェレール選手。 この壁は大きいけど、勝てるだけの実力はある。 もうひとつは…伊達公子選手の快進撃。 彼女は本当にスゴい。 シングルスの3回戦進出でも快挙なのに、ダブルスでも3回戦へ… なんでそんな無茶なエントリーをするかな。 頑張ってもらいたいが、体力が心配。

| | コメント (0)

2013年1月18日 (金)

ジャンプフェスタ'13 14

※前回のつづき。 イベントの恒例となっている造形師バトル企画。 当初は優勝したらプライズ化と言っていたが、あまりにもレベルが高い為か…現在はエントリー作品の全てがプライズ化している。 今回は更に出来が凄まじい事になってるね…… はっきり言って全部スゴい。 まずはONE PIECEの「造形王頂上決戦II」。 これ、展示と同じ様に肌色も塗ってくれんかな。 特に良いのはクロコダイルとホーディ。 やっぱり顔よ。 難しい表情を見事に再現している。 意外な所ではブルックも良い。 ただの骨になってるフィギュアも多いからね。 素晴らしい。 ※つづく。


Dscf121222_235
「造形王頂上決戦II」黒ひげ。

Dscf121222_238
「造形王頂上決戦II」しらほし姫。

Dscf121222_242
「造形王頂上決戦II」クロコダイル。

Dscf121222_244
クロコダイルのアップ。

Dscf121222_243
「造形王頂上決戦II」ペローナ。

Dscf121222_246
「造形王頂上決戦II」ホーディ(ES摂取後)。

Dscf121222_248
「造形王頂上決戦II」ブルック。


-----

| | コメント (0)

2013年1月17日 (木)

24時間心電図

訳あって、心電図を24時間計測する事になった。 正式名は「ホルター心電図」。 体の数カ所に装置を付け、24時間普段通り過ごすというもの。 リモコンみたいなのを首から下げ、食事や起床時にボタンを押して記録する。 行動に特別支障はないが、装置を付けた所がかゆい… 肌の相性なんだろうけど、装置には触れるなと注意されてるからさ… なかなか厄介。 結果はまだだが、何事もない様祈るのみ。

| | コメント (3)

2013年1月16日 (水)

ジャンプフェスタ'13 13

※前回のつづき。 NARUTOのDXF「Shinobi Relations」も出来が良い。 てか、こんなシリーズが出てたんだね。 知らなかった。 サイズもちょうどいい。 発売中のは実際のモノでしょ? ただ、漫画連載のほうは"暁編"に入ってから読むのやめちゃったんだよね… だから、今回のラインナップがギリギリ。 サソリとか忘れかけてたし。 初期から出してくれんかな。 …どのみち買えんけど。

 「MASTER STARS PIECE」には意外と新作が控えているみたい。 気になるとこではONE PIECEのゾロ。 ルフィ,エースに続いてのMSP化。 悟空もあったけど、もう出来は良くて当たり前な感じだからなー。 何度も言うけど一工夫は欲しい。 ※つづく。


Dscf121222_207
「Shinobi Relations」ナルトとミナト。

Dscf121222_208
「Shinobi Relations」サスケとイタチ。

Dscf121222_209
「Shinobi Relations」我愛羅とデイダラ。

Dscf121222_210
「Shinobi Relations」サソリとカカシ。

Dscf121222_225
「MASTER STARS PIECE」ゾロと悟空。


-----

| | コメント (0)

2013年1月15日 (火)

映画「ハウルの動く城」

先日テレビで放送されたジブリのアニメ映画「ハウルの動く城」。 この作品は何度か視聴しているはずだが… 地デジで"ちゃんと"観たのは初めて。 これまでは正直あまり好きな内容ではなかったけど、絵が高精細だと全然違って見える。 深く考え過ぎると難解な映画だが、今起こっている事が全てだと受け入れられれば…ジブリ独特の不思議な世界に浸る事ができる。 やっぱり地デジで他のアニメと比較しちゃうと歴然の差が出るね…

| | コメント (0)

