« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水)

新戦隊の噂

特許申請で騒がれているから、すでに噂というレベルではないのかも知れないが… 来年の新戦隊は「獣電戦隊キョウリュウジャー」で決定のようだ。 当然、恐竜がモチーフになるとは思うけど…この「ジャー」の付け方ってどうなの? 本来は「レンジャー(特別部隊)」をもじってるはずなのに、これでは「恐竜じゃ」て主張してるだけ。 そう言えば…近年は「豪快」とか「真剣」とか「冒険」とか、漢字二文字にジャーを付けるパターンも多いね。 でも、これらに共通しているのは…生き様。 だから、語尾にジャーが付いても大きな違和感はない。 ところが、今回は「恐竜」という精神とは切り離された単語。 これをアリにしたら、なんでもよくなってしまわないか? こんな事でと思われるかも知れんが、私は戦隊シリーズに対して…子供達が最初に通る「正義の道」だと思っている。 その記憶は大人になっても忘れない。 極端に言えば、悪い奴だって子供の頃に見た戦隊を覚えているはずだ。 おそらく、十代の前半あたりから親の目もあって…いわゆる卒業となってしまうと思うが… 大人になって社会を知り、部下を持ち始めると…改めて戦隊の良さが理解できたりする。 大人としての責任感や自信があるからこそ、好きな戦隊も堂々と語れるのではないだろうか。 少し意地悪な言い方をすれば…戦隊を「子供の見るモノ」と考えているうちは、逆に大人になりきれていない子供なのではと思ったりもする。 まー、これは私がクリエイター故の発想なのかも知れないが… 30代40代なら、みんなMy戦隊を持っているでしょ? そして、その話で盛り上がった経験のある人も多いと思う。 冒頭から軽く問題にしてるのはここなのよ。 つまり、最初に見た、又は自分の世代だった戦隊が「キョウリュウジャー」だとしたら… どんなに内容が良くても、人に言いづらいでしょ。 世代が違えば、大体見てないんだから。 タイトルの印象で判断せざるを得ない… その度に説明が必要なことを考えると…色々面倒だよね。 どうせならDINOSAURをもじって「ダイノレンジャー」のほうがぽいと思うけどなー。

| | コメント (0)

2012年10月30日 (火)

11月の「THE GRANDLINE LADY」

ワンピースのプライズ景品「THE GRANDLINE LADY」の第2弾が11月に登場予定。 注目のラインナップは…ニコ・ロビンとニコ・オルビア。 これでこのシリーズも麦わらの一味が全員揃うわけだが、それよりもオルビアよ。 まさかのチョイス。 ロビンの母親ね。 リアル頭身では初の立体化ではないだろうか。 ただ、ロビンも含めて…顔がイマイチ。 決して悪いという訳ではないが…食玩のスタイリングシリーズのクオリティが高いでしょ。 せめてソレを上回ってくれなきゃね… すでにフランキーとブルックはパスしてるから、一味を揃えたいという欲もないし。 現物の展示品を目で見てみるまでは判断しかねる。

興味のある方は公式サイトへ
ワンピース The GRANDLINE series 公式サイト
詳細が掲載。

| | コメント (0)

2012年10月29日 (月)

3DS「どうぶつの森」もうすぐ発売

実はものスゴく楽しみな3DSのスローライフゲーム「とびだせどうぶつの森」。 GC版も良かったが、システム的にはやっぱり携帯機向き。 何が面白いって、町で好き勝手やって稼いだお金で色んなモノを買う。 このモノの種類が多い事が全てと言ってもいい。 例えば、PCやモバイルなどでよく見られる無料のコミュニティゲーム。 自分の分身を作って、架空の世界で色々行動したりアイテムを買ったりみたいな。 あれの「ちゃんとした」版と言えば分かり易いか。 …ちゃんとしたと言うには理由がある。 この手の無料ゲームには、必ず「課金」要素が存在する。 全てを利用しようものなら……果たしていくらかかるだろうか? ちょっと恐ろしくて想像もしたくないが…本作がちゃんとしているのは、そのリアルマネー関連。 定価が4800円で固定されているから、どんなにゲーム内でアイテムを買おうが何をしようが…それ以上かかる事はない。 たまーに「ダウンロードコンテンツ(DLC)」として、有料アイテムの配信があったりもするが… それはあくまで追加要素であって、ないとゲームの進行に差し支える様なものではない。 というか、そんな事があってはならない。 しかし、無料と言っている類いのゲームは…例外なく「無課金者」と「課金者」の差が明確に出る。 不誠実な対応も多々ある。 そんななかに「どうぶつの森」の様なゲームがあれば…そりゃ「ちゃんとしている」と言いたくもなるって。 本来はこうあるべきなんだけどね… ゲームのお手本というか教科書というか…無料で満足している開発側も利用者も、「どうぶつの森」をプレーすれば分かるはずだ。 無料系のゲームがどういうモノなのか。 いわゆる「アバター」を利用している人達にこそ、是非遊んでもらいたい。 「本物」を知って欲しい。 …て、まだ私自身本作をプレーしてないんだけど。 GC版の印象と紹介映像で確信はある。 そういえば、コレ3DS本体の発表時からラインナップされていたんだよね… 発売まで長かったな〜…

興味のある方は公式サイトへ
とびだせ どうぶつの森 公式サイト
詳細が掲載。

| | コメント (2)

2012年10月28日 (日)

フジ「世界は言葉でできている」

深夜に放送されていた番組「世界は言葉でできている」。 以前語った時はもう最終回でさ… 私が好きなのはすぐ終わるな〜と残念に思っていたら…なんとその「世界は言葉でできている」が、そのままゴールデンでスタート。 深夜と違うのは…投票席にも著名人がたくさん。 これは辛いね… 今までは解答に対して「何が優れているのか?」を解説する事が多かったんだけど…ガヤを入れた為に、解答への"ダメ出し"が加わってしまった。 う〜ん… 視聴者層にもよるんだろうけど、そこを言い出したら番組が成立しなくなるんじゃないかな。 だって80点超えの名言に対しても、無節操に「俺は違うと思う」とか言い出してたでしょ。 そりゃ観てる人は色々言いたいこともあって当然だが…番組のなかで言ってしまったらキリがないって。 よほど的外れで、誰もが「え?」みたいな解答以外は…その言葉の良さを探すべきだ。 常に斜めに構えて、少数派を支持する人って必ずいるんだから。 そんな意見をいちいち聞いてたらダレる。

そう言えば、前にゴールデンだと余計な仕掛けでゴチャゴチャしないか心配とも言ったが… とりあえず、ゴチャゴチャというほどの変更はなかったかな。 気になったのは…「LOCK」システム。 解答が偉人の名言と同じ、又は近い場合に限り「LOCK」となり…審査対象外となる。 偉人の名言を超える事が目的だからね。 それに、知ってた場合…近い解答で高得点を狙えるから。 深夜の時は良いシステムだなーと関心していたんだけど、今回は近い解答も「LOCK」されなかったね。 廃止されたのか?

