« ちょっとした誤解 | トップページ | ラジオ会館、解体へ… »

2011年8月15日 (月)

3DS「スーパーポケモンスクランブル」

評価:★★★★★★★★★☆
これは本当に超面白い!! 実は少し前に出たDSの「あつめて!カービィ」も面白いのだが、この3DSの「スーパーポケモンスクランブル(ポケスク)」があまりにもヒットしてしまったので…こっちを先に。 以前にもWii版の「乱戦!ポケモンスクランブル」を語っていて、そこでも絶賛。 しかし、当時のソレはダウンロード版だった為か、ポケモンの種類が少ないのね… その少なさを完全に克服したのが今回のポケスク。 噂によると「全種類」のポケモンが登場とのこと。 たぶん期間限定や交換でなきゃ入手できないポケもあるとは思うが… それでも明らかにダウンロード版の数を大幅に超えている。 プレイ感覚も同じだし、1ステージにかかる時間もちょうどいい。 つくづく、止め時を失う中毒ゲー。 育てるという要素を排除しているのに、強くなるという高揚感を得られる不思議なシステム。 それでいてポケモンの世界観をまったく崩していない。 企画した人は天才だ… これまでに経験した「ゲーム」のなかでもダントツに1番。 なんというか私の性格に合っているのだろう。 簡単操作、短時間クリア、コレクション性、高レベルで一掃する爽快感。 こうだったら面白いのにの「ほとんど」が詰め込まれた奇跡のゲーム。 …では、何故満点評価じゃないのか。 マイナスの1点は「2Dドット絵」じゃないこと。 確かWii版でも同じことを言ったかな? そりゃ相当な手間なのも分かるが…そういう手間はユーザーにとってプラスに伝わるはずだ。 時間をかける分、描き手の魂も宿るし。 ポリゴンは基本形をひとつ作ってしまえば、あとはバリエーションだから。 動かすのも命令プログラムで済むしね。 せめて図鑑表示くらいはドット絵を描いてほしかったなー。 ちょっと大きめに。 ナンバリングのポケモンシリーズは戦闘画面用に描かれるから制限があるでしょ。 そういった制限の枠を取り除いた形でのドット絵が見てみたい。 それが図鑑になるなら、集めるうえでのモチベーションも更に増すはず。 本当にそこだけ。 ゲーム性に直接関わる部分でない所でのマイナスは、自分で言っておいて残念ではあるが…私の理想とするゲームのほとんどを実現した「スーパーポケモンスクランブル」。 ポケモンに興味がなくても、アクションゲームが好きなら超オススメ。

興味のある方は公式サイトへ
スーパーポケモンスクランブル公式サイト
詳細が確認できる。

※追記 2011年8月17日(水)
 コメントのほうで「ドット絵では3Dにならない」とのご指摘を受けました。
 そこで私なりの見解を追記致します。

まず、ハッキリさせておくべきは…ドット絵でも3Dになるということ。 最も参考になるのはダウンロード販売中の「3Dクラシックス」。 ファミコンのタイトルを「ドット絵」のまま3Dでの立体表示を可能にしたシリーズ。 ほかにも「アンチェインブレイズ レクス」「BLAZBLUE」「剣と魔法と学園モノ。3D」など、2Dで描かれた絵を3Dで立体表示するタイトルも多い。 もちろん好みもあるが、3DSだから立体でなきゃならないという事はないだろう。 パッケージの裏にわざわざ「3D映像の表示」の有無を明記している事からも、3DS=立体表示という訳では必ずしも無いのだ。 今の所は3D表示のないドット絵のタイトルは「DS」で出ている。 「あつめて!カービィ」のようにね。 しかし、もうお分かりかと思うが…このドット絵全開の「あつめて!カービィ」もドット絵のまま立体表示が可能な状態で作ることも出来る。 それを今回のポケスクに「私」は求めたいという事。 あと、もうひとつご指摘で考えられるのは…3Dに対する認識の違い。 「3Dにならない」というのは、立体表示のことか、もしくはポリゴン表示のことか。 今は「3D」という単語は広く一般的に「立体表示」の事を指す場合が多い。 でも「ドット絵では」とある辺り、3Dの知識があるのだろう。 昔はポリゴンで作られたオブジェクトの事を3Dと呼んでいた。 つまり、「ドット絵では3Dにならない」は、「ポリゴン表示ができない」という指摘かもしれない。 であれば、まったくその通りだが…その事について本文で私自身が述べている。 なので、おそらくは「立体表示にならない」という事なのだろう。 そもそもポケスクのゲームシステムに「立体表示」の必要性をあまり感じなかったから、ドット絵でも見てみたいという発想に至ったんだけどね…… 自身の解釈をまとめる良い機会を与えてもらったよ。

|

« ちょっとした誤解 | トップページ | ラジオ会館、解体へ… »

コメント

ドットじゃ3Dにならんでしょうが。

投稿: ムック | 2011年8月17日 (水) 22:02

ムック様

コメントありがとうございます。
長文をお読み頂いて恐縮です。

ドット絵では3Dにならないとのご指摘ですが。
3Dクラシックスをご覧になられましたか?

ファミコンのソフトを「ドット絵」のまま3D表示でプレイ出来るという趣旨のものです。
ほかにも「アンチェインブレイズ レクス」など、2Dで描かれた絵を3D表示するというケースはわりと多いです。

ご質問の内容はとても重要な事だと考えますので、以降は表のほうで「追記」として書かせて頂きます。

投稿: NADA | 2011年8月17日 (水) 23:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ちょっとした誤解 | トップページ | ラジオ会館、解体へ… »