2013年1月14日 (月)

ジャンプフェスタ'13 12

※前回のつづき。 アニメも好調のジョジョだが、プライズでの動きはあまりないようだ… 「MASTER STARS PIECE」のジョルノとか見られるかと思ったが、一番くじの予定もなく…今回はかなり縮小。 ONE PIECEやドラゴンボールみたいに造形師対決とかやればいいのに。 ※つづく。


Dscf121222_200
「Passione〜ブチャラティチーム〜」全員集合。

Dscf121222_202
「THE RIVAL」オールスターバトル空条承太郎。
※ゲームの企画で、プライズ景品ではない。

Dscf121222_205
等身大の東方仗助。もちろん売り物ではない。オリジナルはおそらく「MASTER STARS PIECE」のもの。

-----

| | コメント (0)

2013年1月13日 (日)

冬の新作アニメ 視聴後

よほどの裏切りがあったね… 視聴前の予想では"ゆる系女子アニメ"ばっかりだと言ったが、まずさっそくの「ラブライブ!」からして違ってた。 AKB人気に便乗したアニメは多いけど、こういうド直球な内容はありそうでなかったかも。 廃校が決まった学校を救う為に"学園アイドル部"を作るのが目的らしい。 実はやってみたいけど、恥ずかしくて言えない生徒とか。 活動を認めない理事長など、意外と"障害"も用意されている。 継続は様子見だが、初回は悪くない。 そして、一番の予想外だったのが「たまこまーけっと」。 キャラデザが完全に"けいおん!"だからさ… 京都アニメーションはコレしか描けないのか?とか、あやかるにもほどほどにしとけよって思っていたのよ… でも、中身は古き良き80年代テイストアニメ。 簡単に言えば「Gu-Guガンモ」の現代版。 それを大げさに言えばジブリ風にした感じ。 餅屋の裏側とか、カフェの内装とか、とにかくビジュアルも細かい。 TARI TARIの時もそうだけど、背景が細かくて見覚えのある町並みであれば、それだけで観ていて飽きない。 更に本作は、男子もバランス良く関わる。 これが私の考える良作の絶対条件。 女子だけなんて論外。 だから「ラブライブ!」は様子見。 「たまこまーけっと」は普通に面白い。 変な脱線さえしなければ、「けいおん!」を軽く超えるだろう。

| | コメント (0)

2013年1月12日 (土)

ジャンプフェスタ'13 11

※前回のつづき。 「GRANDLINE MEN」のレギュラーにアーロンとタイガーが登場。 アーロンはタイガーの時代に合わせた姿だ。 両者ともにリアルフィギュアは珍しいから貴重かも。 クオリティも素晴らしい。 もうひとつ謎なのは…「GRANDLINE VEHICLE」。 現在も連載のなかで大活躍中の"フランキー将軍"が予定されている。 同シリーズながら、なんと変形合体を実現させると言うが… その辺のノウハウはバンダイにしかないと思うなー。

 「World Collectable Figure」にも、もちろんレギュラー新作はある。 見たところ、魚人島編とウォーターセブン編っぽい。 まだだったのが意外。 下のほうにはサラっとドラゴンボールのシリーズがスタートと告知されていた。 そして…サプライズ情報で"ジャンプ45周年"の記念シリーズも展示。 ジャンプ作品の主要キャラがラインナップされているが…出来は凄い。 原作愛が伝わってくるよ。 食玩にしてくれればいいのに… ドラゴンボールは、一番くじでも新作が予定されている。 何度も言うが、もう少し時が経ってからのほうが興味も出るんじゃないかな。 てか、立体化のモチーフが王道過ぎ。 どうせなら、鳥山明氏にデザインを描き起こしてもらうとかさ。 何か新しさが欲しいところ。 ※つづく。


Dscf121222_189
「GRANDLINE MEN」アーロンとタイガー。

Dscf121222_191
「GRANDLINE VEHICLE」海賊合体フランキー将軍(仮)