興味のある方は公式サイトへ
世界は言葉でできている 公式サイト
詳細が掲載。

| | コメント (0)

2012年10月27日 (土)

「ワンピース」第685話 03

(ネタばれ&長文注意) ※前回のつづき。 G-5&サンジは、ビスケットルーム目前。 足手まといそうな海軍どもを、次々に蹴っ飛ばすサンジ。 死ぬよりマシってやつだ。 大恩人じゃないか… こうなったらもうG-5はサンジに足向けて眠れないぞ。 その先のビスケットルームでは…ナミ達が未だモネと格闘中。 ロビンも簡単にモネの攻撃を受けているけど…何か理由でもあるのか? いつものロビンなら、全員の腕と足を"能力"で押さえてるとこなのに… 慌てているうえに、不意打ちで負傷。 どうやらゾロがモネの相手をするようだが…「敵はロギア(自然系)!!」と言ってるね。 ルフィと戦っている時もロギアな感じはなかったけど? Mr.3のドルドルやロビンのハナハナと同じ"パラミシア(超人系)"だと思っていたが… ロギアの仲間を持つドフラミンゴ…どんどん不気味さが増していくな。

この混乱のなか…サンジ達が合流したら、さすがのモネも手に負えなくないか? そもそも、モネの目的がよく分からん。 「邪魔しないで」と言っているが…誰の邪魔? 子供達がモチャ(キャンディを抱えた女の子)を襲う事? キャンディを与えるつもりなら、モネがモチャから奪えばいいだけの話でしょ? ナミ達を相手にするより遥かに容易いはず。 モネはなんでわざわざ麦わらの一味と戦っているのだろうか?

…最後に、今週のジャンプの表紙。 ルフィと一緒にシーザーが!! …以前、私が独自にシーザーを着色した事があってさ。 その色が大ハズレ…… 特に髪の毛は黒じゃないと思ったんだけどなー。 合ってたのは、唇の紫色だけ。 悔しい…


Dscf120611_0670_017_4cs_up
以前のと同じイラスト。着色ほぼ外れ…

-----

| | コメント (0)

2012年10月26日 (金)

ジョジョ展 チケット完売

行けたら行こうかな程度に考えていた「ジョジョ展」。 日時予約制だから、そのうちなんて軽く見ていたら… 先日、公式サイトで完売御礼の告知が…… 終了までまだ一週間以上あったんだけど、アニメの評判も重なり…気がつけば手遅れに。 同会場で開催された「ONE PIECE展」の時はどうだったんだろ。 私は普通に行けたけど。 終了間際じゃ、やっぱり厳しいか。

興味のある方は公式サイトへ
ジョジョ展 in TOKYO 公式サイト
詳細が掲載。

| | コメント (0)

2012年10月25日 (木)

「ワンピース」第685話 02

(ネタばれ&長文注意) ※前回のつづき。 モモの助の回想でシーザーの実験を知ったルフィは怒り心頭。 モモの助を連れて「ゴミ箱」を出るというが… その方法は壁を登る。 て…ゴムゴムのUFOはどうした? ルフィなら壁登りでも脱出できるとは思うけどさ… 一切の迷いなく「何も心配すんな!!!」の言葉に安心したのか、腹が減り過ぎたのか… 意識が遠のくなか、ある顔を思い出し突然叫びながら飛び立つモモの助!? …その顔は、どう見てもドフラミンゴなんだけど。 なりゆきで密航した事に関係があるのか? とにかく、今はこの猛スピードで飛んで行くモモの助にしがみつくルフィ。 前回も言ったが、「秘密の部屋」で龍になったモモの助がゴミ箱に落ちたという事は…ここから「秘密の部屋」へ行けるという事。 シーザーと三度目の対戦も近いか。

一方、B棟ではメンバーが更に分かれる。 錦えもんとウソップ&ブルックが「海楼石の錠&モモの助探索チーム」に。 錠のほうはロビンに頼まれたと言うが…そのロビンはルフィに頼まれて合流したと言っていたよね? ルフィが錠の探索をロビンに頼むって、なんか変だな。 ローの作戦に関係があるのか? 確かにシーザーをぶっ飛ばしたら、捕まえておく為に海楼石の錠が必要になるとは思うが。 これはルフィが言ったというより、ローの作戦をそのままロビンに伝えたというほうが正しそうだ。

D棟のSAD製造室では…今の所スモーカーがヴェルゴを押している模様。 ローも少し回復したかな? 戦況を見守っている様だが…スモーカーの強さに、さっきは手加減されていたのかと思っている所かもね。 武装硬化すら使われなかった事に対するプライドもあるか。 でも、手加減で敗北してちゃ世話ないんだけど… ※つづく。

| | コメント (0)

2012年10月24日 (水)

アニメ「頭文字D 5st」独占先行放送予定

少し前にもここで語ったアニメ「頭文字D Fifth Stage」。 アニマックスPPVで、11月9日から放送予定だが… その前に、BSアニマックスで第一話を独占先行放送すると言うのだ。 日時は…11月4日(日)20時から。 ……ッ!!? これは…もしかして。 毎月第1日曜日の…無料大開放デーなんじゃないのか!? どうなんだ? …なんて期待もむなしく。 まんまと明記されていたよ。 本作は無料放送対象外だってさ… わざわざ、こんな日を選んでおきながら対象から外すなんて… 「バ〜カ♪」て言われている様で非常に不愉快。 調べずにチャンネル合わせてアレ?みたいな人、多いと思うな…

興味のある方は公式サイトへ
ANIMAX「頭文字D」紹介サイト
詳細が掲載。

| | コメント (0)

2012年10月23日 (火)

「ワンピース」第685話 01

(ネタばれ&長文注意) 「モモの助、せっしゃの名にござる!!」 今回は久々の見開きカラーイラストで、扉絵連載はナシ。 ハロウィンがテーマの様だが、思いっきりスリラーバークと被ってるね。 …まー被せたんだろうけど。 オバケがペローナの"ネガティブ・ホロウ"にしか見えないし…というか、このオバケを「ホロホロの実」で操っていたという事かな?

C棟の地下「ゴミ箱」に落ちたルフィは、しゃべる龍と接触。 その龍は…やはり"モモの助"だったようだ。 ルフィは、彼が錦えもんの捜す息子だとは"まだ"気付いてない様子。 モモの助の説明によると、他の子供達とは違い、なりゆきで密航して今に至ると言う… まだ経緯が読めないね。 密航するまでは父の錦えもんと一緒だったのかな?

その密航の回想シーンでは…モモの助も父と同じく侍道を持ち、「他人の施しなぞ受けぬ!!」と10日間も断食中。 つまり、シーザーのドラッグキャンディも口にしてないから…子供達のなかでは唯一の無中毒者。 そんな彼も…脱走の際、偶然入った「秘密の部屋(ベガパンクの元所長室)」で"人造悪魔の実"を食べてしまう! 人造!? 悪魔の実を作るとは…一体。 シーザーがスライムに使っていた実も人造なのか? てっきり自然の仕組みを利用していたのかと思っていたが… もしかしてシーザーの"ガスガスの実"も人造?

