« ワンピース「超造形魂」 | トップページ | アニメ「ラストエグザイル-銀翼のファム-」 »

2011年10月16日 (日)

体操世界選手権

昨日の男子個人総合はスゴかったね。 日本は昔から強いと言われているが、私の印象ではやっぱり中国やロシアが上でさ。 団体でもそんな感じだったが、個人総合では、日本の内村選手が序盤から独走。 これだけ前評判が高く、期待されたなかでの優勝はさすが。 体操には詳しくないから、アホな疑問かもしれんが…なんで個人総合に中国は出てないのだろうか? 今回の内容なら、いても内村選手の優勝は変わらないかもしれんが。 中国は団体で優勝してるからね。 当然個人も勝ちにくるはず。 まー、それはいいとして… フィギュアと違って、採点の予想がまったく出来ないのよ。 しかも、0コンマ単位が勝敗を分けるからさ… 体操ではどうやら14点台が△,15点台が○,16点台が◎のようだ。 種目によっては15点台でも◎らしい。 解説者が「E難度」とか「D難度」と言って騒いでいるけど…さっぱりだ。 フィギュアは選手に都合のいい解説が多いから、採点結果が全然違うこともあるが…体操はほぼ的中。 観ているだけじゃ良し悪しは分からないけど、解説者のテンションでなんとなく判断はできる。 テレビ中継される大会も少ないし、LIVEだと各選手の準備にも時間がかかり間延びする為…あまり目にする機会も少ないが。 今回の男子個人総合は観て良かった。 久々にスポーツで立ち上がったよ。

|

« ワンピース「超造形魂」 | トップページ | アニメ「ラストエグザイル-銀翼のファム-」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ワンピース「超造形魂」 | トップページ | アニメ「ラストエグザイル-銀翼のファム-」 »