Dscf121222_193
「World Collectable Figure」レギュラー最新作。

Dscf121222_197
「World Collectable Figure」ジャンプ45周年。

Dscf121222_199
一番くじ「ドラゴンボールワールド」。D賞&B賞。


-----

| | コメント (0)

2013年1月11日 (金)

ジャンプフェスタ'13 10

※前回のつづき。 プライズ盛り沢山。 まずは「THE GRANDLINE」シリーズから、FILM Z関連が色々。 "ちびナミ"と"ちびチョッパー"は「CHILDREN」扱いで。 「LADY」ではナミにアインね。 サンプルのアインは全然似てないけど、ナミは文句なし。 「ワールドコレクタブル」シリーズにもFILM Zが。 良く出来ているんだけど、箱が小さくて軽い為…取れる気がしない。

 新たな展開に「PREMIALIVEフィギュア」が登場。 今回はチョッパーがメインのようだ。 展示されているものはクオリティが非常に高い。 そして…もうひとつが「THE RIVAL vs1」。 小さなサイズで因縁の対決をジオラマ再現。 あまり近くで見られなかったから、どの程度なのか判断しにくい。 とは言え、今後が楽しみなシリーズが目白押しだ。 ※つづく。


Dscf121222_171
「GRANDLINE CHILDREN」FILM Z。ナミとチョッパー。

Dscf121222_172
「GRANDLINE MEN」FILM Z。ゼットとルフィ。

Dscf121222_177
「GRANDLINE LADY」FILM Z。ナミとアイン。

Dscf121222_182
「World Collectable Figure」FILM Z。全種類。

Dscf121222_184
「PREMIALIVEフィギュア」チョッパーin魚人島。

Dscf121222_186
「THE RIVAL vs1」エースと黒ひげ。


-----

| | コメント (0)

2013年1月10日 (木)

アニメ「ジョジョ」第二部で終了

現在も放送中のアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」だが、残念ながらこの第二部で終了することは決定しているらしい。 そうかー… 第三部からのスタンドとか楽しみだったんだけど…決まっているものはしょうがない。 評判ってどうなんだろう? 私は勝手に絶賛してるけどさ。 アノ表現を良く思わないファンの気持ちも分かる。 影が強過ぎて状況が分からない時もあるし。 でも意外と作画は安定しているでしょ。 さすがに上手い人との差はあるけど、極端な変化はないから…この調子で三部以降も続けて欲しい。 ガンダムSEEDみたいに、評価が高ければ続編って形もあるだろう。 そもそも二部のラストは…アレだしね。 もしそこまで忠実にアニメ化してくれるなら、続けない訳にはいかないと思う。 最終回の最後に速報で「第三部制作決定!」とか言ってくれないかな。

興味のある方は公式サイトへ
TVアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」公式サイト
詳細が掲載。

| | コメント (0)

2013年1月 9日 (水)

「ワンピース」第694話 02

(ネタばれ注意) ※前回のつづき。 C棟では、モネが起爆スイッチを押そうとしているが… 同時にシーザーが"心臓"をひと突き!? やはり、この心臓はスモーカーのではなかったようだ。 モネは血を吐き力尽きる… 電話中のドフラミンゴは、ここでモネの身に何かあったと悟ったのだろう。 というか、前回私は「シーザーには心臓を握り潰す力は残ってないはず」と言ったが… まさか鋭利な破片を使うとは…… …これでモネも死ぬのだろうか? ハーピー姿の理由とか、ヴェルゴの肉体がサンジの黒足より強固な理由とか…まだ謎が残ったままなんだけど。