更に続く回想で、シーザー計画の新たな事実が… 子供達の巨大化は、薬物投与の限界を知る実験で…5年後には全員死ぬだろうと予測。 その話をモネも聞いているから…前回予想した「子供に死なれたらモネも困る」という展開はないかな。 いやいや、確かに卑劣ではあるが…なんだか現実における会社の縮図の様にも見えて恐い。 分かり易い例えでは…人気子役ね。 今CMに引っ張りだこでしょ。 限界まで利用した後は、責任持ちませんみたいな。 咲こうが散ろうが、それは本人の問題みたいな… でもさ、こんなに過剰に使い続けたら、嫌でも飽きられると思うよ。 大人達の責任感のなさが、子役の使い捨てを加速させている。 たまに見る事務所のレッスンでも、結局は大人の考える子供像を押し付けているだけだし。 子供達の将来までを見据えたメディア戦略とか考えてないでしょ? そういう意味では、シーザーの考え方とまったく同じだと思う。 だから恐い。 ※つづく。

| | コメント (0)

2012年10月22日 (月)

B-1グランプリ

テレビなどで定期的に報道される町おこしイベント「B-1グランプリ」。 中には本当に美味いものもあるが…結局は好みでしかない。 例えば…今回優勝した青森の「八戸せんべえ汁」。 これ、過去に正規のやつを青森屋台村で食したが…私は全然ダメだったのよ。 じゃあ何故優勝?みたいな疑問もあるけど、どうやらイベントの趣旨は…完全なる町おこし。 町と食の一体感が全てであって、美味しさの一番を決めている訳ではないと言う。 …そうだったのね。 オフィシャルの説明には少し妙な部分もあって、世間で言われている「B級グルメ」とは関係ないとしている。 う〜ん…… それってどうなの? 関係ないと言いながら…「B-1グランプリ」の名称の由来は、B級ご当地グルメを一堂に会して共同PRする場だからだってさ。 利用客にしたら「B級ご当地グルメ」も「B級グルメ」も一緒。 どんな理屈や建前を置いたところで、「B級グルメ」で客を集めている事には変わらない。 そもそも、こんな裏設定を理解して参加している客がどの程度いるのかってこと。 これを知るまでは普通に良いイベントだと思っていただけに、かなり残念。

そう言えば、以前知り合いが「料理人が自分でB級とか言っちゃおしまいだ」と言っていてさ。 私は「B級って食材の事じゃないの?」と返したら…まさかの全力否定。 反論はいくらでもあったが…あまりの剣幕に「A5ランクの肉でB級とは言わんでしょ」程度でやめといた。 だって、「なるほど〜」みたいなキャッチボールを期待していたからさ…… 今回のイベント報道でふと思い出して、少し調べてみたのよ。 私の解釈も間違ってるかもしれないしね。 そしたら…同サイトにB級の解説もあって、特に定義はないが、一般的なイメージで「安くて旨い食べ物」だと言う。 さらに「B級」とは粗悪・低俗という意味ではなく、低予算のことを指すらしい。 wikiでは「贅沢ではなく、安価で日常的に食される庶民的な飲食物」とある。 それらが絶対に正しいとは言わないが… …まー、私の見解はあながち外れてはいないよね? 空気を読めって言われたらそれまでだけど、こと批判に関しては放っておけない質なのよ。

| | コメント (0)

2012年10月21日 (日)

アニメ「ジョジョの奇妙な冒険」第3話

(ネタばれ&長文注意!!) 毎回語るつもりはないが…今回は戦いが中心だったでしょ。 ヤラレ役も多かったから、当然残酷な表現も増える。 でも、これって話の流れでは重要な部分だからさ… 影だらけで、一体何が起こっているのか分かりにくい映像になっていたのよ。 漫画を知っていても「あれ?」な感じだからね。 例えばディオの頭部の銃弾。 撃たれた時はさすがに隠さなかったけど、何故か「治癒しているッ!?」のセリフの時に影で隠すという…謎の演出。 全体のクオリティそのものは問題ないが、腕や体がまっ二つみたいな残酷な部分もジョジョの醍醐味だから…そこを隠されちゃうとなー。 今後はもっと強烈なシーンも沢山出てくるから…ちょっと心配。 アレとかアレとか…どうするんだろ。 もうダニーみたいには誤摩化せないと思うけど。

あと、そう言えば…一気に「DIO誕生」まで消化したね。 前回、5分程度と予想したが…中身をごっそり省いて、1分もなかった。 更に次回は…まさかの「波紋疾走」。 つまり、ここに「奇人ツェペリ」も詰め込むということか。 内容的にはアリだが…ペース早過ぎ。 今回の「ディオとの青春」も、エンディングまで割いて最終回みたいになってたし… せっかくのTVシリーズで、原作も部ごとに完結してんだから。 もうちょっと余裕を持たせても良んじゃないかな。

興味のある方は公式サイトへ
TVアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」公式サイト
詳細が掲載。

| | コメント (0)

2012年10月20日 (土)

「ワンピース」第684話 04

(ネタばれ&長文注意) ※前回のつづき。 ちょっと大胆な予想をしてみようかな。 前回は、モネがシーザーの作戦を邪魔すると言ったが…この部屋とゴミ箱が繋がっているなら、邪魔をする(出来る)のはルフィで間違いない。 なら、モネはどうするか。 まさかとは思うが…超巨大カマクラで生存者を全員「シノクニ」から守る。 なんてね。 まず、自分も「シノクニ」の道連れにされたのと、「子供達に死なれたら困る」のついでで…みんなを助ける理由にはなるかな。 当初から"気まぐれ"が許されそうなキャラでしょ。 結局、シーザーはルフィにぶっ飛ばされ…地獄の様な「シノクニ」から、仲間達も無事生還。 その模様は…闇のブローカー達に中継される。 …あの野郎、またやりやがったぜ!麦わらの一味!! みたいな。 予想しにくいのはSAD製造室でのvsヴェルゴ。 スモーカーはやられると思うが…残ったローはどうなる? D棟は封鎖されてんだよ? 誰の助けも期待できない。 スモーカーが戦っているうちに、SADを使う? いや、使用にはシーザーが必要だって言ってたし… …その前に、心臓を戻しておくべきだろう。 ヴェルゴは見聞色はないみたいだから、ワープで身を隠せば…とりあえず回避は可能。 未だ姿を見せないフランキーが何をしようとしているのかも気になるし。 こうやって色々考えると難しい話だが…少年読者にとっては結果が全てだから、何をやったのかさえ明確ならソレでいいのかも。

| | コメント (0)

「ワンピース」第684話 03

(ネタばれ&長文注意) ※前回のつづき。 現在の研究所内では…いよいよシーザーの作戦が動く。 棟内の生存者を出口のある"R棟"に呼び込み…外気の「シノクニ」を入れ、八方塞がりにすると言う。 ところが…なんとスモーカーやルフィがB棟に戻る前に、C棟もD棟も封鎖。 ある種、安全な棟になった訳だが…「シノクニ」が周囲を覆ったら、出られないね。 問題のB棟では…「シノクニ」から逃げるサンジ&G-5と、ナミ達がビスケットルームでモネと戦闘中。 …当然ビスケットルームにも「シノクニ」は迫ってるんだよね? 果たして、モネはどう出るか。 子供達にドラッグキャンディを与える気なら、「シノクニ」で死なれては困るはず。 おそらく、休戦してナミ達と一緒に子供達を出口へ誘導かな。 そこで、作戦に気付いたモネは…自分をもまとめて殺そうとするシーザーのもとへ。 能力なのか知らないが、モネは棟内を自在に移動できるみたいだから。 外気を入れさせない様に邪魔をするかも。 子供の巨大化は、ジョーカー(ドフラミンゴ)が買い付けている可能性もあるしね。 てか、そうならないとダメだろ。

