« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

アクセス数が過去最多…

普段200前後というアクセス数が、1300強という驚異的な数字に!!? 先日の「アナログ放送停止」ね。 正午の更新を境にアクセス数が急増。 12時台だけで300近くまで行き、その後も100前後の数字をキープ。 最終的に過去最多の1300以上を記録。 時事ネタとは言え、やはり地デジ完全移行の影響力は大きいのだろう。 なでしこであまり変化がなかったのは残念だが、順位も407位で…強烈な右肩上がり。 …言うまでもなく、直後は悲しいまでの右肩下がり。 いつも通りに戻っただけなんだけど、これだけの訪問者がありながら下がっていくのも切ない… 上位のブロガーはスゴいなー…

| | コメント (0)

2011年7月30日 (土)

サッカー男子 FIFAランク16位

なでしこの熱が冷めやらぬうちに、男子のFIFAランクが更新された。 今回もコパの影響で大変動。 海外組を上手く召集できなかったりと、様々な事情でコパへの出場を辞退した日本は…前回から3ランクダウンの16位に降格。 と言っても、上位国の多くも同様にダウン。 この状況のなかでスーパージャンプアップを果たした国は…ウルグアイ,チリ,ペルー,コロンビア。 いずれも10カ国以上をゴボウ抜き。 特にウルグアイは日本よりも格下の位置から、なんと一気に5位へと躍り出た。 というか、前回の大幅後退から元に戻ったと言うべきか。 …そのウルグアイと入れ替わる様に、メキシコは日本よりも下の20位に。 トップのスペインやニュージーランド,ドイツなどは、ポイントを-100以上としながらも…現状を維持。 韓国は28位、オーストラリアは23位。 前回にも増して、更に大変動の結果。 アジアトップの日本はもう少し順位を上げたいところだ。

興味のある方は公式サイトへ
FIFA World Ranking
Ranking Tableで各国の順位を確認できる。※英語

| | コメント (0)

2011年7月29日 (金)

ニンテンドー3DSが1万5千円に!!

現在25000円で販売中の携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」。 その販売価格が、8月11日(木)より15000円という異例の大幅値下げで販売されることが発表された。 なんと、1万円も安くなる!? これから買う人は超お得じゃないかと思いきや… 価格改定前の8月10日(水)までに本体を購入し、その日までに本機から「ニンテンドーeショップ」へアクセスした人には「アンバサダー・プログラム」が発動するという。 これは25000円で購入した人限定のサービスで、具体的な内容は… 9月1日から対象者を限定に、バーチャルコンソールタイトルを「無料配信」する予定だ。 その数がなかなかの太っ腹なうえに超レア。 公表されているタイトルは…

ファミコン:スーパーマリオブラザーズ、ドンキーコングJR.、バルーンファイト、アイスクライマー、ゼルダの伝説、など全10タイトル。

ゲームボーイアドバンス:スーパーマリオアドバンス3、マリオカートアドバンス、メトロイドフュージョン、メイドインワリオ、マリオvs.ドンキーコング、など全10タイトル。

25000円で購入し、8月10日までにeショップに入った人だけが無料でダウンロード可能。 合計で20タイトルあるから、1タイトル500円で計算すれば…単純に1万円分がタダという事になる。 悩ましいのは、ゲームボーイアドバンスのタイトルは正式に販売予定のない「非売品」らしいのよ。 つまり15000円で3DSを買う人には、今回配信されるゲームボーイアドバンスのタイトルを入手する手段がない。 てことは…無料配信予定のタイトルを見て、有料でも欲しいと思うなら、25000円で今のうちに購入しておいたほうがむしろお得かもしれない。 昔のゲームはやらないって人は8月11日以降の15000円で販売される本体を買えばいいのかも。 悩ましいとは言ったが、こういう「配慮」なら大歓迎だ。

興味のある方は公式サイトへ
ニンテンドー3DS公式サイト
詳細色々。

| | コメント (0)

2011年7月28日 (木)

スポーツ選手へのインタビュー

このところスポーツの国際試合が多く、各局が有力選手にインタビューを行っているのだが… ○×質問が多くないか? これ、当事者たちは便利かもしれんが…視聴者にとっては回答の理由が後回しになるから、かなり鬱陶しい。 なんとかならんか? しかも、いくつかの質問に紛れて「聞きにくい」内容のものを混ぜるという悪質な手口も多い。 また、○×が終わると最初の質問から聞き直すでしょ? その度に選手もいちいち回答の理由を思い出さなきゃならない。 超無意味。 つーか、超失礼。 スポーツ選手にインタビューするのは、元スポーツ選手が一番だ。 絵面や話術なんかどうでもいいんです。

| | コメント (0)

2011年7月27日 (水)

BS朝日「スラムダンク」

間もなく最終回を迎えるアニメ「スラムダンク」。 BS朝日で再放送中なんだけど、先日の第84話「勝敗」は素晴らしかったね。 昔観ていたのはWANDSがエンディングを歌っていた頃まで。 それ以降は何故か記憶に無いのよ… 今改めて観ても普通に面白いのに。 というか作画がスゴい。 井上雄彦氏の描くキャラは顔が命だからさ。 アニメではバランスの取り方が難しいと思うんだけど、本作はほぼ忠実に「原作」の絵を再現している。 全101話だから、さすがに「おや?」な回もあるが…いわゆる名場面はしっかりと作画されているのよ。 特に今回は再放送で見る事が出来て本当に良かった。 インターハイ予選で2度目の対戦となる湘北VS陵南。 その勝敗が決する回だ。 漫画原作も良かったが、アニメの「演出」も感動的。 桜木花道の「戻れ!仙道が来る!!」は、敗北から得たモノの大きさを物語っていたよね。 だって負けた悔しさもない相手に対して、桜木が同じセリフを言っていたらどうよ。 単に漫画的で都合のいい展開になっていたと思う。 何でその時桜木が仙道を警戒したのか? その「理由」が作中にあるから、多くのファンから今も尚支持を得ているのではないだろうか。 現在もバスケをテーマにした漫画が沢山存在するが…「どれだけスゴい技を披露するか」にこだわるあまり、「どうしてソレが可能なのか?」を納得させるだけの説明や理由が不足している。 これはバスケに限らず、多くのスポーツ漫画に言えること。 テニスだって野球だってサッカーだって。 必殺技はもちろん大事。 しかし、それを可能にする事や選択する「理由」は必殺技よりも大事。 本当はアニメの「スラムダンク」をオススメする理由でもあったが、残念ながら漫画原作の部分はほぼ終了。 知らなかったよ…豊玉や山王との激闘がアニメ化されていなかったなんて……


Dscf110707_197
…このクオリティ。晴子,ゴリ,流川,彩子、今じゃ絶対無理。

Dscf110707_248
湘北VS陵南のラスト。桜木の「10」が光り…ダンクを決める!!

