« 電子書籍 | トップページ | 無料放送開始 »

2012年7月 6日 (金)

アニメ「TARI TARI」

評価:★★★★★★★★★☆
先日、今回の新作タイトルは全部スルーかもと言ったが… 意外な所から個人的なヒットを見つけた。 それは「TARI TARI」。 はっきり言って、メインビジュアルでは気にも止めなかった作品。 実のない萠絵のおバカゆる系は大嫌いだから。 そういうのって大体女子だけとか男子だけの集まりで構成されるでしょ。 男女比のバランスが極端に偏った作品も、特定の層に媚びていて興味を持てない。 悪いけど、本作もそう見えたのよ… ところが、オープニングから見覚えのある景色が細密に描かれていてさ。 実際の「湘南」を見事に再現。 受け入れ難いキャラタッチなんて、どうでも良くなるほどの美しさ。 やけに力の入ったオープニングだな〜と、本編もしばらく眺めていたら… なんとそのオープニングにも劣らない衝撃の描き込み。 そして、ありがたい事に…内容も結構真面目。 声楽部をスポ根風にした感じかな。 声楽部を退部した主人公が、新たな部を作る為…仲間集めに奔走する。 まるで高校後編の茂野吾郎(MAJOR)だ。 関わる人物の描写も上手いし、各キャラがちゃんとこの世界で生きている印象を強く受ける。 なにより、先にも言った背景画ね。 凄まじい描き込みながら…アニメ的な演出も随所に見られる。 例えば…反射。 ガラスや鉄など、周囲の景色が映り込む場面が非常にリアル。 細かい変化が常にあるから、内容うんぬんの前に…観ているだけで楽しい。 しかも現実に行ったり見たりしている場所だからさ。 余計にその凄さを感じられるのかも知れない。 まるで湘南のイラスト集をムービーで見ているようだ。 本当にこのクオリティで2話3話と続くのかな? 数秒しか使われない背景に一体どれだけの時間をかけているのだろうか… 逆に心配になるよ。


Dscf120702_328
「TARI TARI」の画面写真。小さなサイズでも非常に綺麗。

Dscf120702_346
色んな小物も細かく丁寧に描かれている。

Dscf120702_369
どの場面を見ても、上質なイラストとして成立すると思う。

Dscf120702_403
背景も凄いが、通行人や車の走行などにも「意志」がある…


-----

|

« 電子書籍 | トップページ | 無料放送開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 電子書籍 | トップページ | 無料放送開始 »