« HDα ゴーカイジャー 02 | トップページ | 「うちの3姉妹ブログ」終了 »

2011年4月22日 (金)

間もなく世界フィギュア

震災の影響で東京での開催が中止になった世界フィギュア。 開催地をモスクワに移し、今月の24日(日)からスタートする。 まずは27日(水)の男子ショート。 高橋大輔選手,織田信成選手,小塚崇彦選手の3名が挑む。 GPファイナルで優勝したパトリック・チャン選手も出る。 同大会では2位織田選手,3位小塚選手,4位高橋選手と、日本の表彰台独占を阻止した宿敵でもある… 果たしてリベンジとなるか。 続いて、更に盛り上がりが予想される29日(金)の女子ショート。 言わずもがなだが、出場するのは…安藤美姫選手,浅田真央選手,村上佳菜子選手の3名。 はっきり言ってみんな注目選手だ。 GPファイナルを逃した浅田選手は、その後の全日本と四大陸で共に2位と復調を見せている。 意外と言っては失礼だが、その浅田選手を抑えて両大会で優勝しているのが安藤選手。 アスリートには珍しい「引き際」を心得た演技構成は力強い安定感を生んでいると思う。 そして、この伝説達に突き放されず結果を出しているのが村上選手。 GPファイナルでいきなり3位の表彰台を飾ると、安藤選手や浅田選手のいた全日本でも3位。 アジア冬季大会では、ライバル不在とは言え優勝もしている。 まだ16歳。 天才と言われた浅田選手と似ている部分もあるが、彼女は完全な努力型。 個人的にはどうしてもひいき目に応援してしまう。 この無敵とも思える日本勢に立ちはだかるのは…長い沈黙を破って遂に出場する韓国のキム・ヨナ選手。 バンクーバーで200点超えの争いに勝利したのは記憶に新しい。 世界フィギュアで浅田選手に敗れてはいるが、多くの日本人は五輪で優勝したキム選手の印象のほうが強いだろう。 ほかにもカロリーナ・コストナー選手やアリッサ・シズニー選手など好成績続きの強敵が多数出場。 これはもう完全に日本vs世界の構図。 ほとんどの選手は東京に合わせて調整していたはずだから、約1ヶ月遅れの本大会は万全ではないかもしれないが… 被災後に行われる貴重な国際大会。 元気をもらえるような滑走に期待したい。

|

« HDα ゴーカイジャー 02 | トップページ | 「うちの3姉妹ブログ」終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« HDα ゴーカイジャー 02 | トップページ | 「うちの3姉妹ブログ」終了 »