Dscf110707_252
「戻れ!仙道が来る!!」。その言葉に戦意を喪失する陵南…

Dscf110707_256
…そして勝利。クールな流川ははしゃがない。これ大事。悲願だった全国へのキップを手に入れ号泣するゴリを労う桜木。

Dscf110707_267
試合終了後の陵南メンバーの表情も本当に良く描けている。


-----

| | コメント (0)

2011年7月26日 (火)

歴史的事件続発

中国の列車衝突脱線とノルウェーの銃乱射ね。 両者とも歴史的な大事件と言っていいだろう。 まず、中国。 日本やカナダの技術を応用して独自開発を声高に主張していた新幹線の「まさか」の衝突事故。 列車同士がぶつかり、高架からも転落。 死者が40人を超える大事故になった。 その後、先頭車両をその場で土に埋めるなど不可解な行動が目に余る為…もはや人災という批判も多い。 つまりこれは事故ではなく事件だと。 この件について、台湾は「うちの新幹線は日本の技術だから問題ない」としているようだ。 もうひとつの大事件は…ノルウェーの銃乱射。 狭い島に、ある種隔離状態にした人々を次々と射殺。 容疑者は警察官らしき格好でダマし撃ちを続けたという… なんというか「卑劣」という言葉すらもったいないと思えるほどの奇行愚行。 犠牲者の多くは若者で、死者は100人近くにのぼるようだ… 中国と合わせても、この数日で一体何人の人々が犠牲なったのだろうか。 模倣犯が出ないといいけど。

| | コメント (0)

2011年7月25日 (月)

フィギュア「超造形魂ワンピース海軍」

少しだけ改善傾向にあるようだ。 この超造形魂は、キン肉マンやドラゴンボールではその高いクオリティを見せてくれるが… ワンピースではいまいち。 造形師が作品をあまり知らないんじゃないかと思うほどだ。 今回の海軍編でも、その印象は変わらないが…顔の造形は良くなりつつある。 もう3歩くらい頑張ってくれれば、気持ちよく紹介できるんだけどね。 9月に控えている新世界編はかなり良さそうだけど、小さいだけに製品版とは大きく異なりそうな気もする。


Dscf110712_107
「超造形魂ワンピース海軍」ガープ,センゴク,スモーカー。

Dscf110712_115
「超造形魂ワンピース海軍」三大将・黄猿,赤犬,青キジ。


-----

| | コメント (0)

2011年7月24日 (日)

アナログ放送停止

各局で「正午」のアナログ停止を実況していたが… なんだか、あまりにもあっけなさすぎる。 もっと盛大にアナログへの感謝を伝えてほしかったんだけど。 どこも1分前から慌ただしくなり、アナログ画面が停止したのをみんなで確認して終わり。 そりゃダラダラ同じ事を続けてもしょうがないけどさ。 侘しさ感も新時代への幕開け感も、ほとんどなかったなー… 年明けよりも簡素… こんなの一生に一度あるかないかだよ? テレビは低俗だと中傷されている昨今、ここでテレビの底力を見せないでどうするのか。 結局関わる人間が変わらなければ、アナログも地デジも一緒という事なのか…

| | コメント (0)

東芝「VARDIA」の録画

私の使用しているVARDIAの「W301」は、地デジ対応機のなかでもかなり初期のもの。 ダビング10が開始されるよりもずっと前のタイプだから、色々と問題も山積。 放送の電波を介して少しずつバージョンアップで対応・改善しているんだけど、ひとつだけ改善されるとは思っていなかった問題があってさ… それは、「かんたんダビング」の際にしばしば発生していた…焼き切ってからの「ファイナライズ出来ませんでした」警告。 つまり、容量が足りなくなったから無理とのこと。 いやいや…じゃあ最初から焼くな! てね。 タイトルを数本まとめて焼いていれば、最後の1本を省いた状態で手動でファイナライズすれば済むが…映画や特番などまるまる1本の場合、きっちり100%まで焼いたあとに警告される。 参考容量時はOKの「○」なのに… だから、今では余裕を持った量で焼くようにしているんだけど、たまにギリギリで焼ければありがたい時もあるのよ。 そんな事を繰り返しているうちに…いつの間にか、容量が足りない時は焼き始める前にストップするようになっていてさ。 たぶんどこかのバージョンアップで改善されたんだと思うが、記憶のうえでは最近まで悩まされていたような… 「W301」の更新は2009年で終わってるからね。 それから今まで、ずっーと改善に気づかずにいたというのだろうか? なんだか切ない。

| | コメント (0)

2011年7月23日 (土)

フィギュア「超ワンピーススタイリングEX」

スタイリングシリーズは比較的良く出来ているほうだとは思うが、今回の番外編は彩色が凄まじい。 麦わらや銃など、細部に渡ってこの上ない着色。 「STRONG WORLD」という映画限定コスチュームだから、あまり馴染みのない格好だが…たぶん「黒ベース」のおかげで、塗り込む箇所を絞れるんだろうな。 それでもエースは特に細かい。 首飾りに帽子に銃が2丁。 派手なシャツにアクセサリー。 このサイズでは過去最高のクオリティではないだろうか。 ただ、シャンクスはサングラスが邪魔だから未購入。 衣類のどこかに引っ掛けていれば良かったのに。


Dscf110712_126
「超ワンピーススタイリングEX」ルフィ。帽子と銃に注目。

Dscf110712_144
「超ワンピーススタイリングEX」エース。とにかく細かい。


-----

| | コメント (0)

2011年7月22日 (金)

なでしこ FIFAランク4位をキープ

今月の22日に女子のFIFAランクが更新されたのだが… 先日のW杯優勝は反映されているのかな? トップ10で最もポイントを獲得しているのがスウェーデン。 日本は3-1で勝っているから、算出はそれだけではないのだろう。 アメリカとドイツはポイントを下げているが、順位は変わらず。 目立つ変動では、北朝鮮が-68ポイントで12位に転落。 逆に2-0で日本に勝ったイングランドは一気に6位まで上昇。 そのイングランドに勝ったフランスは、ベスト4まで行きながらポイントを下げている… そう考えると、3位のブラジルや2位のドイツまでのポイントの遠いこと。 五輪でも上位国は活躍するだろうし、日本は負けないように頑張らないと4位を守るのも難しいかも。 …それはいいとして。 フジテレビの時にも思ったが、金のなる木に群がる企業の節操のなさよ。 優勝によってスポンサーの申請が増えるのは構わないが…五輪の予選で敗退した場合のリスクをちゃんと背負えるのだろうか? 負けたからといって、早々にスポンサーを下りちゃうような企業は…安易に手を挙げないでもらいたい。 W杯の優勝は紛れも無く彼女達の努力だろう。 しかし、どう考えても実力が上回っていたようには見えない。 そういう部分も含めて、全面的にサポートしていける企業を選ばないと女子サッカーは成長できないと思う。