そして、最後の最後で…新たな衝撃が!? C棟のゴミ箱で、ルフィは喋るドラゴンと遭遇。 ブルックと錦えもんがボコボコにした"ミニドラゴン"とはまったく異なるタイプ。 「何だ?お前!」 「そ……そちこそ何者にござるか!!」 ッ!!? これは、もう奴で確定だろ。 錦えもんが探しているという息子。 モモノスケね。 そうかー…戦桃丸じゃなかったか。 こうなると、脱出は"ゴムゴムのUFO"ではなく…モモノスケに掴まって飛んで行くのかなー。 でも、じゃあこのドラゴン(モモノスケ)は何故こんな所に? 飛べるなら、ゴミ箱の底にいるのはおかしい。 …もしかして飛べない? て事は…やっぱり"ゴムゴムのUFO"で脱出か。 もし、ドラゴンが「飛べない」と言うなら…彼も背負って脱出するだろう。 そう言えば、確かこのドラゴンって…「秘密の部屋」でモモノスケが変身して消えたと言っていたでしょ。 この「秘密の部屋」とは…今まさにシーザーが作戦を実行している"元ベガパンクの所長室"だ。 ここでモモノスケが消えて、ゴミ箱にいるという事は… ルフィのいるゴミ箱から、シーザーのいる部屋に繋がっているという事になる。 ※もう少しだけつづく。

| | コメント (0)

2012年10月19日 (金)

「ワンピース」第684話 02

(ネタばれ&長文注意) ※前回のつづき。 ルフィから逃走したシーザーは…R棟2階にある「秘密の部屋」で状況を目視。 私はSAD製造室が「秘密の部屋」かと思っていたが…どうやらここはベガパンクの元所長室らしい。 全体を把握するシーザーは、C棟(研究室のゴミ箱に落ちたルフィ)とD棟(製造室で戦闘中のスモーカー&ロー)のゲート封鎖を指示。 生存者をR棟に集め、シノクニで一網打尽にする所を闇のブローカー達に公開すると言う。 この奇行に疑いを持ち始める部下達。 彼らを騙す為に言った台詞が…タイトルの「やめるんだベガパンク」だったのね。 つまり、4年前に自分で起こした事故をベガパンクのせいにしたという事。 涙を流し、世界平和を訴えたシーザーは…結局"救いの神"と称えられる。

時は遡り… シーザーの過去で明らかになったのは…彼の野望。 常に自分の上にいるベガパンクが許せないシーザーは、"ベガパンクが出来ない事"をすることで実力を示そうとする。 この辺は、物語の端々でシーザー自身が断片的に語っていた事だが…実際は彼の暴走で、ほとんどの研究員は猛烈に反対。 しかし、反対されるほど過剰な理屈で反論。 必然的に、非道な研究が中心になっていく。 人体の巨大化も、ベガパンクが失敗している事に対する単なる当てつけ。 だから、子供を誘拐してドラッグキャンディで強制的に巨大化させていたのか… 冷静に考えれば、ベガパンクは出来ないのではなく「やらない」だけなのに。 少し気になったのは…科学班にいた頃から、角や衣裳が今とほぼ同じなのね。 ついでに、影だけだが…ベガパンクが初登場。 髭らしきモノがあるね。 やはり老人? ※つづく。

| | コメント (0)

2012年10月18日 (木)

マスコレGC 5 しらほし姫

バンダイの箱玩「マスコレGREATDEEP COLLECTION 5」。 しらほし姫。 気がつけば、意外と多く立体化されている彼女だが… 顔だけの出来で言えば、P.O.P.の次くらいかな。 以前も言ったけど、目の光沢さえ入れば…ほかは何も問題なし。 次の第6弾は12月の予定みたいだけど、来年になるだろうね。 ラインナップは、ドフラミンゴ,ビビ,新世界編からゾロ,ウソップ,ブルック,ペローナ。 シークレットはたぶんエネル。 BOXは6コ入りだから、毎度箱買いではコンプ不可。 今回は、ボニーとボン・クレーが未入手。


Dscf120729_081
「マスコレGC 5」しらほし姫。目の光沢があれば問題なし。

Dscf120729_082
正面と側面。髪の毛の量がスゴいから、重さで分かるかも。

-----

| | コメント (0)

2012年10月17日 (水)

サッカー親善試合 vsブラジル

0-4で日本の大敗。 結果が出てから言ってもしょうがないが…確実に負けるとは思っていた。 理由は、直前のフランス戦。 0-1で日本が勝ってるでしょ。 この時点でまずブラジルの油断は消えるよね。 更に母国のサポーターからは、近年の成績に対する不満がぶつけられている。 いよいよW杯チャンピオンを取らないと…という危機感はどの国よりも高いだろう。 だからと言って、頑張って強くなれるわけではないが… やっぱり覚悟の問題。 日本との決定的な違いは…ファウルの笛を待たない。 期待しない。 どんな状況でもボールから目を離さない。 分かり易いのはゴールエリア内での接触ね。 まだ自力ゴールのチャンスが残っているのに、すぐ手を上げてファウルアピール。 バカか? それの繰り返しで、ゴールの可能性を何度も失っている。 ここまでは、日本全体の問題だが…最初の2失点はあの6番の責任。 シャルケのU選手よ。 海外での活躍は詳しく知らんが、代表としての彼が大きな仕事をしてるのを見たことがない… 史上最低だった頃の日本を彷彿とさせる「献上パス」とか久々に見た…… 案の定、後半のスタートから替えてたけど。 結局、早々に追加点を奪われていたね… ザッケローニ監督も、こういう時に宮市亮選手の成長の事を考えてもらいたいんだけどな。 終了間際に何をやれというのか… あと、試合とは関係ないが、またフジテレビの煽りがさ… 日本の強さを思い知らせてやれ!!って。 どれだけサッカーを知らないヤツが文章考えてんだ… 終了後「ブラジルの強さを思い知らされました」だってよ……… ただ、この大敗はさすがにダメだと思う。 負けるとしても2-3くらい善戦するかと思ったけど…… もっとちゃんとやれる力はあるのに…残念過ぎる。

| | コメント (0)

2012年10月16日 (火)

「ワンピース」第684話 01

(ネタばれ&長文注意) 「やめるんだベガパンク」 このタイトルは穏やかじゃないが…まずは扉連載。 火あぶり真っ最中のカリブーを助けに現れたコリブーだが…どうやら無策の様だ。 准将に一撃入れているが、この感じでは兄助の救出は無理かな? ほかのG-5メンバーも、乗り込みを楽しんでいるみたいだし… おそらくカリブーと同じ刑に処されるだろう。 ここで、ジョーカーのスパイに助けられるかもね。