 トロッコは無事出口へ到着。 その頃…なんとドフラミンゴ自身がパンクハザードへ向かっていた!? モノ凄い形相だ… 確かにこれだけ"邪魔"されれば動かない訳にはいかないか。 状況を整理すると…現在のジョーカーサイドは、瀕死のシーザーに部下二人。 麦わらサイドは、フランキー将軍におそらく全員が合流。 一味以外に、ローやスモーカーもいる。 ここに現れようとしているのがドフラミンゴ。 絵的に"のんびり"飛行している様にも見えるが…「今行く」というセリフから、実は見た目以上にとんでもなく高速で移動しているのかも。 冷静さを失っている様だから、激突は避けられないと思うが… 実はまだ彼の能力は正確には明かされていない。 初登場時やベラミーへの制裁の際に能力を披露しているが、その実がなんなのかは不明。 物体を操っているみたいだけど? 今号のラストでは空を飛んでいるし… 指の形も気になる。 もしこのメンバーで戦闘になるなら、ローがドフラミンゴの実の正体を明かすだろう。 今週も合併号の為、また次週は休み。

| | コメント (0)

ポケモン新作発表

昨日、ポケモンの最新作が発表された。 タイトルは…「ポケットモンスターX」と「ポケットモンスターY」。 どうやら正式なナンバリングという事らしい。 ハードは3DS。 今年の10月に"世界同時発売"が決まったとのこと。 これまでは海外版に時間がかかってしまい、どうしても日本の発売から時期が遅くなっていたと言うが…今回は初めて世界のプレイヤーと同じ時間を共有出来る事を強調している。 確かに、せっかく海外接続のコーナーがあるのに1度も使ったことがない。 プレー期間はだいたい1〜2ヶ月程度だからね。 ただ、この発売日を見ると…日本版のとばっちりは明らか。 だって海外版を用意するには、早くても4ヶ月以上はかかるでしょ。 本来なら6月くらいに出せるものを…海外版に合わせて10月にしたのだろう。 その間に発覚した"不具合"は、修正プログラムのダウンロードで補うつもりかな? WiiUも開封後のバージョンアップで相当待たされるみたいだし… 任天堂はこれで成功したと勘違いしているのかも。

 肝心のゲーム内容は…映像を見る限りでは悪くない。 ポケモン達が2Dドット絵じゃなくなったのは残念だが…ポリゴンでもかろうじて許容できるクオリティ。 人物もそれなり。 努力は伝わるが、もう一歩な感じは否めない… 3DSの能力なら、もっとやれるはず。 今回「X」と「Y」が出るけど、過去の流れを考えれば「Z」が出るのは間違いない。 伝説ポケモンがシルエットになってるみたいだから、Zならヘビ系か? 可能ならZ版ではクオリティアップを目指してもらいたい。

興味のある方は公式サイトへ
ポケモン YouTube チャンネル
詳細が掲載。

| | コメント (2)

2013年1月 8日 (火)

ワンコレ 12 シャンクス

「ワンピースコレクション 変わらぬ夢と誓いSP」シャンクス(シークレット)。 これでこのシリーズは最後。 どうせなら子供でまとめてもらいたかったが、シークレットはルフィが幼少期のシャンクス。 まだ"左腕"も麦わら帽子もある。 顔のタッチも原作に忠実。 単行本のSBSでは様々なキャラの"子供の頃"が描かれているから、その辺のラインナップも近そうだ。 流れ的にはパンクハザード編のほうが先かな?


Dscf120922_138
「ワンコレ 変わらぬ夢と誓いSP」シャンクス(シークレット)。

Dscf120922_146
おまけ。3兄弟集合。悪い顔(いい顔)してるな〜。

-----

| | コメント (0)

2013年1月 7日 (月)

「ワンピース」第694話 01

(ネタばれ注意) 「最も危険な男」 ベビ−5達の怒濤の攻撃をモノともしないフランキー将軍。 どこかのレビューでは「ドフラミンゴの部下がフランキー将軍を倒せない程度では新世界もたかが知れる」などと言われていたが…私はまったくの逆で、フランキー将軍がドフラミンゴの部下"程度"に苦戦する様では…この先に期待できないと思っていたからさ。 非常に嬉しい展開ではある。 タンカーの近くで目覚めたシーザーも、その戦闘に気付いたようだ。 SAD製造室では、ヴェルゴに最後の言葉を贈るドフラミンゴの電話。 直後に大爆発。 どうやらヴェルゴは本当に最後かも知れない… これで消えるには惜しい人物なんだけどな。

