« 「ワンピース」第670話 01 | トップページ | 「ワンピース」第670話 02 »

2012年6月13日 (水)

サッカー vsオーストラリア

最大の難関と言える敵国でのオーストラリア戦! 結果は…1-1の引き分け。 場合によっては圧勝できると思っていたが…甘かったね。 互いにいつも通り戦えない状態。 審判のジャッジ(サウジアラビア)とボコボコの芝生が原因。 この大事な時に「中東の笛」か〜と緊張が走ったら…オーストラリアにとっても同様の笛だったようだ。 でも、スタート直後から審判のジャッジが怪しいのは感じていたでしょ。 前回のヨルダン戦(韓国審判)とか、近年はあまり変なジャッジをする審判も少なかったからさ。 選手全員が対応しきれていなかったね… 後半戦なんか、不可解なPKでオーストラリアが得点した為か…日本に有利なジャッジにも、ほとんどブーイングがなかった。 更に、数えきれないほどの試合を見てきた私ですら初めて目にしたジャッジが…フリーキックを指示してから、蹴る前に終了の笛。 いやいや、ロスタイム過ぎていても、ここの1プレーは通常の審判であれば見守るって。 どんなド素人がジャッジしてんだよ… せっかくレベルの高い内容だったのに、審判にぶち壊された気分だ…… こういう場合って、試合後に審判のジャッジをFIFAが査定するシステムとかないのかな。 たぶんオーストラリアだって納得していないと思う。 全試合をチェックするのは厳しいかもしれないが、希なケースくらいは審判にもペナルティを科してもらいたい。 ただ、冒頭でも言ったが、選手達の内容は良かった。 DF陣はさすがに崩され…川島選手大活躍になってしまったが。 攻撃の工夫も多く見られたし、ジワジワと押しているのは明らかに日本だった。 相手もそれは理解していたようで、引き分けた事に拍手する選手も多く見られたよ。 まー…アウェーでの引き分けは、決して悪くはないし。 負ける可能性もあったことを考えれば、よくぞ守ったと言っていいんじゃないかな。 次は9月11日にホームでのイラク戦。 11月14日にはアウェーでオマーンと戦う。 年内の予選はここまで。 来年は3月26日のヨルダン戦からスタートになるが、その頃にはマンチェスターでの活躍で時の人になっているであろう香川選手への期待が高まる。 宮市選手はボルトンでもっと結果を出さないと代表の試合には使ってもらえないかも… 出れば何かやってくれそうな「雰囲気」は持ってるんだけどね。

|

« 「ワンピース」第670話 01 | トップページ | 「ワンピース」第670話 02 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ワンピース」第670話 01 | トップページ | 「ワンピース」第670話 02 »