D棟のSAD製造室では、ヴェルゴとスモーカーが衝突。 麦わらの一味とあまり関係のない戦闘はほとんど描かれないと思ったが、ちゃんと描かれたね。 サンジの足をも砕く、ヴェルゴの蹴りを…なんと蹴りで受けるスモーカー。 更に武装硬化による鉄拳を初披露! さすがのヴェルゴも、ダメージを負った様子。 とは言え…彼もスモーカーの強さを知ったうえで「始末する」と言っている。 実力的には圧倒しているのだろう。 その強さの正体が分かった時、スモーカーの未来も見えて来るのかも…

B棟を移動中のG-5達。 サンジも一緒だが、ヴェルゴとの格闘により…すっかりG-5のヒーローに。 たしぎの「馴れ合わないで!!!」に、毎度目がハートのサンジ。 「"海賊"は自由なんだぜ♡」 さりげなく「ヨホホ」とブルックみたいな声が出てるのも笑える。 しかし…そんな雰囲気も、外壁の破損で一変。 シノクニが再び内部へ! 「たしぎちゃん!!前を走れ!!迷えば命取りになる!!絶対に道を間違えるなよ!!」 これは、もちろん緊急回避の為の指示だが…彼女の人生を諭している様にも聞こえる。 つまり、スモーカーの死。 やっぱり避けられないのかなー… 頼むから生きてくれ。 ※つづく。

| | コメント (0)

2012年10月15日 (月)

マスコレGC 5 ドレーク

バンダイの箱玩「マスコレGREATDEEP COLLECTION 5」。 超新星のひとりドレーク。 彼らは2年後の現在、「最悪の世代」と呼ばれているが…ドレーク自体はまだ未登場。 元海軍で、悪魔の実でも珍しい古代種モデル"ティラノサウル"の能力者。 これと言った活躍も描かれていなし、人物像も謎。 マスコレは、2年前の姿。 キッドやアプーなど、少しずつ2年後の世界でも動きつつあるから…ドレークもそろそろ出てくるかも。


Dscf120729_097
「マスコレGC 5」ドレーク。格好は良いが…活躍はなし。

Dscf120729_099
正面と側面。立体で見ても帽子の形がよく分からん。

-----

| | コメント (0)

2012年10月14日 (日)

アニメ「ジョジョの奇妙な冒険」第2話

(ネタばれ&長文注意!!) 前回だいぶ語ったんだけど。 今回の第2話も色々とスゴいね… まず、なんと言ってもオープニングよ。 アノ形はまったく想像出来なかったな。 エンディングが超クールでしょ。 それに合わせるかと思っていたが…まさかのヒーローソング。 ノリは激しいけどね。 ちゃんと作品の世界が歌詞になっている。 深夜枠ではかなり珍しいほう(電波ソングは別)だ。 作曲は田中公平氏。 ポップなアニソンを書く事で有名な作曲家だが、これはいい仕事をしたな… 絵も原作・CG・本編をゴチャ混ぜに、気迫の伝わる構成で素晴らしい。 ただ、OPって本編の世界を表現する役割もあるでしょ。 このOPだと、本編もこんな感じだと誤解されそうでさ… その落差によって、本編の評価が下がってしまうのは避けたいところ。 もうひとつ、OP冒頭で連続する歴代ジョジョのラッシュ。 確認すると…第六部の徐倫からジョルノ,仗助,承太郎,ジョセフと、全員出てんだよね。 これはさ…第六部までやるよっていう意思表示とも取れる。 まったく予定にない要素を入れるのは、視聴者の混乱を招くからね。

本編では…前回の量を上回る、原作の約5話分を一気に消化! それでいて原作に忠実だから、密度の濃さが尋常ではない。 落ち着く暇がない。 作画を批判する声も聞くが…原作の第一部や二部って、キャラの顔がどんどん変わっていくからさ。 これは長期漫画によくある事だが…前期と後期では別人なんてザラでしょ。 アニメの様に短期間で大量の話数を消費していく場合、へたをすると…2・3話で別人になる危険性もある。 それがジョジョだ。 7年後の青年期ですでに原作でも「え?」と目を疑うほどの変貌ぶり。 更に話が大きくなるにつれ…ペンの線も増え、凛々しい顔へと変わっていく。 漫画でコレでは、アニメなんて物語が繋がらないかもしれない… ここで重要になるのが…全体のキャラクター像を、どの時期に合わせるかだろう。 確かに「今」のジョナサンは原作とあまりにも違い過ぎるが…目や表情は後期そのもの。 他のキャラ達も三部や四部あたりに照準を合わせている様に感じる。 そりゃ原作の絵と違っていて当然。 個人的には、むしろアニメのほうをオリジナルジョジョだと思って視聴したほうが楽だと思う。 ちなみに、各話のタイトルもほぼ原作通り。 次回は「ディオとの青春」。 たぶんまるまる収めるはず。 バトルが多いから、ほとんど削らずにイケるかもね。 順調なら次は「奇人ツェペリ」。 量的に「DIO誕生」は5分程度で消化できそうだから。

エンディングのイラストは誰が描いているのだろうか? 一番良く描けているよね。 この挿絵達は、どうやら毎回本編にちなんだ人物が描かれているようだが…どこかで披露して欲しいな。

興味のある方は公式サイトへ
TVアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」公式サイト
詳細が掲載。


Dscf121013_068
スピードワゴンとの対決。時々各人物が「色」で統一される描写があるが…どうやら、ジョースター側は緑・青系、ディオ側は赤・紫系に染められるようだ。分かり易いけどね。

Dscf121013_070
相変わらず脇役のクオリティが凄い… 口をビンで殴られぐちゃぐちゃになる場面もそうだが、影で隠す部分はグロ過ぎに対する自主規制でしょ? DVDやBDで影取るのかな?

Dscf121013_073
…原作オリジナルよりもディオ過ぎるんだけど。完全に第三部を視野に入れてるとしか思えない顔だ。

Dscf121013_075
ED用に描かれた登場人物の挿絵たち。本当にいい絵だ。

Dscf121013_079
ちなみに、これが1話目の挿絵。ジョージの色が若々しいという芸の細かさ。毎回違うならEDも目が離せないな…


-----

| | コメント (0)

2012年10月13日 (土)

「ワンピース」第683話 02

(ネタばれ&長文注意) ※前回のつづき。 そして、問題のSAD製造室。 ローが何かやる前に、ヴェルゴは追いついてしまったようだ。 すでにボロボロのロー… "シャンブルズ"で心臓を戻すが、妙な移動技で瞬時に奪い返される。 …戻れって言ってんだから、手じゃなく自分の心臓に直接戻せばいいのに。 結局、ヴェルゴに心臓を強く握られ…動けない所を武装硬化で鉄拳コンボ。 "カウンターショック"を喰らわすも…「…効かねェか……!!!」と、何か秘密を知っている様子。 電撃っぽいから、もしサイボーグなら効きそうなんだけど。 違うのか?