 そして…その爆発はトロッコで脱出中のルフィ達にも及ぶ。 まーこれくらいの障害なら、麦わらの一味にとっては何ともないか。 2年前にアクアラグナやノックアップストリームの様な死線を乗り越えているからね… ※つづく。

| | コメント (0)

2013年1月 6日 (日)

ジャンプフェスタ'13 09

※前回のつづき。 ここからは初披露三昧のバンプレスト・プライズのブースに。 あまりにも多いから覚悟されよ。 まずは"一番くじ"から「ONE PIECE〜剣士編〜」のたしぎ,リューマ,ゾロ。 見る限り、ゾロは圧巻。 バンダナのおかげもあると思うが、"一番くじ"系では相当出来は良いだろう。 「ヒストリー オブ チョッパー」も悪くはない。 人気キャラのチョッパーにスポットを当てる時って、リアルフィギュアが少ないからさ。 それだけで評価は高い。 ※つづく。


Dscf121222_160
一番くじ「ONE PIECE〜剣士編〜」たしぎ,リューマ。

Dscf121222_164
一番くじ「ONE PIECE〜剣士編〜」ゾロ。

Dscf121222_167
一番くじ「ONE PIECE ヒストリー オブ チョッパー」。


-----

| | コメント (0)

2013年1月 5日 (土)

ジャンプフェスタ'13 08

※前回のつづき。 「Figuarts ZERO」はこれで最後。 2年前の超新星から、キラー,ホーキンス,ドレーク,ボニーの4名が発売予定。 ※つづく。


Dscf121222_151
「Figuarts ZERO」キラー。'13年2月。2,940円。
「Figuarts ZERO」ホーキンス。'13年3月。3,360円。
「Figuarts ZERO」ドレーク。'13年3月。3,675円。

Dscf121222_155
「Figuarts ZERO」ハンコック。参考出品
「Figuarts ZERO」ボニー。'13年2月。2,940円。


-----

| | コメント (0)

2013年1月 4日 (金)

冬の新作アニメ

今回は少なくてありがたい。 しかも、現段階で継続を決めている作品は日テレの「ちはやふる2」のみ。 本当はもっと少なくてもいいが…これくらいならギリギリ"ちゃんと"視聴できそうだ。 観てみないと判断できないのは…テレ東の「幕末義人伝 浪漫」。 キャラクター原案にモンキーパンチ氏を起用しているだけあって、パッと見はほぼ"ルパン三世"。 気にはなるが…制作がトムス・エンタテインメントなんだよね。 好きな人には申し訳ないが、ここのアニメーションは私の好みに合わない。 動き,演出,配色など、どれを取っても魅かれない… 作品の巡り合わせもあるとは思うが、トムス制作で満足できた事がないのは事実。 ゆえに多少の先入観は拭えない。 これを覆してくれることを期待したい。 ちなみに、好きな制作は…ボンズ,サンライズ。 作品に恵まれているのは…マッドハウス,A-1Pictures。 ボンズ制作のジョジョとか観てみたい。 でも、残念ながら今期の新作にボンズの制作がひとつもない。 当然、ほかの作品は気にもならん… 一応公式サイトのストーリーは一通り回ったけどね。 それだけの印象で言えば、ゆる系女子アニメ? が大半を占める。 せっかくのサンライズ制作「ラブライブ!」もそう。 私は"魔法ファンタジー"と"ゆるだけ"なアニメが大嫌いだから、実際の内容もそうなら瞬殺だ。 過去の例から見ても、公式サイトの印象と全然違う事って滅多に無いからさ。 よほどの裏切りでもない限り、追加継続はないだろう。

| | コメント (0)

2013年1月 3日 (木)

