« 雷光 | トップページ | ココログの庭と町 »

2011年8月 9日 (火)

歯医者へ

虫歯ではないが、会計時に予約を要求されるのが面倒でしばらく歯医者に行ってなかったんだけど。 歯石のみをやってくれる所があるという事で、行ってみた。 予約の時に歯石は2回に分けるのか聞いてみたら…基本的には分けるってさ。 ただ、状態によっては1回でやれる場合もあるらしい。 もし分けるなら、やっぱり予約を要求されるのかなーとか思いながら治療を受けていたら…あっという間に終了。 全部やれたって。 驚いたのは、過去どの歯医者でも歯石の時は血だらけになっていたのに…今回はまったく出血せず。 その医者は「歯茎の状態が良かったから」と説明していたが、血だらけの時だって決して歯茎は悪くない。 血が出て当然と思っていたから、これは衝撃だ…… そもそも痛くないのよ。 大体どこの歯医者へ行っても、歯石だけは若い見習い風の女性が担当になり、激痛と共に大出血祭り。 …ちゃんとした人がやると、ここまで違うのか? 点滴もそうだが、出来ない人にやらせないでくれ… て、出来る人に出会うといつも思う。 冒頭で言った予約の要求も当然なし。 歯の治療後、「もう一度来てくれ」と言われなかったのは初めて。 本当に歯石が1回で終了してしまった。 こんな事が現実にあるんだな… 面倒なアンケートや強制レントゲン攻撃もなかった。 これなら年に1度は検診に行ってもいいかな。

|

« 雷光 | トップページ | ココログの庭と町 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雷光 | トップページ | ココログの庭と町 »