« 正しい日本語? | トップページ | フィギュア「ジョジョスタンド」 »

2011年9月17日 (土)

東京ゲームショウ2011

(※長文注意) …行かないけどね。 昔から「東京ゲームショウ」はソニーとマイクロソフトのイベントみたいなものだからさ。 両者は完全にネット通信系の開発に移行してるから、そういうゲームに一切興味のない私とは無縁のお祭り。 更に今年は「ソーシャルネット?」とか言うジャンルが盛り上がっているとかで…モバイルゲーム専門の「グリー」が大々的に紹介される。 まーね。 別にそれはいいと思うよ。 世間に広まれば広まるほど、いかに「他人との干渉」が国民性と相反しているかを思い知るだろうさ。 韓国を始めとした海外の通信環境の躍進のせいで、日本が遅れを取っているという誤解を生んでいるのだろう… 事実、制作サイドは利益を得ているわけだから。 需要があるのは分かる。 しかし、未だに「一部有料」とかいう注釈を小さく入れている所に大きな問題を感じるのよ… 違うんだよなー…… モバイルゲームは基本的に課金しないと「最後」まで遊べないように作られている。 つまりは「シェアウェア」。 シェアウェアとは、簡単に言えば「体験版」。 一定の所までは普通に利用できるが、色々と制限があり…課金する事で制限を解除できるというシステム。 無料をうたうPCゲームにも最近増えてきたが…それらも全部、結局はシェアウェアだ。 酷いモノになると…「ウェブマネー」でアイテムを購入させようとする悪質なサイトまで誕生しつつある。 ウェブマネーとはすなわちリアルマネー。 現金だ。 無料で遊べると言っているPCゲームは、ほぼこのスタイルを取っている。 なにが問題なのかと言うと…金銭感覚の麻痺を促しているところ。 ゲームを利用する時にかけられる金額の相場を考えた事があるだろうか? ソフトの機種やクオリティによるが、市販なら大体4000〜8000円程度。 PCに限らず「無料」と言っているようなゲームの内容なんて…せいぜい出せて1000円。 ところが、無料のゲーム内で売っているアイテムは100円前後。 安く聞こえるかもしれないが…アイテムを10個買ったら1000円だよ? バカか…… 100個あったら、全部揃えるのに1万円も必要。 普段ゲームしない人は気がついたら1万円くらい使ってしまうかもしれない… 市販なら1000円にも満たないクソゲーにだよ? 利用者が了承しているのは、この現実を知らないからだ。 でも、冒頭で言ったように、世間にもっと広まれば…課金がどれほどバカげている行為か思い知る事にもなる。 たまに聞く「理屈」に、課金で利益を得ないと商売にならないというのがある。 それはね。 無料って言ってるからだよ。 最初に無料と言わず、シェアウェアだと言えばいい。 もしくは1000円で全機能を提供すればいい。 それが本来のゲームのあるべき姿。 ところが、無料と言えば飛びつくという利用者の心理を悪用すると…リアルマネーでアイテムを買わせるという結果になってしまう。 そして課金している利用者は、課金しない利用者を言葉で攻撃したりする…… 運営側は「利用者同士の事ですから…」と言っておけば責任も問われない。 何度も言うが、普段ゲームをしない人が増えれば…当然こういったトラブルも増える。 他人と干渉し合う事のリスクを多くの利用者が知れば、放っておいても自滅してくれるだろう。 ルールなどの利用規約を厳しくすれば、それこそ敷居の高いゲームと化す。 小規模でウロチョロしていればまだ可愛げもあったのにね。 GAMEの古参国でもある日本が築いてきた歴史を、GAME歴の浅い世界の環境に…こうも簡単に流されてしまうとは。 世界に視野を広げるとは、こういう事なのだろうか? 現状はメーカーも報道も「時代はネットゲーム」と大宣伝している。 それが本当に正しいかを判断するのは我々「日本人」だ。 「間違っている」というジャッジを私は期待したい。

|

« 正しい日本語? | トップページ | フィギュア「ジョジョスタンド」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 正しい日本語? | トップページ | フィギュア「ジョジョスタンド」 »