« 東京マラソン2012 | トップページ | 無料で見られず。 »

2012年3月 3日 (土)

PS3「ワンピース海賊無双」

買わないけど。 てかPS3持ってないし。 でも、散々ワンピ関連を扱ってきているわけだからさ。 もちろん、興味はある。 そこで、購入者のレビューを適当に回ってみると…どうやら「スカイピア(空島)」と「スリラーバーク」のエピソードには触れられていないらしい。 未確認だが、おそらくシロップ村を襲ったクロや、シャボンディ諸島で出会った超新星達(キッドやローなど)も登場しなさそう。 キャラだけで言えば、Wiiのアンリミテッドシリーズのほうが圧倒的に多い。 そりゃグラフィックや技も大事だが…そのせいでキャラが制限されているなら本末転倒。 せっかく原作漫画で「新世界編」と「それまで」を分けているんだから、ゲームでは「それまで」を網羅してもらわなきゃ。 エネルや七武海のモリアを省くなんて論外。 まさかとは思うが、シャンクスまで出ないなんて事はないよね? ムービーとかじゃなくて、対戦相手としてよ。 そもそも「無双」なんだから。 お祭りゲーとして、キャラを充実させるのは必須でしょ。 しかも、非常に残念なのは…本作にもある「課金システム」。 バンダイナムコゲームスは、PS3への提供に限り…どういう訳か「課金」に積極的。 Wiiでやらないのは…単純に課金制度が不整備だからだろう。 しかし、任天堂は次世代機のWiiUで課金のルール作りに着手すると公言している。 これは、何度もここで言ってる事だが…「課金」=「未完成」だという自覚をメーカーが持ってくれないと、業界の明るい未来はない。 購入者に更に「課金」させる事は恥だと思ってほしい。 本作のレビューのなかには、すでに「課金」でエネルを買いたいと言っているユーザーもいる…… 制作スタッフはこの現状に心が痛まないのだろうか???? だって「全てを楽しむ為に、もっとお金を払え!」て言ってんだから。 いよいよパッケージ品が「シェアウェア化」してきたかと思うと恐ろしいなー… シェアウェアとは、ざっくり言えば体験版。 購入時にその認識があればまだいいが… 本作みたいに「DLC(ダウンロードコンテンツ)」などと言う表現に隠れて、結局はモバイルゲームの極悪課金と変わらない手口を組み込まれるのは…本当に質が悪い。 推理小説を買って終盤まで読み進んだところで、「犯人を知りたければ課金しろ」て言われるのとまったく同じ。 メーカーの事情や思惑など知ったこっちゃない。 「ユーザーにとっては」の話しだから。 こういうパラドックスともミスリードとも取れるメーカーの制作スタイルを、ユーザーが認めてしまったら終わりだ。 パッケージ品によるダウンロードコンテンツは原則無料。 それを国際基準に訴えられるのは、ゲーム古参国の日本だけ。 みんなで世界の過ちを正せ。

興味のある方は公式サイトへ
ワンピース海賊無双 公式サイト
詳細が掲載。

|

« 東京マラソン2012 | トップページ | 無料で見られず。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京マラソン2012 | トップページ | 無料で見られず。 »