取り込み中のなか、いよいよスモーカーも参戦。 ローと戦った時とは明らかに「覚悟」が違う。 もしかしたら、ローが知っているヴェルゴの秘密を…スモーカーも多少は知っているのかも。 麦わらの一味以外の戦闘を詳細に描くことってほとんどないからなー。 見たい気持ちはあるけど、ルフィや子供達の話を追っているうちに決着してしまう可能性が大。 スモーカー死ぬのかな… やめて欲しいな… でも、彼のせいでたしぎが強くなれないってのもあるかも… そう言えば、スモーカーのG-5転属を承諾したのは…青雉ことクザンだったよね? 海軍をやめたとは言え、そのスモーカーがピンチならば…なんらかの理由で現れるかも。 次の映画でも登場するし。 そもそも、クザンはロビンの未来も気に留めている。 シーザーの「シノクニ実験」も闇ルートで公開されたし、そこに麦わらの一味も映った。 行方を消しているクザンが、パンクハザードの状況を知る機会は一応ある。 ちょっと先読みし過ぎか… 近いところでは、フランキーとシーザーの動向が気になる。 サンジは…やはりたしぎ達としばらく行動を共にするようだ。 と言っても、目的は子供達の保護だから…すぐにナミ達と合流するかな。

| | コメント (0)

マスコレGC 5 センゴク

バンダイの箱玩「マスコレGREATDEEP COLLECTION 5」。 海軍元元帥センゴク。 立体化は少ないが、他と比較すれば当然出来は良い。 表情もいいね。 新世界編では現役を退いているが、海軍に関わる仕事をしているはず。 登場はまだだけど、海軍のなかでも数少ない「良心回路」を持つ人物だからね。 ルフィ達とどんな形で再会するのか楽しみだ。


Dscf120729_101
「マスコレGC 5」海軍元元帥センゴク。いい表情をしてる。

Dscf120729_103
正面と側面。意外と難しい顔だと思うが、よく出来ている。

-----

| | コメント (0)

2012年10月12日 (金)

「ワンピース」第683話 01

(ネタばれ&長文注意) 「氷の様な女」 扉連載。 コリブー来ちゃったね。 ジンベエの事だから上手く撒いたと思ったんだけど… 准将は名前の通り、さっそくやり過ぎているようだし。 漫画的に考えれば、コリブーが兄助をあっという間に救出かな。 でも海軍のG-5だって新世界の入口を任されているわけだからさ… たかだか2億程度のルーキーに苦戦するはずもないのだが……

シーザーの研究室では、ルフィとモネが軽く戦闘中。 モネの技から脱出する為に、床を破壊するが…落下した先は地中深くの"ゴミ箱"。 「空でも飛べない限り上がって来れない」と、妙に説明口調のモネ。 そう。 ルフィは空を飛べるのだ。 なるほど。 「ゴムゴムのUFO」は、この為の伏線か。

一方、ビスケットルーム前で子供達と乱闘中のチョッパー。 薬を飲ませようとしているのかと思ったら、ドラッグキャンディを渡さない様に通せんぼしていたのか。 ナミ達も合流し、すかさずロビンも"巨大樹"で道を塞ぐが…巨大な手を滅多打ちにし、キャンディのもとへ。 ロビンならもう少し頭のいい塞ぎ方が出来そうなんだけど。 子供を甘く見たか。 唯一正常な子供モチャがキャンディを守っているが…一斉に襲いかかる子供達。 大ピンチに現れたのは…ルフィを閉じ込めたモネ! しかし、モチャは味方だと勘違いしている様子。 一応、麦わらの一味もいるから…そんなに心配はいらないと思うが。 能力的に、キャラかぶりのロビンが有効かな? 今のところモネを敵だと認識できるのは…チョッパーとロビンだけかも。 ロビンはルフィ達と捕まった時に、モネも見ているはずだから。 ※つづく

| | コメント (0)

勇者ヨシヒコが…

テレ東で始まるアノ伝説のギャグドラマ「勇者ヨシヒコ」。 シーズン2という事で、制作発表以来ずーっと楽しみにしていたのだが… なんと、時間帯がアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」とまるかぶり!!? 更にまさかのTOKYO MXとBS11の両方にぶつかるという…嫌がらせの様なセッティング。 ヨシヒコとジョジョ、どっちも観たい人…多いと思うなー。

興味のある方は公式サイトへ
勇者ヨシヒコと悪霊の鍵
詳細が掲載。

| | コメント (0)

2012年10月11日 (木)

3DS「ブレイブリーデフォルト」体験版03

実は、あのあともチマチマと続けていたのだが… なんと製品版の発売日でもある本日、体験版をクリアした。 少しネタバレになるが、オアシスに現れたドラゴンを討伐する事でゲームは終了する。 私のレベルは16だったかな? 圧勝したくて結構上げたつもりだが… 大苦戦。 たぶん色々準備すれば、もっと楽に勝てると思う。 倒した後は、引き継ぎの説明。 すれちがい通信で集めた人材は20人まで製品版へ持って行けるらしい。 最後まで悪くはなかったが…気になったのは、ジョブチェンジ。 体験版はすぐにマスターになるから、色んなジョブを試せたけど…反面、役割を固定できずに「戦士→白魔法」の道を全員が通る。 たぶん、製品版はマスターまでの道のりが長いと思うから…レベルがある程度まで上がると、しばらくは固定せざるを得ないだろうね。 ただ、体験版としては十分遊べるボリューム。 有料のダウンロードゲームを鼻で笑ってしまうほどだ。 3DSを持っているなら、試して損はない。 無料だからね。

| | コメント (0)

2012年10月10日 (水)

マスコレGC 5 モリア

バンダイの箱玩「マスコレGREATDEEP COLLECTION 5」。 元王下七武海モリア。 彼は色々と人間離れしているから、似ているのかどうか…よく分からん。 正直、一番いらないキャラだし。 2年後の新世界編ではどうなってんだろ。 ドフラミンゴの話では死んだ事になってるけど。 一方では目撃証言もあるらしい… いや、だからもう出なくていいから。

Dscf120729_105

「マスコレGC 5」元王下七武海モリア。似てるのか分からん。

Dscf120729_106

正面と側面。良く出来ているんだろうけど、キャラが嫌い。

-----

| | コメント (0)

2012年10月 9日 (火)

テニスのツアーで日本人初優勝!

テニスの錦織圭選手が遂にやってくれたね。 五輪の時は中継があったのに、それよりも大事な日本人のツアー決勝戦進出。 NHKあたりが急きょ枠を作るかと思ったんだけど… 結局スポーツニュースで「優勝」を知る。 観たかったな〜… 中継しろってー。 結果の出ないゴルフのアノ人ばかり追ってる場合じゃないだろうに… 錦織選手は近いうちに優勝するって、ここでもずーーっと言ってたんだから。 レスリングの吉田選手もそうだし…本当に凄い選手達の扱いが悪過ぎる! 特にテレビ局。 しっかりしてくれ。

| | コメント (0)

