« 「ワンピース」第681話 01 | トップページ | 3DS「ブレイブリーデフォルト」体験版01 »

2012年9月19日 (水)

ヨネックスオープンに中国不参加

バドミントンではお馴染みの世界大会「ヨネックスオープン」。 毎回代々木の体育館で開催されているのだが… 常に最強と言われている中国が…全選手不参加という、再びアホな行動に出た。 先日のWBCの様な「不当な利益分配」という理由とは180度違い…… 「日本に派遣できないから」という一方的で身勝手な理由。 それは中国が双方の「今」を正確に報道してないからでしょ? 暴動を起こしている中国側は、当然日本でも同様の事態が発生していると勘違いしているんじゃないのか? 日本に来た中国選手団が危険にさらされる事は絶対にない。 情勢を問題にするなら尚更だ。 より強固な警備で守られるだろう。 まー、異常な報道規制が事実なら…日本になんか行きたくないと本気で拒否する選手もいるんだろうけど。

 それと同時に気になったのは…日本の報道。 媒体によって中国の表現が異なるのよ。 よく目にするのは、資料館などで日本兵の大量虐殺を子供達に伝えているという反日教育。 しかし、今の中国の学校では…日本を大切なパートナーとして位置付ける教材のほうが圧倒的に占めている。 事実、子供達に限っては日本に憧れすら抱いている事のほうが多い。 ここだけは韓国も見習ってもらいたいものだ。 そんな無垢な心を歪めてしまうのが…数年ごとに発生する暴動。 愛国無罪という日本の報道は正しいだろう。 しかし、暴動に参加している中国市民の多くは…日本をターゲットにすればストレスを発散できる程度の「信念なき暴動」にしか思えない。 あれは反日教育なんて立派なものではなく…生活への不満をぶつけるのに、ちょうどいいマトを見つけただけだ。 だって中国は日本ブランド大好き民族だから。 嫌いだったらコピーなんてしないでしょ。 不買運動を訴えているのも、カメラを前に高揚しちゃってるのかもね… 何かに対して拳を振り上げていれば、英雄になったかの様な錯覚に陥るものだし。 それが愛国無罪で許されてしまうなら…傷害に走るのも無理はない。 つまり、犯罪行為を止められない中国政府の弱さが最大の原因。 だからと言って、そのまま中国のせいにしていたら…日本も同じ穴の狢。 この状況においても、代表選で不毛な討論を優先している民主党や自民党… そんな事より、中国で被害を受けている日本人や企業を早く救ってやってくれ。

|

« 「ワンピース」第681話 01 | トップページ | 3DS「ブレイブリーデフォルト」体験版01 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ワンピース」第681話 01 | トップページ | 3DS「ブレイブリーデフォルト」体験版01 »