« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月30日 (水)

スライム肉まん

11月29日から全国のファミリーマートで発売されている中華まん「スライム肉まん」。 ネット上では「気持ち悪い」「誰も買わない」「高い」と、ストレス発散のターゲットにされていたが… 普通に冷静に見て、相当良く出来ていると思う。 いつの時代もこういう精神って大事だよね。 あえて「青」で挑んだところに感動すら覚える。 先に言っておくと、異端を嫌うのは世の常。 見た事ないものを「不気味」だと感じるのは正しい。 でも、前線から一歩引いて見た時に本当にダメなのか、批判される様なものなのか…ちゃんと考えたいよね。 コレを食べ物として見ても、私は「気持ち悪い」や「誰も買わない」とは一切思わなかった。 価格にしても、中華街で300〜400円の中華まんと比較したら…総合的に170円の「スライム肉まん」は安いし美味い。 あと、なんとも浅ましいのが…中国生産に対する皮肉。 あのね…中華まんだよ? 歪曲批判も大概にしとけって。 食に限らず、どれだけの物が中国産か調べてみ。 一部とは言え、日本人が本気でそんな事を考えているのかと思うと情けなくなる… まー、企画サイドはこの程度の批判は覚悟のうえだろうし、好意的な声が必ず上回るという自信もあるはず。 どんな批判をするのも購入者の自由だが、楽しんでいる人達の邪魔はしないでね。


Dscf111129_033
Dscf111129_033t
ファミリーマートの中華まん「スライム肉まん」170円。
この再現力は凄まじいと思う。味は普通という意見をよく見るが…中華街の肉まん(例外もある)より圧倒的に美味い。

Dscf111129_042
…まるでフィギュアだ。食べて美味いのは不思議な感じ。

-----

| | コメント (0)

2011年11月29日 (火)

「ワンピース」第647話

(ネタばれ注意) ものスゴい勢いで巨舟ノアの衝突が解決しちゃったね… 当初、誰もが予想した通りになったよ。 魚人島に迫る危機を前に、しらほし姫が覚醒。 海王類が大挙し、ノアの落下を止める。 今回はほぼコレに終始。 島民たちは麦わらが舟を止めようとしているのを知っている為、ソレを目撃した兵士は海王類の存在を伏せ「ノアは止まりました!!!」と放送で伝える。 魚人島は歓喜に沸き、まるでハッピーエンドの様な終わり方。 本当にこれで終わり? でもワンピースの流れで言ったら、完全決着の演出。 少し拍子抜けかも。 もう二三のトラブルがあっても良かったかな。 この状況でホーディやらデッケンやらカリブーらが何をしようと、もうどうにもならない。 足掻いたところで、島民の心を砕く事は無理。 それは本人が一番よく分かっているだろう… 王の処刑もノアの落下も麦わらの排除も、全て失敗。 気になったのは、海王類の会話。 しゃべるんだね。 しかも状況判断が的確。 ヘタをしたら人間より知能がありそうだ。 「おれ達の力は君の力だ」 海王類がしらほし姫に尽くそうとする理由はなんだろう。 魚人や人魚と海王類には深い関わりがあるのか。 それとも、海王類は実は海を守っているとか。 以前、麦わら達がカームベルトに進入した時、一度だけ海王類が現われたでしょ。 この時も危険を知らせたのかもしれない。 それにしても、海王類がルフィの事を一目置き…「麦わらの子」と呼ぶ姿には違和感があるな。 ずーっと巨大な魚だと思っていたから。 これで、いよいよ新世界に突入かー。 その前に約束の舟やジョイボーイの謎が残っている。 王のセリフは、この謎を明かすための伏線だろう。 もし、過去の話しになるのなら…そのなかにルフィ達の仲間になる人物がいてもおかしくない。 どっちにしろ、ストレートに続きを描く可能性は低いと思う。 一段落という形で終わってるからね。 それこそ海軍とかキッドとかローなんかの「今」を持ってくるかもしれないし。 新世界の前に何かワクワクする様な仕掛けを期待したい。

| | コメント (0)

2011年11月28日 (月)

グランプリファイナル決定

フィギュアスケートのロシア大会で、予想というか期待していた浅田真央選手と羽生結弦選手が二人とも優勝。 さすがに順位までは漫画の様にいかなかったが、特に羽生選手はファイナル初でしょ? 確か高橋選手らと優勝を争う日も近いかもと言った気がする。 どのみち、応援はしていたから嬉しいね。 でも、残念ながら男子の本放送はカット。 スポーツニュースで結果を知る事に… 羽生選手では優勝できないと日テレは判断したのだろう。 私は優勝の可能性に期待していたのに。 …それはいいとして、フェルナンデス選手とアボット選手が共に表彰台へ。 つまり、羽生選手を含めた3名がファイナルに駆け込み…5位だった小塚選手は8位に。 そうか、ポイントが同点の場合は優勝に近い結果が優先されるようだ。 頂上決戦のグランプリファイナルは12月9日から。 日本の選手は、男子が高橋大輔選手と羽生結弦選手。 女子が浅田真央選手と鈴木明子選手。 注目の海外選手は…男子ならやはりパトリック・チャン選手。 彼は毎回高橋選手の前に立ちはだかるよね… この戦いに羽生選手がどこまで入れるか、もしくは…… 女子はいつものコストナー選手やシズニー選手に加え、フィギュア大国の復活を目指すロシア勢が二人も残った。 メディアは日本vsロシアの構図にしたがるだろうね。 新生の活躍は世界中が期待するところだし… 日本にとっては少し不利な状況かも。 みんながんばれ。

| | コメント (0)

2011年11月27日 (日)

