« マスコレGC 4 マルコ | トップページ | TV「ほこ×たて」 »

2012年4月15日 (日)

特撮「アキバレンジャー」第2話

(ネタばれ注意) やっぱり面白いと思う。 1話目は掴みで凝り過ぎただけってケースも多いからね… 今回は、予告通りデカレッドの載寧氏が登場。 ただ…残念ながらデカレッドではなく、俳優載寧龍二としてイベントでアキバにやってきたとの事。 なるほど。 「ずっとファンでいて貰えて嬉しいです」だって。 妄想から覚めた演出は少し切ないが、こういった現実をちゃんと描いているところも良い。 倒すべき怪人が「ほぼ」同じなのは…むしろネタとして受け入れられるし、新たにイタ車も登場する。 アニメのサントラCDでロボに変形した時、「完成イタッシャーロボ!!」と無駄にコールするのもいいね。 車が変形するから、大きさも車サイズ。 妄想力が足りないという理由で、突然逃走しちゃうし…現実に戻ったら、車すら出していなかったとは。 気になったのは、妄想バトルでデカレッドが現われた時。 司令官が「デカレッドが!? そんな…バカな」と言ったのよ。 真面目に考える事ではないかも知れんが、司令官の認識では、妄想の世界に「公認様」が現れる事は有り得なさそうだ。 それだけデカレッドに対する主人公の想いも強かったということか。 嬉しいのは、そのデカレッドの声も本人(載寧氏)が担当していた事。 …妄想だからね。 物語的に、妄想力の強さが主人公達の成長になっているという事は…このまま成長していくと、妄想が現実になってしまうなんて展開もあるかもね。

興味のある方は公式サイトへ
非公認戦隊アキバレンジャー 公式サイト
詳細が掲載。

|

« マスコレGC 4 マルコ | トップページ | TV「ほこ×たて」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マスコレGC 4 マルコ | トップページ | TV「ほこ×たて」 »