« 「超ワンピーススタイリング」03 | トップページ | 「超ワンピーススタイリング」04 »

2011年11月13日 (日)

スポーツ三昧 結果

サッカーはアウェーでタジキスタン相手に4-0で勝利。 どうやらこれで予選通過のようだ。 次は消化試合とは言え、アウェーの北朝鮮戦。 さすがにやらないって選択はないんだろうな… 中国と北朝鮮は対戦国が日本だと何をしてくるか分からない。 練習場が荒れ地だったり、非公開を公開されたり… 国同士の問題で片付けられると困る様な嫌がらせは必ずある。 今は現地で出される食事は絶対に手をつけないように気をつけているみたいだし。 いっそお互いにとっての中立国で1試合にしたほうがいいんじゃないの? こういう事ってどこの国にもあるでしょ。 他のスポーツでもたまにあるからね。 中東の笛とか… バレーボールはセルビアに3-0でストレート負け。 うーむ。 3セットとも競り合って負けてるからなー… こういう形で負けるのって本当に残念だよね。 とにかくレシーブ力が弱い。 見ていて取れる気がしないよ。 てことは、ちゃんとカバーできれば勝てるはず。 あと、なんか気になるのは日本の選手全員がヘラヘラしていてさ… 点を取るごとに満面の笑顔はどうなんだろ。 そういう笑顔はマッチポイントを奪ってからにして欲しいんだけど……… この緩〜い精神状態が最後に勝てない一番の理由だと私は思う。 一方のフィギュアスケートは一転して日本人選手の独壇場。 女子はフリーを終え、優勝は鈴木明子選手。 ジャンプを何度も失敗していたのに、ギリギリで耐えたね。 これで180点台とは… 2位はもちろん浅田真央選手。 フリーのみなら文句なしのトップ。 久々のスタンディングオベーションで優勝は間違いないと思っていたからさ。 一番慌てたのは報道関係だろうね。 3位のレオノワ選手も170点で他の大会なら優勝でもおかしくない数字。 日本の二人は10点以上の大差を付けて1・2位独占。 浅田選手の覚醒はもう少しかな。 安全なジャンプを無難に飛びたくないのも分かるが、まずはファイナルまで進む事を優先したほうがいいと思う。 実は男子もスゴい事になっていて、ショートで高橋選手が90点を出した。 順調に行けばフリーの合計で230点を超えるかもしれない。 次いで、10点以上の差を付けられた2位は小塚選手。 なんと男女共に1・2位を独占する可能性も出てきた。 これって世界にはどう映ってるのだろうか。 評価してくれてるといいが。

|

« 「超ワンピーススタイリング」03 | トップページ | 「超ワンピーススタイリング」04 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「超ワンピーススタイリング」03 | トップページ | 「超ワンピーススタイリング」04 »