漫画「よつばと!」11巻

(ネタばれ注意) 新刊の発売が最も待ち遠しい漫画「よつばと!」。 あずまきよひこ氏の長期連載作品だが…前の巻が出たのは去年の11月27日。 ほぼまる一年も待った。 ワンピースは雑誌連載を読んでいるし、比較的単行本の発行は早いからね。 好きな漫画で一年も待たされるのは辛いよ。 その代わりと言うか…本当に内容は良く出来ている。 手打うどん屋のおっちゃんがうどんを打つ姿を発見するよつば。 11巻はここから物語が始まる。 作業場に勝手に入るよつばを横にし、おっちゃんは黙々とうどんを打つが…質問には健気に答え、出来上がったうどんを自慢げに見せる。 おっちゃんの人生によつばが加わった瞬間だ。 その後、初めてのピザや栗拾いを経て…なんとデジカメを手に入れる。 簡易カメラだが、撮った写真をパソコンに移せる優れもの。 大喜びのよつばは様々な物を撮影。 勢いで恐いおっちゃんも激写。 「勝手に撮るな!」と怒鳴られるが…おかげで「勝手に撮ったらダメ」という事を学ぶ。 さっそく赤ちゃんを発見し「撮っていいですか?」と断りを入れるよつば。 そして…うどん屋のおっちゃんも至近距離でパチッパチッパチッ。 こういう再登場のさせ方は絶妙。 偶然出会うのではなく、完全なる必然。 カメラを見たおっちゃんは「ぜいたくだな…」と一言。 すかさずよつばは…「とーちゃんに、あんましよつばに贅沢させないよう言っとく!」 …おっちゃんも、子供に思った事を言うもんじゃないと少し反省した様子。 後半では大切なぬいぐるみの「めぇ〜」機能が壊れて大騒動。 すっかり意気消沈のよつばを見たとーちゃんは、珍しがって写真を撮り始めるが…「勝手に撮ったら失礼でしょ?」と叱られる。 これ、何話もまたがって経験した事がちゃんと繋がってんだよね。 恐いおっちゃんに怒鳴られているからこそ、このセリフが笑える。 スゴいのは、どの話しから読んでも楽しめるうえに、こうした繋がりが「必ず」ちりばめられているのよ。 カメラを手にした当日は、カメラだけを持って外出しているが…次の話しではぬいぐるみも一緒に出先で撮影三昧。 子供って自由にさせたほうが色々学んで成長するのかもと本気で考えさせられる作品。 興味があれば絶対オススメ。 買って損なし。

| | コメント (0)

2011年11月26日 (土)

フィギュアスケート ロシア大会

グランプリシリーズの最終戦、ロシア大会が始まった。 この結果でファイナルのメンバーが決まる。 まずは女子SPで浅田真央選手が本当に久々の首位。 かなり調子も良さそうに見えるから、おそらくFPでは難易度を少し下げてくるかもね。 理由は、ファイナルに進むため。 無茶をするならそこでって事。 現在のシリーズ総合ポイントは13。 本大会で優勝すれば+15で計28。 鈴木明子選手が28で現在3位だから、ここに割り込む事になる。 最も確実なシナリオだが…準優勝でも総合で26になり、5位6位にギリで入れる可能性が高い。 その可能性で言えば、今井遥選手にもファイナルの希望は残されている。 点差が競っているロシア勢が総崩れでもする様な事があれば、準優勝で22となり…なんと現在5位の長洲未来選手を上回るのだ。 ただ、何度も言うが…SPで2〜4位を独占しているロシア勢が一人も表彰台に上がれないなんて事はないだろう。 地元だし。 一方、男子の注目は羽生結弦選手。 ファイナルの可能性はあるにはあるが…現在15ポイントのアボット選手と13ポイントのフェルナンデス選手も出る。 この二人が表彰台だと、現在5位の小塚選手も危なくなる… 理想は、優勝が羽生選手で24。 これで小塚選手と並び6位に。 準優勝は、すでにファイナルを決めているブレジナ選手。 彼は総合で3位だから、ストッパー役ね。 次にガチンスキー選手辺りが入ってくれると…この時点でフェルナンデス選手がファイナル脱落。 更に彼もストッパーで4位になれば、15ポイントのアボット選手は5位以下となり…総合でも22で羽生選手に届かない。 こんな漫画の様な奇跡が起これば…高橋選手,小塚選手,羽生選手の3名がファイナルに。 どんな結果になるのやら。

| | コメント (0)

2011年11月25日 (金)

Wii「ゼルダの伝説SS」

まだ冒頭のため評価はのちほど。 Wiiの「ゼルダの伝説スカイウォードソード」ね。 最初の印象としてはかなりスゴそうな予感。 とにかく色合いが絶妙でさ。 まるでドラゴンクエストXに期待していたイメージを具現化したかの様な映像美。 PS3やX-box360みたいにリアルなのもいいが、こういう色彩のセンスで勝負してくれるとプレイしていて気持ちがいい。 これ、まだ1時間程度の情報だからね。 まずはとにかく画面写真を見て。 ちょっと多めにアップしてるけど、言葉じゃ伝えきれない良さを分かってもらえるんじゃないかな。


Dscf111123_110
パッケージと付属のWiiリモコンプラス。ラバージャケットは装着された状態で梱包されている。

Dscf111123_125
プレイヤーが初めてリンクを動かす場面。この時点でスゴいと感じる要素が満載。360度見回せて、自由に動ける。

Dscf111123_139
動物を抱えたり、椅子に座ったり、タルを担いだり、泳いだり。動物は種類やサイズに合わせて抱え方が変わる。重いものを担ぐと「がんばりメーター」を消耗。置けば回復。意外に嫌じゃないシステム。

Dscf111123_141
剣もスゴい。リモコンを持つ角度と同期してるのよ。つまり、私もコレと同じ持ち方をしているという事。縦,斜め,横,上下左右,前後、更には手首の返しまで意のままに操れる。

Dscf111123_151
イベントシーンも驚愕のフルレンダリング。まるでムービースキャンの様なクオリティ。

Dscf111123_155
色々あって、遂にお馴染みの衣裳に着替えたリンク。いよいよ大冒険の始まり、という演出も素晴らしい。

-----

| | コメント (0)

2011年11月24日 (木)

実写版「AKIRA」?

ジャパニメーションの先駆けとも言える日本の代表的なアニメ「AKIRA」が、ハリウッドで実写化されるようだ。 噂ではかなり豪華なキャストになると言われているが…「AKIRA」て物語よりも独創的な映像美を楽しむ面が強いからさ。 あのサイバーな世界観で暴れ回る日本人という要素は外せないと思うんだけど。 ハリウッドが作るならアジア系の外国人を起用しちゃうんだろうな… さすがに監督を大友克洋氏って訳にはいかないと思うし。 ちなみに主人公は金田正太郎。 アキラは簡単に言えばリーサルウェポンの様な存在。 劇中では鉄雄の暴走が印象的だが、アキラの暴走によってネオ東京崩壊が起こったというのがそもそもの始まり。 説明する様な演出もあまりない為、私も詳しくは知らないが…ハリウッドがどんな映画に仕上げるのか、少し興味ある。

| | コメント (0)

2011年11月23日 (水)

頚椎症悪化

頚椎症とは、いわゆる首のヘルニア。 一般的には治療が不可能と言われる厄介な病気だ。 数年前にもいくつかの病院で診察を受けたが、同様の診断結果で改善は諦めていたのね… ところが、数日前に突然発症した首の激痛。 経験のない痛み方のため、最悪のケースも考えたが…新たな診断では頚椎症の悪化と断定。 この症状には段階があり、日常生活に支障が出るほどの痛みやしびれなどの異常が見られたら末期。 命に関わることはなさそうだが、治療できないという恐ろしい病気。 私はかろうじて、しびれはまだない。 しかし、最近よく物に手がぶつかるのよ… 力加減の調節も不安定。 軽いはずのリモコンが重く感じたり…よろけた時の踏ん張りが利かない。 これまではただの老化と軽くみていたが、どうやら犯人は頚椎症のようだ。 唯一の対策は…マッチョになって首を太くすることだってさ。 筋肉がクッションになって痛みは消えるらしい。 ジムに通うのが効果的と言われたが…厳しいなー。

| | コメント (0)

