« 飛行機雲が作られる瞬間 | トップページ | 3DS「リッジレーサー3D」 »

2011年3月26日 (土)

専門家の発言

大震災から2週間が過ぎて、応援や支援から一転…政府や東電の発表に対する専門家からの批判が増えている。 特に目立つのは福島原発の放射線関連。 「念のため避難」や「放射性物質が検出された飲食物の摂取を控えてくれ」など、日に日に事態が拡大。 公式見解が定まっていないとして、多くの専門家からは「まず人体への影響は絶対にない!!」という怒りの声が乱発。 気持ちは分からなくもないが、国民の未来を背負う立場では慎重にならざるをえないだろう。 0.001%でも害の及ぶ危険性があれば、国はダメとしか言えないと思う。 安全だと言って、もし何かあったら責任を取らなきゃいけないでしょ。 誠実さに欠けるかもしれないが、それを政府に求めてもしょうがない。 問題は、そういう発表によってとばっちりを受けている生産業者達を救済する案がすっぽ抜けている事。 出荷停止の前に伝えるべきことがあるだろってね。 地震・津波・原発破損・放射線。 これらの影響で被害を受けている人達は間違いなく「被災者」だ。 つまり、義援金の恩恵を受ける資格がある。 生産業者が強く言えないのは、沿岸地域で被災された人達の事を思ってのことだろう。 せっかく生産場が無事だったのに、失った人達の分まで頑張ろうとしていた所なのに… 責任逃れは別にいいから、せめて救済措置の優先順位をもっと上げてもらいたい。 働く人々が元気に働ける環境を作ること。 これが被災地復旧への大きなエネルギーに繋がるはず。 計画停電も電力が本当に必要な場とそうでない場を分けないと… 夏から都心部も加わるとか言っているが、本気か? この前は勢いで「都心部の除外は納得できない」と語ったが、本当に停電したら取り返しのつかない事態になりかねないぞ。 例えば、各大手企業の電力状況を報告させれば停電が必要かどうかの目安になるんじゃないかな? どこの消費電力が激しいかも東電で分かると思うし。 高い順に交渉していけば、一般家庭が毎日混乱するような状況も回避できそうな気もするが。 今の時点から漠然と夏に停電地域拡大って…… どんなやり取りを経ているのか、説明してくれ。

|

« 飛行機雲が作られる瞬間 | トップページ | 3DS「リッジレーサー3D」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 飛行機雲が作られる瞬間 | トップページ | 3DS「リッジレーサー3D」 »