興味のある方は公式サイトへ
FIFAランキング 女子 ※英語
女子のFIFAランク詳細が記載。

| | コメント (0)

地デジ化の思わぬ弊害

テレビやデッキが地デジに対応している人は、番組表も取得しているものと思われるが。 東芝製のは自分でカスタマイズできるのよ。 例えば、表示させたくないチャンネルとか並び順とか。 アナログの民放だとテレ朝が10chでテレ東が12chでしょ。 だから、地デジでもその並び順だと見やすい。 つまり、4,6,8,5,7ね。 ありがたい事に、REGZAのデフォルトもその並び方。 ところが、非常に残念なのは…毎回購入していた「TVBros.」の番組表がさ。 4,5,6,7,8の並び順に変更されていて、超見にくくなっている。 困るとは思っていたが、まさかここまでとは…… グループの並び順だって変更されたら違和感あるでしょ。 戦隊で言えば、レッドが右端に並ぶようなもの。 センターという意味での8としてね。 慣れればと思うかもしれないが、デッキやテレビの番組表は4,6,8,5,7だから。 これは配列を2パターンで出版したほうがいいって。 並び順の変更は東芝だけのサービスかもしれないし、ソニーやシャープは地デジの番号順に並んでいるかもしれないからね… …こういう一般常識に囚われないのが「TVBros.」の良さだったんだけど。 まー今では確認くらいにしか利用してないから、別にもう買わなくてもいいかなー。

| | コメント (0)

2011年7月21日 (木)

テレ東「勇者ヨシヒコ」

テレ東の深夜に放送中の特撮?ドラマ「勇者ヨシヒコと魔王の城」。 これが、どういう訳か…期待ハズレなのに面白い。 オープニングでも「予算の少ない冒険活劇」とか言ってるし…終始チープの連続でさ。 話しの展開も無茶苦茶。 オーバーでなく、数分に1度は「何でだよッ!?」て感じのドラマ。 これのどこが面白いのかと言うと… TBSのあらびき団ネタをドラマ化しちゃった様なね。 主演の山田氏がとてもいい味を出しているのよ。 約30分という間にモリモリと理不尽な理由で仲間が増えて行くし、壮大なはずの冒険目的がなんと唐突に達成されてしまったりする。 まさに「あらびき団」。 予算がないわりに、ロケ地の雰囲気はなかなかリアル。 おバカなドラマに興味があれば超オススメ。


Dscf110709_024
旅に出ると、まさかのスライム出現!? 壮絶な戦闘が…

Dscf110709_031
短い時間に仲間を増やして行き…あっという間に目的達成。

Dscf110709_020
ッッ!!? 良く出来ているのか酷いのか… もう分からん。

-----

| | コメント (0)

2011年7月20日 (水)

台風6号

なにやらスゴい規模の台風が関東に迫っているようだが… 報道の空気が妙に冷静でさ。 数年前には「史上最大級の台風」とか報じたりしていたから、その温度差も手伝って…あまり構えてはいない。 九州や四国の海岸は荒れているみたいだけどね。 たぶん関東までは来ない気がする… 遅くて巨大なら、本州が壁になってどんどん離れていくだろう。 過去の例がそうだから。 ただ、影響の大きさは昨日の時点で相当あったから… 暴風雨には気をつけたほうがいいかも。

| | コメント (0)

2011年7月19日 (火)

夏の新作アニメ

数はそんなに多くないが、全体的に良作だと思う。 でもほとんど継続視聴の予定はない。 というか観られない… 春からの作品で2クール目が多いから。 「TIGER&BUNNY」や「青の祓魔師」とかね。 ちなみに、今回気になったのは…「神様ドォルズ」「うさぎドロップ」「神様のメモ帳」「セイクリッドセブン」「異国迷路のクロワーゼ」など。 なかでも「神様ドォルズ」と「神様のメモ帳」の背景よ。 異常なほどの描き込みで、その辺の映画よりも綺麗。 「神様ドォルズ」は新宿や周辺も舞台に出てくるからさ。 知ってるだけに余計その細かさが分かる。 週イチでこのクオリティは大丈夫か? と心配になるほど。 「神様のメモ帳」も渋谷など都心部の風景を中心に描いている。 同様にものスゴい描き込み。 これは背景を専門に描く会社が新設したのかな。 両者は手法が似ているし。 物語云々を度外視しても、背景のビジュアル映像集として十分楽しめる。 私は観られないけど。


Dscf110707_175
「神様ドォルズ」。キャラクターデザインも悪くない。

Dscf110707_177
この背景の描き込みはスゴい… ライトや通行人も動く。

Dscf110709_068
「神様のメモ帳」。個人的に人物はこっちのほうが好み。

Dscf110709_066
こちらも同様に凄まじい背景。こんなに描き込んで大丈夫か?


-----

| | コメント (0)

2011年7月18日 (月)