2011年11月22日 (火)

「ワンピース」第646話 02

(ネタばれ注意) ※前回のつづき。 ド派手な必殺技で幹部どもを圧倒する仲間達のなかで、一人だけ「いつも通り」なゾロ。 サンジですら「怨みで全身発火」という大技を披露しているのに。 ゾロは技名こそ「煉獄鬼斬り」と迫力あるが、基本は2年前の「鬼斬り」と一緒。 …差があり過ぎて逆に大技を使えなかったのかも。 どうせなら「鬼斬り」に代わる新たな切り口を見てみたい。 次回は順当に行けば巨舟「ノア」を破壊中のルフィ達がどうなるのか。 粉々にしてめでたしとはならんと思うが… 状況的にアーロンとの決着の場面とも重なるんだよね。 あの時も建物ごとアーロンを粉砕して、村人を救う形になったからさ。 終着点は「ゼロからのリスタート」。 無事だった国王は、おそらく世界会議に出席。 でも、地上への移住は見送る可能性もあるな。 ゼロからと言ってるから、その意志を子供たちに託すのもアリ。 もしくは…思い切って魚人島とは全然異なる場面が描かれるかも。 例えば、海軍本部による七武海の緊急召集とか。 麦わらの一味が復活って事でね。 そこで、現在の海軍の状況が明らかにされるのも面白い。 元帥はセンゴクに指名されたクザンでしょ? じゃあ今の青キジは誰? みたいな。 まさかのコビーとかね。 七武海もジンベエ,モリア,くま,黒ひげの4名が欠員のはず。 ドフラミンゴも気分次第で抜けるとか言っていたな。 そうなると…確実なのはルフィの近くにいたハンコックと、ゾロを弟子にしていたミホークの2人のみ。 どんなメンツになっているのやら。

| | コメント (0)

「ワンピース」第646話 01

(ネタばれ注意) 待ったね。 前回の引きが弱かったから、待ち遠し感も薄かったけど… まずはチョッパーの変形。 どうやら前回のまとめの通りのようだ。 とっておきのパワーは七つ目の変形って事。 3分間戦えるらしい。 巨大化して3分って、やっぱりアレを意識してんだろうね。 このチョッパーを含めた仲間達の戦いは、それぞれの「必殺技」で遂に決着! 駆け足で幹部どもを全滅させた。 これ以上ES(エネルギーステロイド)を使用されたら、彼らの命も危ないからね… ある意味、とどめを刺して救ったとも言える。 いやいや、本当にみんな強くなっちゃったなー。 全員億越えでもよくね? 今のウソップなら一人でもキャプテン・クロを圧倒できるだろう。 彼が大活躍するエピソードを描いてくれないかな。 アーロンパーク程度のトラブルに首を突っ込むとか。 口癖でもある「勇敢なる海の戦士」を格好良く決めるシーンを見てみたい。 ただ、今回一人だけ「いつも通り」だったのがゾロ。 それはそれで読者の期待でもあるんだろうけど… 他のメンバーが派手だったからね。 ※つづく。

| | コメント (0)

2011年11月21日 (月)

iPodに入れた曲達

これは初期の頃からずーっと思っている事なんだけど。 MP3やAACに変換したデータは、いつもCDで言えば5〜10枚程度をまとめてiPodに転送するのよ。 iTunes上でしか移せないからね。 で、その後…何枚か聴いて、何日か経つと…何を聴いたか忘れてしまう。 だから、「これ聴いたな」や「こんなの入れたか?」を毎回繰り返している… 1度も聴いてないアルバムや曲なんて数えきれないほどあるんじゃないかな。 聴いた事を覚えていない曲もあるだろう。 そこで冒頭の思っている事とは…iPodに転送されたデータは、再生されるまで「NEW」のマークを付けて欲しいって事。 再生回数のカウントがあるんだから、0のヤツだけをNEWにすればいい。 イメージは新着メール。 機種やソフトにもよるが、基本的に読むまでは「未読」のマークが付くでしょ。 iPodでも転送されてきたデータに印が付くと便利なんだけど。

| | コメント (0)

2011年11月20日 (日)

「ONEPIECE STATUE 01」02

前回に続いて、「ONEPIECE STATUE 01」のキッドとロー。 意外にも、この二人は出来が良い。 特にキッドは比較的どのシリーズもそっくり。 顔のクセが強過ぎだからか? ローは似ていると言うより、妙に恰好良くなってる… 輪郭や目鼻筋がシャープだから、はっきり言って原作とは全然違う。 グラメンのローと比べると分かり易いかも。 目をもっと大事に造形してもらいたい。 そして、早くも第2弾が今月末に登場予定。 ロビン,ゾロ,ミホークはお馴染みだが、キラーとホーキンスの立体化は珍しい。 デフォルメのコレクションシリーズやプライズのワールドコレクタブルシリーズにはあるけどね。 胸像だから、色々立体化しやすいと思うし。 麦わらの一味以外は2年前の姿だから、時期にこだわらずアーロンとかエネルとかもアリだろう。


Dscf111030_127
「ONEPIECE STATUE 01」キッド。

Dscf111030_129
「ONEPIECE STATUE 01」ロー。


-----

| | コメント (0)

2011年11月19日 (土)

実写版 ドラえもん

トヨタのCMね。 のび太役を妻夫木氏、ジャイアン役を小川直也氏が演じて少し話題になっていたが… 第2弾で遂にドラえもんが登場! え? 人? と思ったら、なんとジャン・レノ氏!? 白いシャツに青いジャケットと帽子…確かにドラえもんだ。 もはや似てる似てないの次元ではない… この状況に異論を唱えるのは無粋でしょ。 ちなみにしずか役は水川あさみ氏で、スネ夫役は山下智久氏。 ギャグでいいから「さようならドラえもん」の一場面とかやってみると面白いかも。

| | コメント (0)

2011年11月18日 (金)

