« 逆転裁判が実写映画化 | トップページ | アナログ放送の「デジアナ」表示 »

2011年6月 2日 (木)

サッカー 日本vsペルー

引き分けに終わった代表戦だが、以前に比べれば内容はだいぶ良かったと思う。 前半の序盤こそもたつきはあったものの、とりあえず代表としての力は出せていたのかな? というのも、直前に行われたアンダー22の代表試合も観ていたからさ… こっちの相手はオーストラリアで、しかも3-1で勝ってはいるんだけど…高校サッカーレベル。 ヘタをすると、組織的にまとまっている強豪校のほうが上手いかも。 ただ、オーストラリアも同レベル… 若くて急造されたチームじゃ、どこの国も一緒か。 そんな印象も手伝ってか、正規の代表試合はサスガだなー…なんて。 もちろん「おやおや?」な新顔も何名かいたが…目の前のボールを「ちゃんと」追っているだけマシ。 後半では新顔を中心に順次交代。 本田選手や長友選手らが投入されたが、まー普通に頑張っていたと思う。 特にイライラさせられる事もなかったし。 なによりペルーは強かった。 現在FIFAランク14位の日本に対して、ペルーは54位だが…確実に順位を上げてくるだろう。 次は7日にFIFAランク32位のチェコと対戦する。 ザック監督の雰囲気からして、すでにW杯予選への準備段階っぽいから…おそらく今回のような試験的采配になるんじゃないかな。 選手やフォーメーションなど、色々試すと思う。

|

« 逆転裁判が実写映画化 | トップページ | アナログ放送の「デジアナ」表示 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 逆転裁判が実写映画化 | トップページ | アナログ放送の「デジアナ」表示 »