« フィギュア「超ワンピーススタイリング」02 | トップページ | CS放送17・18・19日も無料 »

2011年9月13日 (火)

3DSカンファレンス

(※長文注意) さきほど任天堂が業界向けの発表会を行った。 その名も「ニンテンドー3DSカンファレンス2011」。 映像では冒頭からWiiの新作を中心に紹介されていたが、ゼルダはやっぱり別格… というか紹介映像の作り方が上手い。 どこまでを見せるべきかのさじ加減が絶妙だ。 「DQX」もこっちに任せれば良かったのに… ゼルダは演出の上手さに加え、全体的な色彩のセンスを強く感じた。 昔GCで出た猫目リンクの世界観をそのままリアルリンクにしたような…暖かみのある映像。 Wiiのマリオギャラクシーに劣らないグラフィックレベルだと思う。 なんと言ってもゼルダにしては非常に「鮮やか」。 これは大きい。 ゲームなんだからウソを付いてでも「見やすさ」にこだわるべきだと思っていたからさ… これは相当期待できそうだ。 もちろん世界に出しても恥ずかしくない。 逆に自慢できるよ。 これが日本のゲームだってね。 壇上で宮本氏がたっぷりとゼルダを解説したあと… いよいよ岩田社長の登場で3DS関連の情報が解禁。 どうやら次回の本体更新で、3Dムービーの撮影が可能になるらしい。 更に「すれちがい広場」のバトルやパズルが大幅に新規・追加されるとのこと。 出来れば、もう少し短い間隔で追加してくれるとありがたいが…触らなくなって久しいし、ないよりはマシか。 あと、男女バランスを公平に保ちたいという事で…3DSの新色「ミスティピンク」を発表。 現状はやや男子の所持率が高いらしく、この新色やソフトの充実で女子のユーザーも増やしたいという。 まー、悪くないんじゃないかな。 他社の3DSソフトも沢山発表されたが…基本的にどれも発売未定。 つーか本体発売前に発表されていたタイトルも多い…… 表現力が上がった分、制作期間も増えるのは分かるが…そんな状況でも頑張っているメーカーは評価したい。 なかでも光っていたのはカプコン製ね。 モンハンやバイオのグラフィックはPS2を遥かに凌ぐ。 ほかのメーカーがそこまで至っていないって事は…カプコンの技術力や努力の賜物か。 ナムコの鉄拳も気にはなったが、床と背景が分離してんだよね… PS2でもそうだったかな? 当時はそれでも良かったが、グラフィックが向上した今は超違和感。 ましてや3DSの立体視で見た時、ちゃんと背景との距離感が保てるのか心配。 ナムコは昔からステレオ写真など「立体視」の研究に取り組んでいるくせに…いざゲームとなると「ガンダムTHE3Dバトル」のように宇宙などの背景を1枚絵にしてみたりする。 おそらく鉄拳もそれに近くなるだろう… 今回発表された新作ソフトの多くは、3D映像としてeショップから配信予定。 3DS発売から半年以上が経つなかで、そろそろ「立体感」の強烈なタイトルが欲しいところ。 だって3Dボリュームが全然活躍できていないからさ… 完全にONかOFFかのどっちか。 もっともっと立体を強めにしてくれれば、こっちで調節できるのに… で、実際このなかで本当に興味があるのは2Dドット絵の「スライムもりもりDQ3」だけ。 モンスターの数が多ければ買うかも。

興味のある方は公式サイトへ
ニンテンドー3DSカンファレンス2011
映像や発売日など、詳細が掲載。

|

« フィギュア「超ワンピーススタイリング」02 | トップページ | CS放送17・18・19日も無料 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フィギュア「超ワンピーススタイリング」02 | トップページ | CS放送17・18・19日も無料 »