「ONEPIECE STATUE 01」01

ワンピースグッズの新シリーズ「ONEPIECE STATUE 01」。 悪くはないんだけどね… ガシャポンではかなり頑張っていると思うが、スタイリングやグラメンなど質の高い造形も徐々に増えてきているからさ。 より評価の厳しい「原作と比べてどうか」という目線にならざるを得ない。 となると、本シリーズはまだまだ発展途上。 なにかきっかけがあれば、劇的な向上も期待できそうだが… ただ、サイズだけはちょうどいい。 造形と彩色が改善されれば…て、それは全てのフィギュアに求められる要素だが。 今回は「良いものを作ろう」という心意気を強く感じるから、他のシリーズよりも改善に期待ができるという事。 スタイリングの様にね。 まずはルフィ,レイリー,ハンコックの3名を紹介。 ルフィとレイリーはギリでOK。 ハンコックは惜しい。 まつげが二重の縫い目みたいになっている… 今後の女性キャラが不安。


Dscf111030_133
「ONEPIECE STATUE 01」ルフィ。

Dscf111030_130
「ONEPIECE STATUE 01」レイリー。

Dscf111030_131
「ONEPIECE STATUE 01」ハンコック。


-----

| | コメント (0)

2011年11月17日 (木)

レンタル返却案内

先日、TSUTAYAで一週間レンタルをしたんだけど。 利用してから、初めてまるまる一週間が経とうとしていたのね。 もちろん、それは分かっていたし、はなからそのつもりでいた。 そんな時、PCにTSUTAYAからメールが届く。 いつもの情報かと思いきや…「返却予定日お知らせ」のメール。 店舗名,予定日,本数が記述されている。 これはありがたいね。 返却を忘れた事はまだないが、色んな条件が重なって「うっかり」があるかもしれない。 勘違いの可能性だってある。 営業時間内は「返却BOX」へと言われた時は少しイラっとしたが…未返却でメールが来るならいいか。 以前BOXに入れたのに「未返却だ」という電話を何度もされて怒った経緯があるからさ…… 本当はちゃんと店員に渡して返却処理を目の前でしてもらいたい。 そのせいで、未だに返却したタイトルが元に戻っているか必ず確認してしまう… なんとかならんのか。

| | コメント (0)

2011年11月16日 (水)

W杯予選 vs北朝鮮

0-1で負けたね。 いいんじゃないの。 そりゃフルメンバーでコレだったら洒落にならんけど。 ザッケローニ監督の無敗記録とか、別に重要じゃないし。 消化試合で普段使わない選手を試すという意味では良かったと思う。 逆にレギュラー陣は自信が増したんじゃないかな。 気になったのはサポーター達の国旗や打楽器の禁止。 衣類にも国旗を入れたらダメだと言う… いやね、北朝鮮のお国事情なら全然問題ないのよ。 分かりましたで済む話しだが…スタジアムを埋め尽くす北朝鮮のサポーターには、もれなく国旗が…………… 巨大な旗も振られ、ドンドンドンという打楽器音も… おいおい、マジか? 禁止って日本だけ? 一国のプライドはないのか… もし、法律で他国の国旗を持ち込むことが禁じられているなら…スタジアム内に限っては自国も自粛するべきだろ。 まー、それが出来たら普通の国になっちゃうけど。 来年には負傷していた選手も多く復帰するはず。 ベストメンバーでの圧勝に期待したい。

| | コメント (0)

2011年11月15日 (火)

3DS「スライムもりもりDQ3」その2

遂にクリアしたよ… これがどういう事なのか、プレイした人にしか分からんだろうな…… 先日絶賛したばかりだが、ラスボスの「海賊船」がさ…過去に経験のないほどの強さなのよ。 初対戦はこちらのHPが700前後だったかな? 瞬殺で唖然。 だって、それまでのボスは「余裕」で勝てたから。 普通こういうアクションゲームって、徐々に難易度が上がっていくでしょ。 平行してプレーキャラもパワーアップすることで、戦闘のバランスが保たれている。 ところが、本作の場合…調子良くサクサクと話しが進むもんだから、最後も「いつも通り」戦って返り討ちに。 その瞬間は久々に絶望したよ… こんなモノに一体どうすれば勝てるのか? て。 大海原を彷徨い続け、アイテムを地道に増やし…交易を駆使した結果。 HPは1305までアップ。 それでも勝てない… 一番厄介なのは単身でワープしてくるドン・モジャール本人。 奴は体力が多い上に攻撃が多彩で何度も飛び込んでくる… 船内をボロボロにされながら、敵の砲台も鬼連投… 瞬く間にゲームオーバー。 諦めかけた時に、トンガリ古墳で入手した「黄金の爪」をデッキに入れてみる。 これはデッキに加えるだけで弾の排出速度が上がるという代物。 …そんなモノがあったとは。 ここは思い切って攻撃力の強化に徹することに。 回復の「特薬草」は3つ程度に減らした。 もう何度敗れたか分からない相手と三たび抗戦! やはり「黄金の爪」効果は絶大!! 途切れる事なく砲台に弾を入れられるから、相手の強力な弾も防げる。 そして運も手伝ってか、HPを多く残した状態でいよいよ奴の海賊船のHPが0に!! 慌てず慎重に、まずは自軍で暴れているドンモジャを倒す。 同時に急いで敵船へ。 潜入すると…まるでステージの様なトラップの連続。 更に、ここでも凄まじく邪魔をしてくるドンモジャ。 奴だけはトラップも無効だから、なかなか心臓部へ辿り着けない… その間に、みるみるHPを減らされる自軍の船。 あんなに余裕があったのに、まさかの僅差でギリギリ勝利! というか、私もよくここまでやったものだ… 苦戦の勝利も度が過ぎると嬉しさより開放感が先立つ。 エンディングまで行けない人も多いんじゃないかな…

◆クリア時の状態◆
船体:レオボディ
HP:1305 攻撃:220 早さ:140
船の強さ:
船体Lv.8 船首Lv.8
マストLv.7 飾りLv.8
デッキ:鉄の盾×5,化石×3,マトリョーシカ×3,特薬草×3,ナスカの羽×2,ももんじゃのしっぽ×2,隕石×1,スライムナイト×1,黄金の爪×1,ミサイル3×1,ミラーシールド×1,絵筆×1,女神のたいまつ×1,地獄の大鎌×1,破壊の鉄球×1,金の矢×1
仲間:キラーマシン,モーモン,スライバ
作戦は初期のまま。

次があるなら、モンスターやアイテムを倍以上に増やして、難易度を下げてもらいたい。

興味のある方は公式サイトへ
スライムもりもりDQ3 公式サイト
詳細が掲載。

| | コメント (0)

2011年11月14日 (月)

