« ワンコレ 09 ルフィ(兄弟Ver.) | トップページ | 「ワンピース」第692話 01 »

2012年12月17日 (月)

映画「ONE PIECE FILM Z」01

評価:★★★★★★★☆☆☆
(長文注意) ワンピース関連が続いて申し訳ないが… まず、ネタばれしない範囲で言うと… 映画はやっぱりそうなるかー。 て感じ。 常々尾田栄一郎氏も言ってる事だから、しょうがないのだが… 彼が指揮を取った「STRONG WORLD」も含め、共通するテーマは"バトル"。 ひたすら戦いをカッコ良く描きたいらしい。 少し残念なのは…感動話はやらない宣言をしていること。 多くのファンが感動を求めている事も承知のうえで、映画はバトルだと言っている。 今回脚本は別(鈴木おさむ氏)だが、大部分において製作総指揮の尾田栄一郎氏が深く関わっているためか…一度戦いが始まると、なかなか終わらない。 迫力はあるかもしれないけど、基本的に"無策"だからさ… 次はどうなるんだ? みたいなワクワク感もない。 特殊能力を活かしたギミックも、ただ披露するだけ。 攻略法はひとつ。 ゴリ押しで戦って勝つのみ。 う〜〜む… 確かに映画ってこういうの多いけどさ。 私の場合、それがマイナスだったりするのよ。 ドラゴンボールで言えば、特大かめはめ波を出して決着みたいな… 重要なのは、強い相手に勝てる"理由"に納得できるかどうかだ。 頑張りや努力では、もちろん納得できない。 例えば、状況変化による動揺だったり。 なにか決定的な弱点が盛り込まれると、バトルも飽きないと思うんだけど… そうなると今度は迫力に欠けるんだろうね。 爽快感とか。 尾田氏の考える映画では、迫力を最優先ってところか。 ※つづく。


Dscf121215_068
劇場のポスター。


-----

|

« ワンコレ 09 ルフィ(兄弟Ver.) | トップページ | 「ワンピース」第692話 01 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ワンコレ 09 ルフィ(兄弟Ver.) | トップページ | 「ワンピース」第692話 01 »