« 世界柔道パリ | トップページ | 飲食「東京チカラめし」 »

2011年8月27日 (土)

誰が総理に。

菅氏が総理辞職会見を行った。 なんというか、結局噂通り「保って8月いっぱい」ということに… 3月の大震災は首相としての手腕を最大限に発揮しなければならない事態だったと思うが、多くの国民には響くことがなかったように感じる。 難しいのは過度に動き過ぎると…パフォーマンスだと言われてしまうこと。 どこの国も首相クラスの人間が「報道陣を引き連れて」平民に声をかけるのは、どうしても違和感が残る。 例え本人が善意の限りを尽くしていてもね。 かと言って、活動をアピールしなければ…今度は「なにをやっているんだ?」と批判される。 この出来レースとも言えるサイクルをなんとか変えていかなければ、どんなに総理が交代しても同じ。 つまり、パフォーマンスと言われる行為を何十回も定期的に繰り返す気構えがあれば…それはパフォーマンスではなくなるだろう。 被災地に数回出向いて「ハイお仕事おしまい」みたいな人が総理だと困るでしょ。 やり過ぎて批判を浴びればいいと思う。 もっとやり過ぎれば、批判は必ず評価に変わる。 そこまでやるか? くらいやらなければ、国民には伝わらないだろう。 あとは外交に強い人に総理になってもらいたい。 それだけかな。

|

« 世界柔道パリ | トップページ | 飲食「東京チカラめし」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世界柔道パリ | トップページ | 飲食「東京チカラめし」 »