« 「ワンピース」第692話 02 | トップページ | ワンコレ 10 エース »

2012年12月21日 (金)

マヤ暦

ノストラダムスの大予言に続き、人類滅亡説第2弾がやってきた。 小さな噂では頻繁にあるかも知れないが…世界的に有名なって意味でね。 それは…本日2012年12月21日に古代のマヤ文明「マヤ暦」が終わるというもの。 これを"人類の終末"と捉え、騒ぎ出したのが始まりのようだ。 そもそも「マヤ暦」とは何なのか? 簡単に言えば、膨大な周期を記したカレンダー。 それが今日まで続いていたこと自体がスゴいよね。 その終了に立ち会えたんだから、むしろ有り難い様な気もするが… この先がない事に恐怖する人々も世界中にいるらしい。 …別に「予言」じゃないんだからさ。 多くの報道では、専門家が「最初に戻るだけ」としているけど…「マヤ暦」の正解は記した人にしか分からないと思う。 ただ、何かが起こる可能性も一応ある。 多くの人類滅亡シナリオは科学的に否定されているが、唯一可能性のある事態は…太陽爆発。 と言っても太陽が消滅する訳じゃないよ。 今年に入ってからも地球に異常をもたらす規模の巨大なフレアが何度か確認されているでしょ。 もし、とんでもなく凄まじい超巨大フレアが発生したら…全人類は100%被爆するとされている。 たぶんシェルターに避難しても無駄だろうね。 そんなもんで防げる程度なら、普通に外にいても大丈夫だって。 ちなみに、太陽フレアによる放射線が地球に届くまでの時間は約2時間だったかな? 規模にもよると思うけど。 と言っても、これはたまたま「マヤ暦」の終わりに重なってるだけで、それとは関係なく現在の太陽は常に危険な状態であることは変わりない。

|

« 「ワンピース」第692話 02 | トップページ | ワンコレ 10 エース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ワンピース」第692話 02 | トップページ | ワンコレ 10 エース »