ジャンプフェスタ'13 07

※前回のつづき。 映画「FILM Z」関連は他にもある。 「Figuarts ZERO」では、アインとゼットも登場。 「超造形魂」には決戦用戦闘服版も出る。 ただ、最近の"造形魂"は質が落ちる一方… 展示は良いが、実際のクオリティは別物が定番。 初期のキン肉マンやドラゴンボールは神がかっていたのになー… ※つづく。


Dscf121222_132
「Figuarts ZERO」ルフィとアイン。両者とも発売中。

Dscf121222_137
「Figuarts ZERO」ゼット。'13年1月。4,515円。

Dscf121222_139
「超造形魂」FILM Z 決戦用戦闘服。'13年3月。各525円。
フランキー,ブルック,ゾロ。

Dscf121222_140
「超造形魂」FILM Z 決戦用戦闘服。
ナミ,ルフィ,ロビン,チョッパー。

Dscf121222_141
「超造形魂」FILM Z 決戦用戦闘服。
サンジ,ウソップ。

Dscf121222_142
「超造形魂」FILM Z OP服。発売中。


-----

| | コメント (0)

2013年1月 2日 (水)

3DS「ファンタジーライフ」

評価:★★★★★★★★☆☆
数々の問題作で苦い記憶を植え付けられているレベルファイブ。 そんなメーカーから発売されたRPG「ファンタジーライフ」。 CMや公式サイトでは、色んな職業に就いて自由に生活するゲームだと宣伝されているが… 私は「どうぶつの森」にRPG要素が加わった感じかなー…と勝手に想像していたのよ。 ところが、内容は全然違っていてさ。 がっつりと直球のアクションRPG。 操作も簡単だから、レベル上げもさほど苦にならない。 なにより決定的に違うのは"物語"が存在していること。 願いに答えるという形で、新たな展開が少しずつ解禁されていく。 一見、どのRPGにも当てはまる様に見えるが… これを自分の意志で選択しているかの様な演出にしている所は良いアイディアだ。 例えば、私は"釣り人"で始めたが…当然職業ごとに目的は異なる。 この目的が"物語"とは別になっているおかげで、無理矢理"物語"を進めなくてもそこそこ楽しめるのよ。 特に職業の技を使う事でベースとなるレベルも上がるのは素晴らしい。 釣り人なら、釣りをするだけで経験値も入る。 なんならモンスターを倒すよりも効率がいい。 だいぶレベルが上がれば、釣り人でも強いモンスターと対等に戦えるし。 "物語"を進めるのは、それからでも全然遅くない。 ただ、システム面は不親切。 コレクション性が高いわりに、初入手に「NEW」が付かなかったり…地図が大雑把過ぎて自分の位置がまったく把握できなかったり。 また、画面切り替え時の読み込みが長いのも大きなマイナス。 釣り限定で言えば…魚影に変化がない為、何が釣れるかは本当に運次第。 どうぶつの森みたいに、サイズである程度標的を絞れるといいが…ヌシ以外は常に同じだから狙った釣りは不可能。 …現実の釣りもそうかも知れないけど、プログラムでランダムに決められる運とはなんか違う気がする。 そういう意味では、どうぶつの森の釣りが理想のバランスかも。 全体的に普通に面白いが、もっともっと"ちゃんと"出来るだろうと思える箇所も多い。 実験ソフトとしては成功しているんじゃないかな。 レベルファイブの印象も多少改善された。 あのH氏も必要以上に表立ってないし。 今後もこの調子で、と強く思えた作品。 一応万人にオススメ。

興味のある方は公式サイトへ
ファンタジーライフ 公式サイト
詳細が掲載。

| | コメント (0)

2013年1月 1日 (火)

明けまして

おめでとうございます。

そういえば、年末年始の「挨拶」を携帯やPCのメールで行わない様に注意喚起されたってね。 理由はスマホなどの普及により、通信網のパンクが予想されるかららしい。 …ちなみに、この挨拶は時間指定による公開。 前もってアップ済み。 今年もよろしくお願い致します。

| | コメント (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »