« 地デジ化の思わぬ弊害 | トップページ | フィギュア「超ワンピーススタイリングEX」 »

2011年7月22日 (金)

なでしこ FIFAランク4位をキープ

今月の22日に女子のFIFAランクが更新されたのだが… 先日のW杯優勝は反映されているのかな? トップ10で最もポイントを獲得しているのがスウェーデン。 日本は3-1で勝っているから、算出はそれだけではないのだろう。 アメリカとドイツはポイントを下げているが、順位は変わらず。 目立つ変動では、北朝鮮が-68ポイントで12位に転落。 逆に2-0で日本に勝ったイングランドは一気に6位まで上昇。 そのイングランドに勝ったフランスは、ベスト4まで行きながらポイントを下げている… そう考えると、3位のブラジルや2位のドイツまでのポイントの遠いこと。 五輪でも上位国は活躍するだろうし、日本は負けないように頑張らないと4位を守るのも難しいかも。 …それはいいとして。 フジテレビの時にも思ったが、金のなる木に群がる企業の節操のなさよ。 優勝によってスポンサーの申請が増えるのは構わないが…五輪の予選で敗退した場合のリスクをちゃんと背負えるのだろうか? 負けたからといって、早々にスポンサーを下りちゃうような企業は…安易に手を挙げないでもらいたい。 W杯の優勝は紛れも無く彼女達の努力だろう。 しかし、どう考えても実力が上回っていたようには見えない。 そういう部分も含めて、全面的にサポートしていける企業を選ばないと女子サッカーは成長できないと思う。

興味のある方は公式サイトへ
FIFAランキング 女子 ※英語
女子のFIFAランク詳細が記載。

|

« 地デジ化の思わぬ弊害 | トップページ | フィギュア「超ワンピーススタイリングEX」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 地デジ化の思わぬ弊害 | トップページ | フィギュア「超ワンピーススタイリングEX」 »