サッカー女子W杯 vsアメリカ

W杯決勝戦で日本の女子はFIFAランク1位のアメリカと対戦。 前半は完全にアメリカペース。 強引な力押しに日本は為す術無し。 0-0で折り返したのは、ただのラッキー。 0-3でもおかしくないほど、決定的なシュートを何度も打たせている。 日本がやるべきことは、全員が先を読んで「動く」こと。 それしかない。 いつも通りパスを回すのはいいが、次への展開を描く前にパワーで迫られているからさ… 逆にアメリカは先を行くプレーで、後半も続けてチャンスを作る。 精度を度外視した素早いチェックが、見事に日本の攻撃を封じているよね… はっきり言って終始FIFAランク通りの内容。 後半の中盤ではまさにゴリ押しで一気にカウンターを食らって失点。 チャンスメイクもほとんど出来ていないから、追加点を奪われないようにひたすら守るのみ… 日本は最後の最後まで力に対して技で対抗しようとしていたが…力に勝てるのは早さだけだ。 しかし、アメリカはその早さでも日本を圧倒。 このままゲームは終わるものと思っていたが… なんと日本がまさかの同点ゴール。 でもDFの動きが妙だったな… どうぞと言わんばかりのわざとらしいミス。 後半ロスタイムでもアメリカのパワープレーは変わらず。 押されっぱなしのまま、試合は延長戦へ… パワーに警戒し過ぎた日本は、延長前半に技で失点。 またもや、これで終わりかと思いきや…なんと澤選手まさかの追加点! ただ、このゴールはしっかりと技で奪い返した得点。 延長戦は2-2で引き分け。 つまり、PK戦に突入。 日本は本大会で初めてになるんじゃないかな? 優勝を決めるのがPKというのもなんだか締まらないが… 1本目はアメリカが止められ、日本が決める。 さらに2本目もアメリカは外すが…日本も止められる。 3本目も止めた日本は、ギリギリで決めてリーチ! そして…運命の4本目。 そうか…… そういう結末か… こんな事もあるんだな。 アメリカのほうが圧倒的に強かったのは誰もが認めるところ。 しかし、PK戦を制したのは3-1で日本! 何度も言うが…本当にまさかまさかの女子W杯日本優勝!! マジか… どこまで行けるか楽しみだとは言ったが、頂点まで行ってしまうとは。 いや〜…こんなに「もうダメだ」と思って勝った試合は初めてじゃないかな。

興味のある方は公式サイトへ
FIFA 女子W杯 ※英語
試合結果や予定などの詳細が記載。

※追記
開催国のドイツでは決勝戦の結果を5-3で日本の勝利と報じているメディアもあるようだ。 2-2の引き分けにPK戦の3-1を加えた数字。 日本では一般的に別けて考えるものだが、本戦でもPKで入れた得点は立派な1点。 確かにPK戦の得点も同様に捉えてもいいかも。 ただ、滅多にないが…10点以上お互いに決め続けるケースもある。 それを本戦の得点に加えるのはさすがに…ね。

| | コメント (0)

2011年7月17日 (日)

サッカー女子W杯 3位決定戦

スウェーデンvsフランスの試合だが、放送がCSのフジテレビNEXTだけでさ… ちょうど初受信で全チャンネル無料という事もあって、せっかくだから観た。 力の差はスウェーデンが圧倒していたが…女子のジャッジは毎度適当でさ。 ファウルの取り方が異常で、ミスどころの騒ぎじゃない。 おまけに解説者も未熟。 頻繁にハンドのスルーを指摘していたが…通常「明らかな故意」でなければハンドは取らない。 例えば、引っ込めた腕に相手の蹴ったボールが当たっても当然ハンドではない。 今回はその範疇。 そこだけは正しくジャッジしていたようだが…酷さで目立っていたのはスローイン。 何度逆チームに与えていたか分からないくらい間違えていた… こういうのって、審判は後日VTRの指摘でペナルティとか受けるのだろうか? 決勝戦でコレをやられたらかなわん… ちなみに3位決定戦の結果は…2-1でスウェーデンの勝利。 銅メダル獲得。 今日の深夜3時45分から、日本はアメリカと決勝戦を行う。 もちろん勝ってほしいが、かなり厳しいと思う。 なによりアメリカは日本を強敵と認識しているからね… 本大会中最も強いアメリカになるのではないだろうか。 日本はそれを上回らなければ勝てないだろう。 とにかく頑張れ。 なでしこ。

興味のある方は公式サイトへ
FIFA 女子W杯 ※英語
試合結果や予定などの詳細が記載。

| | コメント (0)

CSの無料放送

…なんだか全部映ってる。 どういう事? 確かノースクランブル(無料)以外はブラックアウトだった気がするんだけど。 無料表記のない東映チャンネルもフジテレビNEXTも他と同様に視聴できてる。 もしかしたら有料チャンネルに初めて合わせたからか? 説明ではB-CASカードが電波を受信してから7日間は自動で無料体験サービスが始まるらしい。 だいぶ前に「e2プロモ」を見たから、とっくにそのサービスは終わっているものと思っていたが。 もともとが無料の番組はカウントされないのかな? てことは3日間のサービスデーが終了しても、あと4日間は無料で見られるって事? もうひとつ気になるのは… テレビ側ではまだ「お試しサービス」を申し込んでいないから、左下に大きく案内板が出てるうえに録画タイトルは「コピーワンス(複製不可)」。 ところが、HDDではSD画質で録ってるからか…どういう訳か「ダビング10」扱い。 案内板もなし。 以前はコピーワンスで、ここでも語ったんだけど… このタイミングでのフジテレビTWO「ゲームセンターCX」集中リピート放送はありがたい。 ほぼ半日ぶっ通しだからね。 HDDの空き容量もパンパンだけどしょうがない… 公式サイトでもわざわざチャンネルごとに無料の表記があったから、てっきり表記のないものはダメなのかと思っていたよ… 一通り観て感じたのは、やっぱりチャンネルアイコンの画面内表示が邪魔。 特にカラーのもの。 4:3の再放送なら16:9の中に入れれば両サイドが空くでしょ。 その空いた所に配置すればいいのに、いちいち映像内に置くのよ。 故に「333 AT-X」みたいにアイコンがないチャンネルは非常に目立つ。 これだけのチャンネルや番組を確認できれば、十分有益だろう。 ただ、正確な状況が未だによく分からない… 宣伝や告知がもう少し分かり易いといいんだけど。

興味のある方は公式サイトへ
スカパー!e2 公式サイト
番組表などの詳細が記載。

※追記
HDDではやっぱり無料以外は録れないようだ。 録れたと思ったのは、たまたま表記がなくて無料だった番組。 これで全部視聴できるのは地デジのテレビで初受信だったからと判明。 自分で言っておいて、結局無料放送を無料サービスで見ることになってしまったようだ…

| | コメント (0)

2011年7月16日 (土)

今日からCSが3日間無料放送

地デジにしている人なら、たぶんほとんどのリモコンにあるであろう「CSボタン」。 まだ押した事がないなら少し待ったほうがいい。 今日から3日間だけ無料放送だが… それとは別に「初めて」CS放送を表示させた日から「16日間無料体験サービス」というのがある。 これは特殊なチャンネルを除いたほぼ全てのチャンネルを16日間だけ見放題になるシステム。 つまり、初めてが今日だと…3日間の無料放送でなくても、そもそもが見放題。 どうしても見たいというチャンネルがないなら、この連休の3日間はパスしたほうが無難。 16日間という期間が変わる訳ではないけどさ。 無料放送を無料で見るより、有料放送を無料で見たほうがなんとなくお得でしょ。 逆にすでに16日間のサービスが終了している人は、今日からの3日間に限り「ノースクランブル(無料)」でCS放送を視聴できる。 と言っても、肝心なモノは結構対象外… 「221 東映チャンネル」や「228 ザ・シネマ」「306 フジテレビNEXT」などはほとんどが対象から外れている。 アニメ系もチャンネルオリジナル作品は対象外。 あまり有益なサービスにはならなさそうだ… 

| | コメント (0)

2011年7月15日 (金)

HDα ゴーカイジャー2

前回の第一弾に続いて、今回はゴーカイピンクが登場。 イエローは第三弾に持ち越し。 第二弾のラインナップは個人的にあまり好みではないな。 まず購入のパスは…ドラゴンレンジャーとゴーカイシルバー。 理由は良く知らないのと、デザインとポーズがイマイチ。 私にとってはね。 巷ではゲキレッドの生産が極端に少ないようでセット価格が高騰。 その情報を得ていたから、ついでに買ってしまった。 コレも正直知らないが、デザインとポーズが良いので構わない。 最後はなんと言ってもアカレンジャー。 こっちは文句無し。 立体化されたなかでも、私の知る限り一番の出来。 肝心のゴーカイピンクも当然良い出来だが…前回と決定的に違うのは着色。 まさかの大改善! レッドやブルーで指摘した腰の金縁が、ピンクでは綺麗に着色されているのよ。 この差はでかい。 次のイエローで元に戻るなんて事はないよね?


Dscf110712_064
HDα アカレンジャー。造形,彩色,ポーズ、どれも素晴らしい。

Dscf110712_078
HDα ゲキレンジャー。黒い模様に白線が欲しいところだ。

Dscf110712_098
HDα ゴーカイピンク。並べると様になる美しいポーズ。

Dscf110712_086
側面と背面も。注目は腰の金縁。見事に着色されている。

Dscf110712_147
現状のメンバーで集合。5人のバランスって普遍なんだな…

3ds_110712_075_pl
3DS HDα ゴーカイジャー4人集合。


-----

| | コメント (0)

2011年7月14日 (木)

サッカー女子W杯 vsスウェーデン

3-1で日本が勝利! 遂に決勝まで進んでしまった。 前半の序盤でパスミスによる失点から始まった準決勝だが…なんとか同点に追いつき、後半の連取で逆転。 意外と言っては失礼かもしれないが、珍しく日本のほうが圧倒的に攻めていた。 終盤、スウェーデンも意地の攻撃を見せるが…日本の攻める姿勢は変わらず。 これは相手の士気を削ぐ好判断。 心技体ともにスウェーデンを上回っていたと思う。 FIFAランク1位のアメリカを破っているスウェーデンとは言え、日本もイングランドに2-0で負けてるからね… また、リーグ戦時からしっかりと応援している身としては…民放の扱いが雑多で情けない。 さすがにW杯決勝ならある程度は盛り上がってくれるとは思うが…それでもプロ野球に劣るんだろうな。 さあ、これでいよいよ日本の女子がW杯の決勝戦に挑む。 相手はフランスを3-1で破った最強のアメリカ。 17日の深夜、新たな歴史が刻まれる。

興味のある方は公式サイトへ
FIFA 女子W杯 ※英語
試合結果や予定などの詳細が記載。

| | コメント (0)

2011年7月13日 (水)

サッカー女子W杯 vsスウェーデン今夜

…これまでのように語るつもりはないが、今回の準決勝日本vsスウェーデンを急きょフジテレビで放送することになったようだ。 まー地デジで観てる人は番組表で確認してるとは思うが。 なんだか「金のなる木」に飛びついている様な印象も否めない。 最初から女子W杯の準決勝枠を設けていれば、日本敗退時は変更の場合ありでも構わないのに。 17日の決勝戦まで日本が進んだら、次はどこが放送するのやら… せっかく女子が頑張っているのに、局側が結果次第みたいなスタンスじゃ気持ちよく応援できないって。 …話しは変わるが、「女子はスゴい!」「やっぱり女子だね!」というコメントの報道の多いこと。 おいおい、今年のアジア杯で優勝したのは誰よ? 忘れるの早過ぎ。

| | コメント (0)

NHKがネット視聴の受信料も徴収

NHKは、テレビ以外の受信機にインターネット経由で番組を視聴できる世帯が判明したら、受信料支払い対象者に追加する方向で検討中だという。 これだけの情報で判断するなら、ワンセグ携帯とかでもNHKを観たら対象者になるというのだろうか? また、地デジの視聴が可能だという事を知らずにパソコンを所有している初心者も当然いるだろう。 複製目的で違法に受信している輩を撃退する為の「とばっちり」にも思えるNHKの方針。 なんだかイタチごっこを助長しているだけのようにも感じるなー… 厳しくしすぎると、普通の一般視聴者まで違法行為に誘ってしまう危険性がある。 更に、より凶悪で高度な違法の誕生を手伝う事にもならないか? 理想は現状のままで違反者を取っ捕まえる事だとは思うけど、正しく利用している人達を混乱させるようなマネだけはしないでもらいたい。

| | コメント (0)

2011年7月12日 (火)

アニメ ワンピース 第505話

先日放送されたアニメのワンピース、第505話「あいつらに会いてェ! ルフィ涙の叫び」。 久々に原作よりも泣けた。 作画も要所では良く描けていたし、演出も素晴らしい。 なにより声優の魂がひしひしと伝わってくる。 最近のアニメは背景やキャラの絵がスゴくても、声がいまひとつでさ。 なんだか無難に置きに行ってるような… コアなファンにしか判別できない様な、いわゆる「アニメ声」の乱用。 もちろん現場では一所懸命努力されているのは分かるが…その方向が基本を外さない事に向いているような気がする。 だから、たまにバラエティで声優特集をすると、若い声優の声にシラケるのよ。 若いからしょうがないは理由にならない。 悟空の野沢雅子氏やルフィの田中真弓氏など、多くのベテラン声優は若い頃からそういう声を出している。 昔と今では作品自体に求められる声が違うと言っても、結局今でもベテラン声優の声はキャラが立つ。 その最も顕著な作品がワンピース。 ゲストキャラも含めれば、本作に参加していないベテラン声優はいないんじゃないかと思うほど多くの声優が関わっている。 あまりにも多いため、この声はどうだろう…みたいな例外もあるけどね。 今回原作より泣けた最大の理由が声だから。 特に主要メンバー。 女ヶ島からインペルダウン,頂上戦争に至るまで…本当に長い期間仲間のエピソードに触れなかったからさ。 ジンベエに諭されて思い出す仲間達の「ルフィ!!」の声を聞いて、改めて声優の偉大さを感じた。