ネットの犯行予告偽造

(※長文注意) 最近連続して誤認逮捕があった様だ。 ネット上で書き込まれた「犯行予告」からIPアドレスを辿って発信元を確定するという、極めてオーソドックスな捜査でPC所有者を逮捕。 のちに、第三者による「乗っ取り」の可能性が高いという事で…釈放。 乗っ取り方のひとつに「遠隔操作」という方法があると言うのだが… コレはさー… かなり昔から言われているのになー… そもそもIPアドレスから犯人を割り出そうという知識がありながら、偽造の可能性を無視するとは…… 多くの報道では、予防法として「知らないファイルを開かない事」と注意していたが…それは無理だって。 知っているファイルに偽造する事も出来るんだから。 自衛としてやれるのは…せいぜい妙なファイルに気をつける程度。 特に危険なのは「exe」の拡張子ね。 Macは基本的に開けない(そもそも中身が対応してない)から、致命的な被害は少ないが… Winは危ない。 これも昔から言われている。 セキュリティソフトを入れるべきとも言っていたが…問題はOSのバージョンアップ。 半年から1年程度で、次々と新しくなるから…その度にセキュリティソフトも買い替えないといけない。 Winの状況は詳しく知らないけど、おそらくバージョンアップ版も有料だろう。 インターネットの普及率から言っても、初心者がこれに対応していくのは無茶だ。 ならば、最悪「遠隔操作」のウイルスに感染していても犯行を避けられる方法を示すべきだと思う。 誰でも出来る簡単な対処法がひとつだけある。 それは…使う時だけ電源を入れる。 それだけ。 スリープは厳禁。 少し席を外す場合でも電源を切る。 「遠隔操作」はネットワークを通さないと出来ないから。 ネット接続が切れれば、手出しは不可能。 おそらく犯人は、遠隔ターゲットのPC画面が動いてない事を確認してから遠隔操作に及んでいるはず。 例えば、「犯行予告」なんて予め文章と書き込むサイトを準備しておけば…大げさでなく数十秒間の乗っ取りで完了する。 一応、そういう卑劣な犯罪を防ぐ為に…危険なファイルをアップしているサイトへの警告や捜査も常に行われている。 つまり、面白そうだからやってみようで出来るほど容易ではなく…犯人は相当なリスクを負っているとも言える。 このことから、愉快犯の可能性は低いと思うんだけど… どんな理由があっても、人のせいにしちゃダメよ。

| | コメント (0)

2012年10月 8日 (月)

マスコレGC 5 チョッパー

バンダイの箱玩「マスコレGREATDEEP COLLECTION 5」。 チョッパー(新世界版)。 彼の頭部は体よりデカいから、ほぼ前身みたいなもの。 更に、顔の作りも複雑ではない為…多くのフィギュアと大差ない。 気になるとしたら…青い帽子の左側に垂れ下がる金具。 中央が開いてないね。 こういう所をちゃんと開けるメーカーが支持されると、業界の意識も変わっていくんだけど…

Dscf120729_093_2

「マスコレGC 5」チョッパー(新世界版)。エッジが甘い。

Dscf120729_094

正面と側面。他と比べても普通かな。金具の穴は開けて。

-----

| | コメント (0)

2012年10月 7日 (日)

アニメ「ジョジョの奇妙な冒険」第1話

評価:★★★★★★★★★★

(ネタばれ&長文注意!!) 久々に評価してみた。 酷評する気満々だったが…私の考える「こうして欲しい」が余す所なく表現されていたからさ。 まず、なにより心配だったのは…原作漫画のスタートから数話に渡る「どこに向かっている?」感。 執拗にジョナサンを苦しめるディオ。 ジョースター家を乗っ取るとは言っているが、連載ではひたすら精神的に追い込む展開が続くのよ。 毎回「不愉快さ」しか残らないから、たぶん当時リアルタイムに読んでいた人は…どこに面白さがあるのか? と首をかしげた人も多かったと思う。 だいぶ時が経ち、人づてに第三部が面白いという事で…改めてジョジョの世界を覗いたのは、連載で第五部が佳境に入る頃。 確かに第三部は、第一部の序盤で見た不愉快さもなく…「母を救う為にディオを倒す」という明確な目的のおかげで楽しむ事ができた。 ここで新たな疑問が1つ。 第一部が「あんな感じ」だったのに、何故こんなにもシリーズが続いているのか? "あんな"と言っても、最初の数話しか読んでいない。 じゃあ、その後に劇的な変化でもあったのか? という事で、頑張って第一部を全部読む。 ダニーが焼かれたところで私の第一部は終わっていた訳だが… …このあとにちょうど劇的な変化があるでしょ。 幼かった私には待てなかったようだ。

今回のアニメ化で、もし原作通りなら…数回に渡り「どこに向かっている?」感を視聴者に与えかねないなー、なんて。 しかし、そんな不安は意外な形で払拭された。 なんと、その問題の「少年期」を第一話で"全部"やってしまったのだ。 しかも、ほぼ原作に忠実に。 「これをカットしたらジョジョじゃない」みたいな箇所もなく、要所を的確に抑えた見事な編集。 むしろ、原作よりジョジョらしさが出ていると言ってもいい。 全体的に漂う空気感とか、色彩とか、キャラデザとか、擬音の文字とか。 第四部以降までを視野に入れているかの様な再現力。 特に擬音は、それを具現化するスタンド使いとか登場するし。 長期的なスパンで見れば、擬音は逆に入れておくべきだろう。 正直、今は少し違和感あるけどね… とにかく、不快なままで終わらなくて良かったよ。 声も全員素晴らしい。 脇役の存在感も異常だし、初めて満点の上を付けたいと思った最良作。 支持率が高ければ以降の部も継続という事らしいが、これで低かったらもうお手上げだろう… このクオリティなら個人的に今イチだった第六部も楽しめそうな気がする。 最低でも第五部まではやって欲しい。

興味のある方は公式サイトへ

TVアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」公式サイト

詳細が掲載。

Dscf1006_056

ジョナサンとディオの初対面。近寄る犬(ダニー)を渾身の力で蹴り上げるディオに、擬音の文字が。本当に原作そのまま。

Dscf1006_092

ボクシングでジョナサンの目に親指を入れるディオ。

仲間はずれのジョナサンを蔑む少年たち。

どちらも、原作よりジョジョらしさが出ていて笑う。

Dscf1006_171

エリナに対する侮辱を許せないジョナサン。遂にディオと正面衝突。二人ともいい表情だと思う。

Dscf1006_202

喧嘩のあと、ディオは腹いせにダニーを焼却炉へ! この場面をカットしなかった事に、作品にかけるスタッフの覚悟を見る。

-----

| | コメント (0)

2012年10月 5日 (金)

