« Wii「ゼルダの伝説SS」その11 | トップページ | お店が開いている。 »

2012年1月 4日 (水)

PS Vita 試遊

一応、次世代機のほとんどは実際に触れてきているからさ… 目の前にもあることだし。 どんな感じかプレイしてみたよ。 お店に設置されている試遊台は本体ひとつで数タイトルの体験版を起動できるようになっていて、せっかくだから全部やる。 …全体的な感想は、悪い意味で「マジか?」だ。 ほぼ全てのゲームで致命的な「処理落ち」が頻繁に見られた…… なんというか、ここまでくるとソニーが可哀相。 グラフィックもドットが細かいだけでお世辞にも綺麗とは言い難い… 精細表示の為に処理落ちが発生しているのなら本末転倒。 比べるまでもなく3DSの圧勝だ。 まーゲーム自体の問題も多少あるとは思うが、先にも言った通り全部やった。 結構多いから何タイトルあったかは忘れたが、左上から右下まで順番にプレイし…ゲームとして面白く感じたのはゼロ。 みんゴルもカプコンvsマーヴェルもテニスも無双もアンチャーも…どれも「ゲーム」として面白くない。 おそらく、最大の原因は…細か過ぎること。 基本コンパクトな液晶画面に、これでもかと詰め込まれた膨大な情報量がマイナス。 文字や数字なども異常に小さい。 これに加えて処理落ちだからね… それが影響しているのか、操作の反応も鈍い。 キー、タッチ共にダメ… 地デジ液晶の遅延なんてレベルじゃないから。 いや、これはVita本体の性能ではなく、ゲーム自体のブログラムの問題かな? もしかしたら、PS3などでは当たり前な反応速度かもしれないし… この鈍さ感に慣れている人なら、気にもならないだろう。 ゆえに、私には「面白い」と思う事が出来なかった… 塊魂とか3DS向きなのに、何故Vitaにしたのだろうか? ソニーのお抱えゲーム扱いなのか? バンダイナムコゲームスは、3DSに限っては比較的良作タイトルを出しているからね。 ユーザーには見えない壁をなんとか乗り越えて、塊魂を任天堂ハードに提供してもらいたい。

興味のある方は公式サイトへ
PlayStation Vita オフィシャル
詳細が掲載。

|

« Wii「ゼルダの伝説SS」その11 | トップページ | お店が開いている。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Wii「ゼルダの伝説SS」その11 | トップページ | お店が開いている。 »