「超ワンピーススタイリング」04

最後は新世界編のロビン。 今回のラインナップでは最も優れていると思う。 完璧なロビン。 ほかのもそうだが、ちゃんと新世界の造形になっているよね。 ロビンだけの特徴では…髪の毛とスカート(パレオ?)のゴム素材が柔らかいのよ。 確か以前のレイリーもマントが柔らかかったと思う。 あくまで「ゴム素材」てのが重要だよね。 今後は誰が立体化されるか。 麦わらの一味はすでに決定しているが、ゾロ,ナミ,ウソップの時に加わるキャラが気になる。 こうなると、まさかを期待しちゃうよね。 新世界編からは外せないと思うけど、立体化されて嬉しいのは…タイガー? ジンベエ? タイガーならコアラとセットがいいな。 若い頃の黄猿やアーロンもいいかも。 というか、今のクオリティでもう1回初期のキャラを造形してほしい。 


Dscf111030_112
「超ワンピーススタイリング」ロビン。完璧だと思うけど。彼女は女性なのに唯一「まつげ」がない。でも美人。

Dscf111030_115
全身と側面。個人的にはパッケージより実物のほうが良いと思う。これまでのフィギュアの中では一番の出来だろう。


-----

| | コメント (0)

2011年11月13日 (日)

スポーツ三昧 結果

サッカーはアウェーでタジキスタン相手に4-0で勝利。 どうやらこれで予選通過のようだ。 次は消化試合とは言え、アウェーの北朝鮮戦。 さすがにやらないって選択はないんだろうな… 中国と北朝鮮は対戦国が日本だと何をしてくるか分からない。 練習場が荒れ地だったり、非公開を公開されたり… 国同士の問題で片付けられると困る様な嫌がらせは必ずある。 今は現地で出される食事は絶対に手をつけないように気をつけているみたいだし。 いっそお互いにとっての中立国で1試合にしたほうがいいんじゃないの? こういう事ってどこの国にもあるでしょ。 他のスポーツでもたまにあるからね。 中東の笛とか… バレーボールはセルビアに3-0でストレート負け。 うーむ。 3セットとも競り合って負けてるからなー… こういう形で負けるのって本当に残念だよね。 とにかくレシーブ力が弱い。 見ていて取れる気がしないよ。 てことは、ちゃんとカバーできれば勝てるはず。 あと、なんか気になるのは日本の選手全員がヘラヘラしていてさ… 点を取るごとに満面の笑顔はどうなんだろ。 そういう笑顔はマッチポイントを奪ってからにして欲しいんだけど……… この緩〜い精神状態が最後に勝てない一番の理由だと私は思う。 一方のフィギュアスケートは一転して日本人選手の独壇場。 女子はフリーを終え、優勝は鈴木明子選手。 ジャンプを何度も失敗していたのに、ギリギリで耐えたね。 これで180点台とは… 2位はもちろん浅田真央選手。 フリーのみなら文句なしのトップ。 久々のスタンディングオベーションで優勝は間違いないと思っていたからさ。 一番慌てたのは報道関係だろうね。 3位のレオノワ選手も170点で他の大会なら優勝でもおかしくない数字。 日本の二人は10点以上の大差を付けて1・2位独占。 浅田選手の覚醒はもう少しかな。 安全なジャンプを無難に飛びたくないのも分かるが、まずはファイナルまで進む事を優先したほうがいいと思う。 実は男子もスゴい事になっていて、ショートで高橋選手が90点を出した。 順調に行けばフリーの合計で230点を超えるかもしれない。 次いで、10点以上の差を付けられた2位は小塚選手。 なんと男女共に1・2位を独占する可能性も出てきた。 これって世界にはどう映ってるのだろうか。 評価してくれてるといいが。

| | コメント (0)

2011年11月12日 (土)

「超ワンピーススタイリング」03

新世界編のケイミー。 まさかのラインナップだが、この気合いの入りよう… 以前のペローナに続く、フィギュアに魅了されて好感度が上がるパターンだ。 しかも、これまた妙に出来のいいパッパグ付き。 帽子の着色はどうやって効率化を計っているのか… ヒトデボディの座布団の様な縫い目とか、人魚の透明感のあるウロコの表現とか。 ワンコインでは採算合わないと思えるほどのこだわり。 やっぱり他のキャラに比べてアソート数は少ないのかな…


Dscf111030_097
「超ワンピーススタイリング」ケイミー。パッパグも。

Dscf111030_099
側面とパッパグのアップ。ケイミーも良く出来ているが、パッパグのクオリティが高過ぎてね…伝わるかなー。


-----

| | コメント (0)

2011年11月11日 (金)

スポーツ三昧

今日(11月11日)は、スポーツの国際試合が3種ある。 サッカーW杯予選,フィギュアスケートNHK杯,ワールドカップバレー。 どれも日本にとって重要。 男子サッカーは先日大差で勝利したタジキスタンとアウェーで戦うのだが、これに勝つと予選突破がかなり近づく。 バレーボールは女子ね。 今日の相手はほぼ互角と言われるセルビア。 日本はすでにイタリアと中国に敗戦しているから、上位3チームに残るためには本当に負けられない。 3位に入ればオリンピック出場確定らしいからね。 そして、フィギュアよ。 男子は高橋選手と小塚選手が激突。 女子はなかなか結果を出せない浅田真央選手と鈴木選手が登場。 まずは女子のショートから。 どんな滑走を見せるのか楽しみだ。

| | コメント (0)

3DS「スライムもりもりDQ3」

評価:★★★★★★★★☆☆
面白い! こういう事なのよ。 最初の最初だけステージが始まるまでに若干もたつくが… 1度ステージに入れば、あとは安心のアクションゲーム。 キャラクターはそんなに多くないが…意外にも物語がちゃんとしていて、ボリュームもある。 7つのドラゴ…オーブを集めるという目的も分かり易い。 やれる事も沢山あるが、順を追って解放されるから詰め込み教育で爆発せずに済む。 一つ一つ慣れた頃に、新たな要素が登場する。 基本は海賊船の強化。 オーブを探すステージでは、海賊船で使える武器やモンスターも収集できる。 というか、ほぼこの収集がゲームの大半を占めるのよ。 いい物を拾えば、当然海賊船も強くなる。 強くなって海で敵の海賊船をやっつけると…そのパーツが手に入る。 強い相手を倒せば、強いパーツを入手でき、更に強化。 船のレベルアップは任意だが、なかなか上質なRPGとも言える。 名目上はアクションアドベンチャーだけどね。 プレー感覚はゼルダに近い。 シミュレーション的な思考も求められるから、ポケモンスクランブルみたいにAボタン連打で進め! て訳にはいかないけど…マリオの様な「非人道的」なトラップもない。 例えば「一撃死」とかね。 だから、ミスに対しても素直に「自分のせい」だと思える。 こういうのって「ゲーム」には欠かせないはずだが、ここ十数年は「落とし穴トラップ」だらけの作品ばっかり…… おかげで、本作の楽しさも倍増だけど…


興味のある方は公式サイトへ
スライムもりもりDQ3 公式サイト
詳細が掲載。

| | コメント (0)

2011年11月10日 (木)

「ワンピース」第645話 02

(ネタばれ&長文注意) ※前回のつづき。 巨舟「ノア」はどうなってしまうのか? 緊迫のなか、放送もれを聞いていた島民が20年以上前の出来事を思い出す… なんと白ひげ海賊団が魚人島をナワバリにしていたというのだ。 魚人島は新世界に入る為には避けて通れないからね。 人間に荒らされている魚人島で、白ひげは大暴れ。 「おれのダチの国を荒らしてんじゃねェよ!!!」「ハナッタレ共がァ〜〜!!!」 …これもまた前回のエースと同様に、白ひげが島民のなかで生きているという事。 この白ひげのセリフと、ルフィの「友達じゃねェか!!」をダブらせ…遂に「人間が嫌い」な魚人達にも、心の変化が起き始める。 やっぱり、ここまで徹底して描かないとダメなんだろうなー… 現に、中盤までの魚人島編を批判しているサイトも見かけるし。 この状況でまだ文句があったら大人げないと思うぞ。 そんな事より、二転三転して結局正解かもしれない予想が…暴走チョッパー。 640話の語りで「七つ目の変形は暴走チョッパーかと思った」と。 つまり、この時点では「七つ目は違った」と考えたのね。 もしくは…「大猿化したベジータみたいに、意識を失わずに暴走時の体型になれるのかな」とも言った。 …最後のコマは、どう見てもそういう事だよね? 難しいのは「七つ目の変形」と「とっておきのパワー」は同じなのかという点。 642話でランブルを手にした後に見せた姿は…「ヘビーポイント」。 もし、食べていたのなら…これがいわゆる「とっておきのパワー」という事になるが。 そのコマが省略されているでしょ。 そのため、私は…「とっておき」はまだかもと予想。 自分で言っていて混乱しそうだが…まとめると、「暴走時の体型でも意識を失わない状態が、七つ目の変形でとっておきのパワー」になるのかな。 次号はまた休載だから、答え合わせも少し先になるね…

| | コメント (0)

「ワンピース」第645話 01

(ネタばれ&長文注意) ホーディはどうなっちゃうんだろうね。 ネプチューン軍の兵士は「ルフィさんに敗れました!!!」と言ってるけど、死なない限りは向っていくと思う。 それは幹部達の思想からも分かる。 「死もまた復讐だ!!!」 人間に対する空っぽの怒りがエスカレートし、勝手な思い込みで「復讐」にまで発展してしまうとは… でも、これを怖いと思えるのは日本人だけかも…… いまや世界中で読まれているワンピース。 この魚人島編がどう伝わるのか知りたいところ。 その幹部達は逃げようとする仲間達にも容赦はない。 「おれの手で死に 人間への怨みを残せ!!!」 …一体だれと戦っているのやら。 ここで骨だけブルックが一言。 「あなたねェ 死んだ事もないくせに偉そうに!!」 実際に死んでいるブルックにしか言えないセリフだ。 ほかの仲間達も、どうやら「決着」の予感。 そして…過去に予想してきた「謎」が徐々に明らかに! まず、638話で語った「ノアの処理」。 私は、いくらルフィが強いからって「ノア」をエイヤー!! て訳にはいかない…と言った。 ……今、まさにルフィがソレをやってます。 冗談混じりに「ギア4(フォース)」で全身が巨人化とも言ったが…なんか近い事になってるし。 本当に「ノア」を破壊してしまうのだろうか? ※つづく。

| | コメント (0)

2011年11月 9日 (水)

テニス男子 日本人選手が24位

先日行われたスイスの大会で、男子テニスの錦織圭選手が決勝まで進んだ。 準決勝の相手は世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ選手。 錦織選手の大逆転劇という事もあってか、珍しく日本の報道でも盛り上がっていた。 ずーっと応援している身としては、もちろん嬉しいのだが… 世界ランクの上昇率が急過ぎてちょっと心配。 だってついこの前の9月までは80位以降だったんだから。 約2ヶ月足らずで怒濤の50人抜き。 決勝では世界ランク4位のフェデラー選手に敗れたが、文句無しの大活躍で…世界ランクも32位から24位に! どんな試合を重ねたらそうなるのか… まー、確かに「格上を撃破」もよく聞くし。 本人も長い間100位前後を行き来していたからね… 順位が上がったからと言って変に気負うこともないとは思うが。 久々に観た映像から判断すれば、トップ10入りも遠くないだろう。 テレビで中継してくれ。

| | コメント (0)

2011年11月 8日 (火)

「超ワンピーススタイリング」02

新世界編のサンジね。 眉毛のぐるぐるが眉間側になった為、立体化がより一層難しくなったと思われるが… このサンジはまったく問題なし。 何がスゴいって、ぐる眉の部分が「造形」されているのよ。 だから、個体差で位置がズレるという心配もない。 更に、見事なのは…体系。 原作者の尾田氏のクセというか…エニエスロビー辺りから、体系の描き方に特徴が出始めてさ。 その独特なフォルムをしっかりと再現している。 あえて望むなら…靴に光沢が欲しい。 サンジは紳士だから靴の手入れは欠かさないはず。 それだけ。 ただ、このサンジの出来を批判しているブログも多い… というか原作のサンジがダメらしい。 なら何故買う…


Dscf111030_092
「超ワンピーススタイリング」サンジ。どこをどう見てもサンジ。たばこを持つ手も細かい。

Dscf111030_090
側面と全身。原作に忠実な体系も見事。


-----

| | コメント (0)

2011年11月 7日 (月)

3DS「マリオ3Dランド」

評価:★★★★★☆☆☆☆☆
悪くはないんだけどねー。 グラフィックも綺麗だし、全体的な作りも丁寧。 ただ、アクションゲームには欠かせない「達成感」が弱い。 理由のひとつに、誰がやっても似た様な解き方になるのよ。 丁寧なためか、正解ルートを用意しすぎ。 「こうしないと先に進めません」ばっかりだから、自分でクリアしたという感じがしない。 なにより、最初から難易度が高すぎ… 1-1は基本操作を覚えるステージに徹してくれないと。 「やられる」のが難しい位がちょうどいい。 ゲーマーには簡単でも、最速でクリアしたら裏ルートが現れるとかさ。 あとは…「状況変化」が少ない。 床ボタンを押すと隠しブロックみたいなのもそうだが、私が言っているのは進む為の変化ではなく…何かを壊したり倒した事によって、ステージ全体に大きな変化が生まれるみたいな。 ここで重要なのは、ソレが「クリアに一切関係ない」という事。 これこそが私の考える「楽しいアクションゲーム」だ。 例えば、ドラム缶の中でブロックを全部壊したら夜になるとか。 木々に満開の花が咲くとか。 クリボーがベロを出すとか。 プレイスタイルでどんどんステージが変化してくれると、何か違う事をやってみようという好奇心が増す。 でも、ゲーマーに媚びて難易度を上げると…好奇心を持つ余裕がなくなる。 ひたすら「やられない」様にゴールを目指すだけ。 それが本作。 残念だなー…… 色んな仕掛けに対しても「石橋を叩いて渡る」みたいな… どうしても「行ってみよう、やってみよう!」という楽しい気分になれない。 それはラウンドが進むほど顕著に… もはやランドじゃなくてキャンプだ。 任天堂ゲームが「難しい=楽しい」にシフトしてから一体何年になるのやら… 最後に一番ショックだった事を… それは、説明書の廃止。 パッケージにはペラの用紙が1枚あって、「詳しくは電子説明書を」と記述。 ゲーム画面だと電池を消耗するから「読み物」には向いていない。 iPadなどの電子書籍も同じ。 書籍は「じっくり」読みたいの。 充電の残りを気にしながら文章なんて読めません。