ジョジョアニメまもなく

公式サイトで少しずつ解禁されてきたアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」。 最初に公開されたキービジュアルでは、どうなることかと心配だったが… 途中で差し替えられたモノと、本編PVで一安心。 「今風」と揶揄される声も聞くけど、私は逆に今っぽく感じなくて好感が持てたのよ。 つまり改悪。 原作の世界をブチ壊し、監督や脚本家が己の力量を知らしめる為の道具にしてしまうケースを多々目にする…… もちろん実際の放送を観るまではなんとも言えないが、PVだけで判断するなら原作の雰囲気を大事にしようとする姿勢は感じられた。 だから私には「今っぽく」は見えなかったのよ。 何を「今風」と感じるかは人それぞれだから、そう思う人を否定する気もないけど。 一方で、よくジョジョに欠かせない要素として…独特のポージングやセリフなどを挙げるファンも多いでしょ。 確かにソレも"面白さ"のひとつではあるが…私の考えるジョジョの最大の魅力は「戦い方」に尽きる。 例えば、ポージングもセリフも…3部から登場するスタンドや癖のあるキャラ達も、すべてはこの「戦い方」によって魅力が生まれるのだ。 なぜココが魅力なのかと言うと、ほかにないから。 アクション映画でもよくあるラスボスとのバトル。 決着の付け方は例外無く「ご都合主義」。 酷いモノになると…たまたまや偶然といったラッキーによる勝利も多い。 あとは強引にパワーで上回る…みたいなね。 こんなのダレない訳がない。 そこだけはドラゴンボールやワンピースにも当てはまってしまう… ところが、このジョジョの場合は…極端に言うと、第1部の第1話から現在の連載まで、ずーーっとラスボス戦が続いている様なもの。 殴ったり必殺技を出した程度で終了するバトルは1つもない。 まー、演出上「一撃KO」の相手もいるが…重要なのは、そこに至るまでのプロセス。 この相手にジョジョはどうやって戦うのか? もっと言うと…そこに興味が持てるかどうかだ。 特に1部や2部の絶体絶命感は、ダレがちな戦闘を見事に緊張感のある"物語"へと昇華させている。 必然的に、アニメに求める要素は…この「戦い方」の表現になる。 未だに不安なのは…少年誌とは思えないほどの残酷なシーンを、アニメではどうするのかって事。 深夜枠だから基本的には変えないと思うが…腕や首がちょん切れるなんてザラだからさ。 仲間の死も安易に甦らしたりしないし。 だからこそ、ジョジョの戦いに興味が持てるとも言える。 厳しい目で観ることになるとは思うが、近年にないほど期待もしている。

興味のある方は公式サイトへ

TVアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」公式サイト

詳細が掲載。

| | コメント (2)

2012年10月 4日 (木)

マスコレGC 5 フランキー

バンダイの箱玩「マスコレGREATDEEP COLLECTION 5」。 フランキー(新世界版)。 この2年後のフランキーは立体化が難しいのか、顔の出来があまりよろしくないモノが多い。 マスコレも頑張ってはいるが、坊主より戦闘時の髪型のほうがフランキーには合っていると思う。

Dscf120729_085
「マスコレGC 5」フランキー(新世界版)。悪くはない。

Dscf120729_086
正面と側面。出来が悪いというより、戦闘時の髪型が良い。

-----

| | コメント (0)

2012年10月 3日 (水)

ココログが便利に!?

現在、このブログはniftyが提供する「ココログ」を利用させてもらっているのだが… つい先日、記事などの編集画面で仕様が変更されたとの告知があったのよ。 よく読まずに、いつもの様に記事をアップすると… なんとテキストに付けていた「色」がそのまま掲載に反映されてしまった。 すぐに直したので、目にした人は少ないと思うが。 一瞬「勝手にリンクが貼られているぞッ!?」と思って、何度も色の着いた部分をクリック。 自分で着けたのに、気付かないもんだね。 私の場合、記事をアップする前に一度テキストファイルで文章を打つのよ。 その際、何度も手直しが入るから…大事な箇所には「色」を着ける。 これまでは、そのまま投稿すると色情報がカットされていたのだが… まさかテキストファイルで指定した色が活かされるとは… HTMLを使う必要がないのは便利。 分かっていれば、文字を少し薄くしたり(こんな感じ)とか、色々遊べるかも。

※追記

画像やリンクを貼る場合、これまでのやり方だと出来ない事が発覚… 新しくなるのは良いが、やれた事が出来なくなるのは厳しい。 これはあらゆる「バージョンアップ」の類いに共通して言えること。 残念。

※追記 2012.10.10

さっそく対処法がアップされた。 どうやら、新しくなった編集画面は「リッチテキストモード」になっているようだ。 これを、以前のモードに戻せばいいと言う。 やり方は、記事作成画面に追加された「この編集画面の表示設定を変更する」から、「プレーンテキスト」を選んで保存。 これで、以前と同じ状態で編集できるようになる。 …しかし、新しいほうに慣れようとしていた所だったからな。 なんだか複雑。

| | コメント (0)

「ワンピース」第682話 04

(ネタばれ注意) ※前回のつづき。 B棟内の序盤で未だミニドラゴンに手こずっている茶ひげバス組。 余裕ながら、一味達が技を披露。 侍への自己紹介? 連続する怒濤の攻撃に、反撃の間もなくミニドラゴンはダウン。 と同時に、モンスター化しているチョッパーを発見!? なにやら巨大な子供達と乱闘中? 薬を飲ませるのに苦労しているようだ… ロビンの目的がチョッパー救出なら、ここで活躍が見られるかも。

そして…最後にとんでもない事実が!? B棟の2階にある「検査室」で女の子が妙な質問をする。 「あの子どこへ行ったの?」「入っちゃいけない"秘密の部屋"へ入って…」「小さい竜に変身しちゃった"モモノスケ"って子……!!」 それは、さっき錦えもんとブルックが退治したミニドラゴンの事か? 錦えもんは自分の息子を自らの手でやっつけてしまったのか? さらに、"秘密の部屋"とはSAD製造室? モモノスケは「何かを掛け合わせて」ミニドラゴンになってしまったのか? このモモノスケも、戦桃丸だと思っていたからさ… せっかく全貌が明かされたかと思ったら…増々深まる新たな謎。 分からない事だらけのまま…次号また休載!!

| | コメント (0)

2012年10月 2日 (火)

オスプレイ普天間へ

連日騒がれているアメリカの輸送機「オスプレイ」。 報道などでは同機の「安全性」に焦点が向いてるようだが… 一体誰が安全を求めているのだろうか? 政府や報道が勝手に「安全性」に終始しているだけの様に見えるんだけど。 そりゃ危険度が低いに越した事は無いが、どんな乗り物も「操縦者」の力量で大きく差は出るでしょ。 普天間に配備された機体だって訓練が中心になるはず。 当然、訓練に事故は付きもの。 その時に、アメリカはなんて言うだろうか? 「操縦者の問題で機体に問題はない」と説明するのは明らかだ。 非常にバカげた見解。 あらゆる乗り物の事故は…基本的に操縦ミス。 乗り物に問題がないから良いという話ではない。 つまり、安全性よりも…事故が発生した場合の処理や責任の所在を問う「権限」を日本が保有する事のほうがよっぽど重要。 事故は絶対に起こる。 車も電車も船も、どんなに安全だと言った所で…人為的ミスを避ける事は不可能なんだから。 「新たな機体を導入する場合に限り」という理由を建前に、日本が権限を持つきっかけにしたらいい。

| | コメント (2)

2012年10月 1日 (月)

マスコレGC 5 ロビン

バンダイの箱玩「マスコレGREATDEEP COLLECTION 5」。 ロビン(新世界版)。 今回の出来もかなり良い。 現状では他を圧倒している。 フィギュアに求める要素を全部クリアしているのは、このシリーズだけだ。 成型色なしのフル彩色や、目の造形、基本素材の統一など。 ただ、ここまで見事にやられると欲も出てしまう… それは目の光沢。 せっかく造形しているのだから、これに眼球のリアルな輝きが加われば言う事なしかな。

Dscf120729_089
「マスコレGC 5」ロビン(新世界版)。造形も彩色も良い。

Dscf120729_090
正面と側面。どこから見ても崩れないバランス。スゴい。

-----

| | コメント (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »