« サッカー女子W杯 3位決定戦 | トップページ | 夏の新作アニメ »

2011年7月18日 (月)

サッカー女子W杯 vsアメリカ

W杯決勝戦で日本の女子はFIFAランク1位のアメリカと対戦。 前半は完全にアメリカペース。 強引な力押しに日本は為す術無し。 0-0で折り返したのは、ただのラッキー。 0-3でもおかしくないほど、決定的なシュートを何度も打たせている。 日本がやるべきことは、全員が先を読んで「動く」こと。 それしかない。 いつも通りパスを回すのはいいが、次への展開を描く前にパワーで迫られているからさ… 逆にアメリカは先を行くプレーで、後半も続けてチャンスを作る。 精度を度外視した素早いチェックが、見事に日本の攻撃を封じているよね… はっきり言って終始FIFAランク通りの内容。 後半の中盤ではまさにゴリ押しで一気にカウンターを食らって失点。 チャンスメイクもほとんど出来ていないから、追加点を奪われないようにひたすら守るのみ… 日本は最後の最後まで力に対して技で対抗しようとしていたが…力に勝てるのは早さだけだ。 しかし、アメリカはその早さでも日本を圧倒。 このままゲームは終わるものと思っていたが… なんと日本がまさかの同点ゴール。 でもDFの動きが妙だったな… どうぞと言わんばかりのわざとらしいミス。 後半ロスタイムでもアメリカのパワープレーは変わらず。 押されっぱなしのまま、試合は延長戦へ… パワーに警戒し過ぎた日本は、延長前半に技で失点。 またもや、これで終わりかと思いきや…なんと澤選手まさかの追加点! ただ、このゴールはしっかりと技で奪い返した得点。 延長戦は2-2で引き分け。 つまり、PK戦に突入。 日本は本大会で初めてになるんじゃないかな? 優勝を決めるのがPKというのもなんだか締まらないが… 1本目はアメリカが止められ、日本が決める。 さらに2本目もアメリカは外すが…日本も止められる。 3本目も止めた日本は、ギリギリで決めてリーチ! そして…運命の4本目。 そうか…… そういう結末か… こんな事もあるんだな。 アメリカのほうが圧倒的に強かったのは誰もが認めるところ。 しかし、PK戦を制したのは3-1で日本! 何度も言うが…本当にまさかまさかの女子W杯日本優勝!! マジか… どこまで行けるか楽しみだとは言ったが、頂点まで行ってしまうとは。 いや〜…こんなに「もうダメだ」と思って勝った試合は初めてじゃないかな。

興味のある方は公式サイトへ
FIFA 女子W杯 ※英語
試合結果や予定などの詳細が記載。

※追記
開催国のドイツでは決勝戦の結果を5-3で日本の勝利と報じているメディアもあるようだ。 2-2の引き分けにPK戦の3-1を加えた数字。 日本では一般的に別けて考えるものだが、本戦でもPKで入れた得点は立派な1点。 確かにPK戦の得点も同様に捉えてもいいかも。 ただ、滅多にないが…10点以上お互いに決め続けるケースもある。 それを本戦の得点に加えるのはさすがに…ね。

|

« サッカー女子W杯 3位決定戦 | トップページ | 夏の新作アニメ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サッカー女子W杯 3位決定戦 | トップページ | 夏の新作アニメ »