« ニンテンドー3DS LL | トップページ | 無線LAN »

2012年6月25日 (月)

アキバレンジャー 最終回

(※ネタばれ注意!!) いやー…個人的には史上最高の特撮ドラマだったね。 テレ東で放送された「勇者ヨシヒコ」は、低コストな面も込みで笑いにしていたけど。 アキバレンジャーは、ヘタをすると公認様よりお金も手間もかかっているかもしれない。 全12話が成せる業か… やってる事は無茶苦茶でも、特撮技術が超本気。 だから笑える。 おいおいマジか? な感じでね。 この最終回は、もっとぶっ飛んでいて… アキバレンジャーの世界を根底から覆す、まさかの「実は番組だったオチ」。 以前予想した「全部が妄想でしたオチ」に近いかも。 「原作者の都合なんかで終わらせられてたまるか!!」 それが最終回のテーマ。 ある意味深い…… 必至に延命フラグを仕掛ける主人公達が泣けてくる。 どう足掻いても、最終回ネタを避けられず…最後に現れたのは、なんと巨大な「オワリ」の文字。 主人公も敵も、終わらせまいと皆で協力して「文字」を集中攻撃。 思わず「がんばれー」と力んでしまったよ… さすがに、こんな終わり方をするなんて想像も出来なかったな。 確かにこの展開は「良い子は観ちゃダメ」だ。 原作者と戦う事の意味なんて、子供には酷過ぎる。 でも、こういう形で終わるなら… 原作者の都合で復活するというシナリオも可能でしょ? 海外版とか、あるあるネタはまだ沢山ありそうだし。 近々予定しているLIVEイベントで、シーズン2の制作発表とかあるんじゃないの? 期待していいよね?

興味のある方は公式サイトへ
非公認戦隊アキバレンジャー公式サイト
詳細が掲載。

|

« ニンテンドー3DS LL | トップページ | 無線LAN »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ニンテンドー3DS LL | トップページ | 無線LAN »