Dscf110705_083
兄の死で自傷行為に走るルフィを心配するジンベエ。
いちいち構うジンベエに腹を立てたルフィは殴り掛かる…

Dscf110705_088
「今は辛かろうが…!!」「失った物ばかり数えるな!!!」
「無いものは無い!!!」「お前にまだ残っておるものは何じゃ!!!」

Dscf110705_097
「ルフィ!」「ルフィ!!」「ルフィ〜!」「ルフィ!!」

Dscf110705_105
「ルフィー」「ルフィ!」「ルフィ!!」「ルフィさ〜ん!」

Dscf110705_110
「仲間がいるよ!!!!」 …実はこの一連のカット。原作にはなかったりする。ジンベエのアップや仲間達がルフィを呼ぶ演出。原作と違っていても、意味合いが変わらなければ大歓迎だ。


-----

| | コメント (0)

2011年7月11日 (月)

サッカー女子W杯 対戦国決定

サッカーの話題が続くが… 3-1でスウェーデンがオーストラリアを下し、準決勝へ進出。 前半はスウェーデンの上手さよりオーストラリアの動きが鈍かったよね。 前の試合での疲労があったのかな? 後半は逆にスウェーデンがバテバテ。 技術的には上でも、気迫のオーストラリアに防戦一方。 なるほど、このスタートダッシュは日本の男子に近いものがある。 ドイツ戦時の日本の女子は、終始クールにボールを回していたでしょ。 チェックの早いドイツは運動量が増え、延長戦で大きな差が出た。 一見オーストラリアも同様の作戦に思えるが…日本と違ったのは、比較的簡単にボールを奪われていたこと。 相手を引きつけるというより、不用意に接近させられている印象だし。 スウェーデンは容赦なく全力でボールを奪いに走っていた。 しかし、日本を相手にする場合はドイツ戦の事もあるからさ。 たぶん攻め方を変えてくるはず。 ベスト4で日本はこのスウェーデン(FIFAランク5位)と対戦するわけだが、中盤を固める布陣が良さそうな気がする。 攻める時はカウンターぎみに、単独で一気にゴールラインまで持ち込む感じね。 まさに長友選手のようなイメージ。 スピードは無理でも、技術で抜ければ日本のチャンスも増えるだろう。 運命の準決勝は日本時間の14日3時45分に開始予定。 あとはどの試合もこれくらいの時間帯かな… 早起きは超厳しい…

| | コメント (0)

2011年7月10日 (日)

サッカー女子W杯 vsドイツ

結局観ちゃったよ… 最後まで勝敗が分からなかったからさ。 そして…… 1-0でなんと日本が勝利!! 延長の後半で見事な先取点を奪った日本。 総合的にはドイツが圧倒していたし、大きなチャンスも何度もあった。 日本のミスは本当に多かったからね… 先の90分はシュートを枠から外す場面も目立っていて、これはやっぱり無理かなー…なんて。 だから余計に延長での得点は嬉しかったよ。 しかも、相手のミスじゃなく、文句無しの自力ゴール。 なでしこジャパンはW杯初の準決勝ベスト4へと進んだ。 ちなみにもう一方のフランスvsイングランドも延長戦。 最後はPKでフランスが勝ち、ベスト4へ。 日本の次の相手は…今日のスウェーデンvsオーストラリアの勝利国。 FIFAランク上は一応格下。 たぶんスウェーデンかな。 もう一つ行われるブラジルvsアメリカは決勝戦並みのカード。 日本の準決勝は日本時間14日3時45分。 ここで負けても3位決定戦がある為、ベスト4の国は無条件であと2試合戦うことになる。 日本はイングランドに敗れたことでFIFAランクが下がるかと思ったけど…今回の勝利はマイナスを帳消しにするどころか、おつりがくるほどの大金星だろう。 まだ、ここで終わりじゃない。 日本,スウェーデン,オーストラリアのどこかが、必ず決勝まで進む事になるのだ。 そりゃみんなにとって願っても無いチャンス。 ランクや技術よりも、気迫や気合いの上回るチームが勝てると思う。

| | コメント (0)

2011年7月 9日 (土)

サッカー女子W杯 vsドイツ今夜

ドイツだよ? FIFAランク2位で、しかも開催国。 サッカー女子W杯準々決勝ね。 アウェーにもほどがあるが、ドイツと当たる国はどこも一緒… 五輪だって開催国は普段以上の力が出るものだし。 メダルを取る選手は、みんなそのハンデを乗り越えている。 当然前回のイングランド戦のような気の抜けたミスは許されない。 どんな試合内容になるのか、見届けたいが… 偶然なのかドイツだからなのか、最も深い時間での開始。 日本では深夜3時45分だ… もはや早朝。 さすがにオンタイムでは観られないかも。 終盤は5時過ぎかな。 スウェーデンvsオーストラリアなんて日本時間で20時開始だよ? いくらたまたまでも、この差は大きい… この状況で勝てたら、優勝の可能性も見えてくるかもね。

| | コメント (0)

ベテルギウス

BSプレミアムで放送中の「コズミックフロント」。 先日、この番組で取り上げられたのが「爆発直前!?ベテルギウス」。 宇宙ファンには有名な話しらしいが、私は全然知らなかったなー… まず、ベテルギウスとは何かを説明すると…オリオン座の左上で赤く光っている星のこと。 かなり目立つ星座で、肉眼でも容易に発見することができる。 その一角を担っているベテルギウスが、間もなく超新星爆発を起こすというのだ。 ここまでなら「へぇー」で終わる内容だが…この大爆発、地球にとってもただ事ではないらしい。 その最大の理由は距離。 過去にも何度か超新星爆発を確認しているが、これまでで地球に最も近い爆発が「かに星雲」の6500光年。 学説によると、この時にも地球に影響を与えているというのだ。 そして、今回のベテルギウス。 距離は…640光年。 光年というと途方も無い距離に感じるが、超新星爆発となると「至近距離」になるようだ。 現在の大きさは直径14億km。 太陽の1000倍だとか。 太陽系なら、中心から木星近くまでを覆う巨大さ。 つまり、ベテルギウスは死を目前に控えた「赤色超巨星」だという。 太陽が死ぬ時(50億年後)も地球を飲み込んでいると言われているし。 また、多くの専門家が研究して描かれたベテルギウスの映像は超リアル。 空想するしかない物をここまで本物の様に表現できるスタッフはスゴい… 爆発後は、3時間で満月よりも100倍の明るさで輝くとか。 更にこの明るさのまま3ヶ月も続くと言われている。 4ヶ月後にはオレンジになり、4年後は肉眼でも見えなくなるようだ。 この超新星爆発には予兆としてニュートリノが地球に降り注ぐ事が分かっているとかで、日本の研究機関が情報伝達の重責を負っているらしい。 検知したら早ければ数時間後には爆発だってさ。 爆発の前に降り注ぐってことは…640光年もの距離を光の速度でニュートリノが移動してるって事? それも気になるが、光年と言えばもう一つ。 光年の解釈でよく耳にするのが、1光年なら1年前の姿を見ているというもの。 …私はこの考え方に少し違和感を持つ。 あらゆる物体は光を反射し、その光を物体として認識している。 光年という考えで物を見るなら、全ての物体は過去のものという事になるのではないだろうか? 目に届く距離によってタイムラグが発生しているのだから、今見えている物も厳密には「今」ではない。 でも普通に考えれば、今は今でしょ? 何が言いたいのかというと…何光年だろうと、見えている物は「今」でいいんじゃね? て事。 昔、学校の先生に光年の話しをされて、幼いながらも「侘しさ」を覚えたものだが…与えられた情報を整理する習慣が付くとね。 正しい事も1度は疑ってみたりするでしょ。