興味のある方は公式サイトへ
スーパーマリオ 3Dランド 公式サイト
詳細が掲載。

| | コメント (0)

2011年11月 6日 (日)

「超ワンピーススタイリング」01

このシリーズも出る度にグレードアップ。 実は前回の時もスゴかったから、勢いでメーカーに「スゴい!」的なメールをしたら…感謝の返信を頂いた。 嬉しいのは、ちゃんと読んでいる事ね。 非常に丁寧な内容に感動。 そりゃ良質な作品にもなるよ。 当然、今回も期待していた訳だが…いや〜、その想像を超えてきた。 いつもの様に他者のブログ画像なども沢山拝見したが、どういう訳か全然違うフィギュアのようにみえる… 私の引き当てが良かっただけなのかなー。 そのせいか、意外にも批判寄りな内容も見かけるのよ… とても残念でならない。 とにかく、私がアップする画像を見てもらえば分かるはず。 批判されるような出来かどうかね。 まずは、なんと言ってもルフィ。 新世界編のこの衣裳も立体化ではすでにお馴染みとなったが… 「造形」に関しては、先日のグラメンよりも今回のスタイリングが上だと思う。 理由は横顔。 ちゃんと立体になってるでしょ。 しかも彩色がほとんどはみ出ていない。 グラメンは一見スゴいが、よく見ると細かい部分で雑。 ホクロの様な色飛びも目立つ。 それがスタイリングでは極力少ない。 私が手にする限りはね。 これが食玩で、しかもワンコインに満たない価格帯で提供されている事もスゴい。 時間があったら過去ログの画像とも比べてもらいたいよ。


Dscf111030_069
「超ワンピーススタイリング」ルフィ。少し右を向いているが…あえて正面から。ちょっと分かりにくいけど、汚しのグラデーションもあって彩色のディテールもアップ。

Dscf111030_076
全身と側面。全身はバランスの良い向きに調整。これのどこを批判しろというのか… 側面の立体感も十分。素晴らしい。


-----

| | コメント (0)

2011年11月 5日 (土)

プロ野球にモバゲー その2

先日、プロ野球の横浜ベイスターズ買収の件に少し触れたが… 最大の問題だった球団名に「モバゲー」を入れるという騒ぎが、どうやら解決しそうだ。 運営会社のDeNAは「モバゲー」を入れる事を諦め、「横浜DeNAベイスターズ」で申請する見通しらしい。 …いいんじゃないかい。 さすがに社名をDeNAからモバゲーに変更する時間はなかったか。 というか、ソレをやったらモラルもへったくれもなくなるしね… 商品名を入れたいって発想をしている時点で、そういう事もやりかねないと思ったが… そもそも、低迷する野球人気に弱小球団を手にした所で…売名にもならん気がするけど。 ヘタをすると負け続ければ親会社の価値を下げることにもなる。 お金に物を言わせて選手の補強をしても同じこと。 助っ人外国人に大金を払うシナリオが目に見えるでしょ。 IT成金の道楽か… プロ野球自体は好きではないが、もし現実にあったら…日本のスポーツをコケにしてくれるなよ。 と言いたい。

| | コメント (0)

2011年11月 4日 (金)

一番くじ「ワンピース」

このところワンピース尽くしだが、ちょっと予定外な事があってさ… たまたまセブンイレブンにあった一番くじの「ワンピース」。 1回500円だからね… いつもなら絶対に手を出す事はないのだが、今回はA賞からE賞までが精巧なフィギュア。 個人的に言わせてもらうと…F賞以降はハズレ。 グラスとかクリアファイルとかストラップとか、200円でも欲しくない。 でもアタリが5種類もある。 こんな機会は滅多に無いという事でザ・チャレンジ。 大きいフィギュアなら、店頭価格で7000円が相場。 実際販売するなら、確かにそれくらいだと思う。 そう考えると、1万円で20回引けば…アタリが何体か出そうな気もする。 ハズレが欲しいって人と折半できれば言うことないが。 私はお金持ちではない為、2000円で4回引く。 そして、結果は… なんとE賞のブルックが出たよ。 超でかい。 フランキーほどではないが、こういう「くじ」で当たったのは初めてかも。 まー、コレがアタリかは個人差もあるが… 市販のP.O.P.シリーズと比較すれば、2000円は相当な得。 世の中には500円で当てる人もいるとは思うけど、ギリギリで5000円までで当てられればラッキー。 なんだかあとになって、もう少しチャレンジしても良かった気が…… 問題はハズレの処理。 この事を思うとテンションが下がる… グラスもクリアファイルも、ちゃんと出たよ… どうすんべコレ。 使い道ゼロです。 ゾロやサンジは気になるが、もうやらない。


Dscf111103_001
一番くじ「ワンピース」E賞:ブルック。写真だと分からないが、女性誌より少し大きいくらい迫力のあるサイズ…


-----

| | コメント (0)

2011年11月 3日 (木)

「ワンピース」第644話02

(ネタばれ&長文注意) ※前回のつづき。 もうひとつ、気になる場面があって… それは、ホーディの過去。 彼を中心にちゃんと「過去」が描かれている… うーん、まさかとは思うが…ワンピースの流れ的に考えると、これはルフィの仲間になる演出。 過去話しがあって仲間にならなかったのは…アラバスタのビビくらい。 でも、あの時はロビンが加わったし。 スカイピアは空島自体の過去みたいな話しでしょ。 そうなると、ホーディではない誰かが仲間になるのは必須? その問題とは別に、オトヒメ暗殺後に入手した…伝説のブツ。 おそらくはエネルギーステロイド(ES)。 軍人を装っているホーディが手に入れたという事は、竜宮内に保管されていたのだろう。 「天はおれ達を選んだ」とも言っているから、天竜人が関係しているのかとも思ったが…人間だからね。 恨んでいる相手に「選ばれた」などと言うわけないか。 ゼオにESの量産を促していることから、もしかしたらESは何かの種かも。 ゼオの「やってみよう」て返事も妙だし、大麻みたいに栽培して増やせるとか。 故に禁止薬物で伝説化。 人間が摂取したらどうなるんだろ。 奴隷にされていた海賊なら、奪う事も考えるかもね。 実際あっても劇中では描かれないと思うけど。 次回は再び麦わらの一味の戦闘が濃厚。 ホーディと「ノア」が解決したらほぼ終了だから。 その前に仲間の戦闘くらいは決着してほしい。

| | コメント (0)

「ワンピース」第644話01

(ネタばれ&長文注意) エンディングに向けて準備が整いつつあるね。 前回の国営電伝虫の放送もれ。 ホーディの正体に言及したあとも、兄ほしは「内側と戦わなかったこと」を悔やみ…島の未来を麦わらに託す。 「お前の手で!!!魚人島をゼロに!!!!」 全ての事情を知った島民達はルフィの言葉に注目する! 「魚人島は誰にも傷つけさせねェっ」「全部任せろ兄ほし」「友達じゃねェか!!」 …こんなやり取りを聞いちゃったらね。 友達と呼べるほどの関わりはなかったと思うが…ハチやジンベエは過去に対決しているからさ。 昨日の敵は今日の友的な信念もルフィにはありそうだし。 ルフィが兄ほしを友達と言うなら、もう少し彼とのエピソードも欲しいところだが…そこは受け入れるしかない。 そして、その直後よ。 鬼神の形相で襲いかかるホーディに、ルフィが放った衝撃の一撃!! 「"火拳銃"!!!!」 いや〜…本当に盛り上げるね。 このタイミングで、まさかの「火拳」。 いまは亡きエースの必殺技。 厳密には違う技だが、その名を込めたルフィの強い意志が伝わってくる。 つまり、兄の死を受け止めたという事だろう。 更に思い出すのは…ヒルルクの言葉。 「人はいつ死ぬと思う…?」 チョッパーの優しさを守る為、あえて毒薬を飲んだヒルルクが死ぬ間際に残した名言。 「…人に忘れられた時さ…!!!」 ルフィはエースを忘れない! 「火拳」はエースがルフィのなかで生きている事の証し。 ワンピースという作品全体を通してブレることのない尾田氏の信念は本当にスゴい… 技そのものは、どうやら「ギア2武装」時に放てるようだ。 限界まで伸ばした武装色の腕を、目一杯引っ張る。 この時の「キュイイイイン!!!」という音は、おそらく「摩擦」。 強烈な速度で発火させるのだろう。 武装は発火による火傷を軽減させる為かな? 深海でこの威力だから…地上で放ったら大爆発を起こすかもね。 もうひとつ、気になる場面があって… ※つづく。

| | コメント (0)

2011年11月 2日 (水)

BSアニマックスが4日間無料

明日の11月3日(木)から6日(日)まで、「BSアニマックス」の全日完全無料放送が実施される。 と言っても、私が興味あるのは「頭文字D」のみ。 前回は1話から6話まで無料期間中に放送されたが… 今回は22話から。 ちょっと飛び過ぎだな… これで契約したら、まんまと転がされているみたいじゃないか。 結局ソレしか見ないんだから、レンタルで十分。 いっそU局で再放送されないかなー。

| | コメント (0)

プロ野球にモバゲー

DeNAという「モバゲー」の運営会社が、プロ野球の横浜ベイスターズを買収するという話しで問題になっているとか。 最大の原因は…球団名に「モバゲー」を入れるというワガママ。 楽天やソフトバンクが球団名に入っているだけでも違和感満載なのに… モバゲーて…… モバイルゲームの略語だよ? 正式に言ったらモバイルゲームベイスターズになる。 また、球団を買えるほどの儲けはあると思うが…それがイコール知名度には直結しない。 というか、アホな「課金システム」が表立って問題になっていない事こそが、まだまだ知名度が低い証拠。 そもそも、DeNAはモバゲーの知名度を上げたいから球団名にしたいと言っている… こういう会社が儲かる世の中ってどうなんだろうか。 結局は利用者である我々の責任でもあるんだけどね。 そりゃ楽天だってソフトバンクだって、売り出したい自社製品は沢山あるだろう。 そんなモノをいちいち球団名にしていたらキリがない。 宣伝したいならサッカーやF1に投資してステッカーを貼ればいい。 そう言えば、企業名がチーム名に入っているスポーツって個人的に超シラケる。 バレーボールとか駅伝とかね… 企業がチームを作るなとは言わない。 スポーツを利用して宣伝されると気持ちよく応援できないってこと。 その点Jリーグはチーム名に企業名が一切入らないでしょ。 そういうルール作りは素晴らしいと思う。

| | コメント (0)

2011年11月 1日 (火)

ワンピース プライズ 12

バンプレストのプライズ景品「DXフィギュアTHE GRANDLINE MEN vol.10」。 前回に続いてウソップ。 この新世界編のウソップも色々な形で立体化されているが、グラメンはそのどれよりも素晴らしい出来。 サンジやローに匹敵するくらいだ。 塗りはまだ粗い部分もあるが、特に気になるほどでもないし。 絵だとあまり意識しない衣類の素材も、見事に再現されている。 ブーツのザラザラ感なんて考えもしなかったよ。 でも実際そうかもと思える説得力もある。 筋肉の付き方もキャラに合わせて変えてるのもいい。 造形師が違うのかもしれないが、作者の「個性」を無理矢理投影していないからね。 次は11月末に「DXフィギュアTHE GRANDLINE LADY vol.1」が登場予定。 ナミとジュエリー・ボニーだが、少し微妙かも。 女性陣は比較的目や瞳が大きいから、目の部分が造形されていてもシールプリントっぽく見えてしまう… 質感や彩色はシリーズに沿ったクオリティかもしれないけどね。 順当に行けば、次はロビンやビビ辺りかな? 意外なとこでは…カヤ,ドクトリーヌ,ヒナなんかも可能性はあるだろう。 あ、ヒナは海軍だから別のシリーズか… 空島のラキや魚人島のしらほし姫もいいね。 何年先になるか知らんけど。


Dscf111028_067
「GRANDLINE MEN vol.10」ウソップ。

Dscf111028_047
正面の全身と側面。こちらはパーフェクト。素晴らしい以外に言葉が出て来ない…

Dscf111028_068
ブーツ、耳当て、カバン。材質感も彩色も見事。

Dscf111028_070
バストアップ。ここまで原作に忠実なウソップは他にない。


-----

| | コメント (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »