« 全豪テニス男子 3 | トップページ | 「ワンピース」第653話 01 »

2012年1月25日 (水)

全豪テニス男子 4

準々決勝の錦織圭選手vsアンディ・マレー選手は、0-3でマレー選手のストレート勝ち。 スゴい内容だったが…やはりランキング上位の実力を見せつけられた形。 圧倒的な差ではなかったからね。 錦織選手にとってはかなりの経験になったんじゃないかな。 面白かったのは、ジャッジに対するチャレンジね。 昔から知ってはいたけど、改めて良いシステムだと思った。 納得出来ないジャッジに3回失敗するまで異議申し立てが可能。 チャレンジが成功すれば…つまり自分が正しければ、チャレンジ回数も減らない。 ほかのスポーツも採用すればいいのに。 この辺はニュースのダイジェストだったら確実にカットでしょ。 だからLIVEは面白い。 相手のマレー選手は何回かチャレンジに失敗していたからね。 全体的には、錦織選手が少し守り過ぎていたかな? 守って粘るスタイルで好調を得ているのは分かるが…その守備にマレー選手はほとんど付き合ってくれなかった。 いわゆる「じれて攻撃」ではなく、終始ギリギリのライン攻め。 アウトも数える程度… はっきり言って、守って勝てる相手じゃない。 それは錦織選手自身が一番感じていたから、早い段階で攻めに転じたのだろう。 デュースの連続だったから、勝つというシナリオもなくはない。 …相性が悪かったかもね。 それにしたってランキング6位を破ってのベスト8。 これで20位台って事はないだろう…

|

« 全豪テニス男子 3 | トップページ | 「ワンピース」第653話 01 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 全豪テニス男子 3 | トップページ | 「ワンピース」第653話 01 »