Dscf110704_133
ベテルギウスの想像図。映像では炎が対流し非常にリアル。


-----

| | コメント (0)

2011年7月 8日 (金)

サッカー五輪アジア最終予選

最近年代別の国際試合が多かったから、少し混乱もあるが… 今回の組み合わせ抽選は「ロンドン五輪」の出場をかけた予選ね。 U-22だから、W杯代表選手とは別。 今は海外で必要とされる選手も多いから、個々のクラブチームの関係で掛け持ちは厳しいかも。 試合の時期も重なっているし。 宮市選手とかU-22で召集できないのかなー… それとも本人はW杯での代表を待っているとか。 肝心の抽選結果では…日本はC組に入った。 同組の対戦国は…バーレーン,シリア,マレーシア。 U-22だとFIFAランクはあまり参考にならないが…なんと言っても韓国やオーストラリアが別の組に入ってくれて良かった。 五輪への出場権は各組の1位だから。 一応敗者復活戦みたいな2位の総当たり戦もあるけどね。 本当に抽選か? てくらい見事に分かれてくれたな… ちなみにA組は韓国,カタール,サウジアラビア,オマーン。 B組はオーストラリア,イラク,ウズベキスタン,アラブ首長国連邦。 予選のスタートは9月。 ホーム&アウェーの長い戦いが始まる。

| | コメント (0)

2011年7月 7日 (木)

東京おもちゃショー2011 07

バンダイのステージ「ライダー&戦隊」。 これで最後。 実はウルトラマンのステージの次がコレだったんだけど…観覧者は倍以上。 現役の番組だからね。 しかもライダーと戦隊。 同じ東映とは言え、共演は滅多に無いし。 大人向けのオーズに加え、過去の戦隊総出演のゴーカイジャー。 客層はまさに老若男女。 私はスタッフカメラマンの後ろにいたが、あまりの人の多さにしゃがまざるを得なかったよ… 肝心のステージでは番組のイメージを忠実に再現し、コンボチェンジやゴーカイチェンジを惜しみなく披露。 慌ただしくも、おそらく史上最多のヒーロー達が登場したのではないだろうか。 個人的にはやっぱりサンバルカンのバルイーグルね。 誰が決めたのか分からないが、「お父さん世代にも喜んでもらいたい」という意志が伝わってきて感動。 ただ、超筋肉質。 登場の瞬間、色んな意味で「マジか!?」と思った。 最後は全員オリジナルの姿で集合。 毎年感じることだが、本当にバンダイステージのスーツアクターが演じるアクションは本格的。 しかも勝手にカッコよく動くのではなく、劇中の個性までも体現している。 そういった本気度が何より嬉しいよね。 出来る事を出来る限りやるという部分では、商品開発にもつながってくる。 バンダイからは「おもちゃ=子供」という他社の様な印象は一切受けないからさ。 こういうステージになるのも必然なのかもしれない。


Dscf110618_506
ゴーカイジャーの戦闘員につかまるバース。妙な世界観だ…
オーズは贅沢に何度もコンボチェンジ。動作も変えていた。

Dscf110618_508
敵も本編に登場したキャラかな? ショー用にしては本格的。

Dscf110618_523
ゴーカイジャーはそれぞれの色のレジェンドに1回チェンジ。

Dscf110618_533_03
レッドはまさかのサンバルカン!? 超筋肉質で少し笑ったが…テーマソングも流れつつの大立ち回りは本当に懐かしかった。

Dscf110618_551
最後はみんなでさようなら。スーツアクターのプロ魂に感動。

-----

| | コメント (0)

2011年7月 6日 (水)

サッカー女子W杯 vsイングランド

0-2で日本は敗北。 まー、私の知る女子サッカーはこんなものだと思っていたが… だから、まさかのFIFAランク4位なのよ。 実力がランキング通りなら勝てると言ったが、やっぱり違っていたね。 イングランドは実力が遥かに格上。 日本はミスの連発でシュートも枠を外す。 だんごにもなるし、ファウルも取られる。 でも、女子はそういうものだと思っていた。 それが、ニュージーランドやメキシコ相手に意外な結果を出していたもんだからさ… 内容も合わせて、もう少し期待できるかと思ったんだけどね。 審判もアルバイト気分なのか未熟だし… この感じだと、ドイツはおろかフランスに勝つのも相当厳しいんじゃないかな。

| | コメント (0)

2011年7月 5日 (火)

サッカー女子W杯 vsイングランド今夜

連勝で早々と決勝トーナメント進出を決めたサッカー女子なでしこジャパン。 リーグトップ通過を目指して、今夜イングランドと対戦する。 男子はFIFAランク4位で、あのベッカム選手がいる国だが…女子のFIFAランクは10位。 順位では格下だが、もちろん油断はできないだろう。 色んな状況を見て、たぶん勝ってくれるとは思うが…問題はそのあとよ。 深夜1時15分からの日本vsイングランドに続いて、3時45分からフランスvsドイツの試合が放送予定。 BS1ね。 なぜ問題かと言うと…時間が遅いのはもちろん、なによりこの試合の結果で決勝トーナメントの組み合わせが決まる。 少し複雑な説明をすると、Bグループの日本の準々決勝は7月9日。 決定しているのは、A1位vsB2位とB1位vsA2位。 FIFAランクで考えるなら、格下のフランス(7位)が良さそうに思えるが… 日本がトップ通過なら、Aグループの2位と戦う事になる。 つまり、フランスvsドイツの負けた方だ。 ドイツはFIFAランク2位。 この通りの実力なら、おそらくフランスが2位通過で日本とぶつかる可能性が高い。 Cの1位はFIFAランク1位のアメリカだろう。 そうなると…トーナメントでは決勝まで日本と当たらない。 もし、準々決勝でフランスに勝てたら…おそらくは次の相手はFIFAランク3位のブラジル。 女子のW杯もなかなか面白いじゃないか。 日本がどこまで行けるのか楽しみだ。

| | コメント (0)

最高位更新

先日の7月2日に更新した「東京おもちゃショー2011 05」。 この日のアクセス数で過去最高の順位をマーク。 …数値的には、そんな極端な増え方はしていないんだけど。 ココログのアクセスランキングが2000位台に。 普段5000〜6000位をウロチョロしているからさ。 突然の大幅ジャンプアップは少し謎。 内容的にも特別スゴい事を語っている訳でもないし。 ただ、翌日の7月3日「BS11が放送倫理違反?」も…なんと2000位台。 マジか? これはもしかしたら節電の影響か? つまり、職場のPCから上位のブログに訪れる人が減ったとか。 私のブログは偶然にも携帯からの訪問が多いとか。 これくらいしか思いつかん。 絶対数に大きな変化はないから、節電期間が過ぎたらまた元に戻るかも。

| | コメント (0)

2011年7月 4日 (月)

東京おもちゃショー2011 06

バンダイのステージ「ウルトラマン列伝」。 7月から新番組が始まるという事で、その内容と連動した構成に。 各ウルトラマン達が一人ずつ紹介され、途中からベリアルらしき奴に乱入されるというもの。 ライトアップや音響などの演出が大迫力だから、普通に大人でも楽しめる。 ただ、今回は番組連動のためか比較的新しいウルトラマンが多かった。 コスモスとか、その辺は完全に見ていないし… 一応列伝では45年間の歴史の中からスーパーセレクション放送するらしい。 たぶん新たな映像を制作するわけではないのだろう。 DVDの巻末おまけ特典みたいな感じかな。


Dscf110618_459
バンダイステージ「ウルトラマン列伝」。すでに派手。

Dscf110618_470
今回は番組と連動して、登場予定のウルトラマン達を紹介。

Dscf110618_488
たぶんゼロとベリアル。映像ではまだ見たことないけど。

-----

| | コメント (0)

2011年7月 3日 (日)

BS11が放送倫理違反?

今年の1月から3月にかけて、BS11で放送された番組「"自"論対論 参議院発」に対して放送倫理違反だという指摘があった。 理由は「政治的公平性を損なう」というもの。 どんな番組かと言うと…タイトルからも分かる通り、自民党の番組。 たぶん、そこで終わってるから問題になっているのだろう。 全ての党に同様の番組枠を与えていれば、公平性を損なう事もなかったろうに。 昔、どこかの政治家がCMに起用されるとかで問題になったよね? 選挙に影響するからダメって。 CMですらコレなのに、番組やったらどうなるか一般市民レベルでも分かりそうなもの。 いまのところマイナーなチャンネルだから、知らない人も多いとは思うけどね。 右上に表示される「BS11」のロゴもデカくて見苦しいし…あまり視聴者に向けた番組制作が行われているような印象はない。 こういう問題があっても不思議ではないかな。

| | コメント (0)

2011年7月 2日 (土)

東京おもちゃショー2011 05

そのほかのブース2回目。 期待していたメガハウスは児童向け玩具が中心になり、精巧なキャラフィギュアの展示はごく一部。 セガトイズやタカラトミーも特にサプライズもなく、順調に規模縮小。 ガリガリ君の着ぐるみ撮影会は後ろのライトで逆光に… 着ぐるみ自体はよく出来ているのにもったいない。


Dscf110618_591
メガハウスのワンピースLOGBOX新作。今回はパス。

Dscf110618_601
セガトイズ。玩具の品質は比較的高いが、サプライズなし。

Dscf110618_608
タカラトミー。物販に力を入れているようだが……

Dscf110618_607
ガリガリ君の着ぐるみ。撮影会なのに後ろのライトが邪魔。


-----

| | コメント (0)

サッカー女子W杯 vsメキシコ

4-0で日本がメキシコに勝利し、ついにスタートラインでもあるベスト8へ。 ここからが本当の勝負だろう。 今回は特に前半の点の取り方が良かった。 相手のミスより、技術を活かして奪っていたからね。 なかでも一番驚いたのは、浮き球のトラッピング。 日本の女子はみんな上手い。 そこだけはもしかしたら男子以上かも。 胸でも足でも、ピタッとボールの勢いを殺している。 スゴい技術だ… ブラジルやイタリアの男子を見ているみたい。 ダンゴになる時間もだいぶ減ったし、オフサイドラインもよく見えているようだ。 なにより相手のメキシコにも大きなミスはなかった。 後半のバテはしょうがないかな。 点を取りたいメキシコに対して防戦一方ながら、よく耐えたと思う。 終盤の追加点も最高の形だったんじゃないかな。 久々にスポーツで気持ちのいい試合を見させてもらった。

| | コメント (0)

2011年7月 1日 (金)

AKB48 江口愛実のCG

別に取り上げるつもりはなかったが…とある記事に「多くの専門家がCGに気づけなかった」などと書かれていてさ。 そんな訳あるかい。 公になったあとで言うのもなんだが、話題になっていた時は「みんな本気で言ってるのか!?」と… 呆れるほどのCG100%に対して、提供側が「実在する」とか宣言していたでしょ。 冗談でもそれはちょっとマズいだろと思った矢先にとっととネタばらし。 バカな事を言っちゃった事に気づいたんだろうね。 最初から素直にCG合成だと言っていればいいものを… ちなみに私がどこを見てCGを確信したかというと…輪郭に対する両目の位置。 骨格を疑うほどズレてます。 確認できた映像・写真の全てにおいてね。 両目の大きさや形が違う事はあっても、「位置」が左右非対称になることは「通常」有り得ない。 あまりにも「あからさま」だったから、わざとズラしているのかと思っていた。 一時期はどの番組でも「実在するのか?」みたいな特集をしていたし、総選挙の直後だったからさ。 秋元大作戦にまんまと乗っかるのも嫌でしょ。 言うまでもなく、CGはみんな分かっていたと思うけどね。 でも冒頭で紹介した例の記事を見つけたおかげで語ることができた。

| | コメント (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »