« 計画停電 2日目 | トップページ | 梅の花 »

2011年3月16日 (水)

近所でも在庫切れ

コンビニやスーパーで節電が行われているのは良いことだが、メーカー産の菓子パンやカップ麺などの棚に何もないのは異様だ。 近所のお店は全滅。 ただ、私は基本的に自宅で仕事をしているから、外に出ない日用に買い溜めるクセがあるのね。 また、特に好きなカップ麺やパンもないから…慌てて我もみたいな不安感も抱かない。 まー、あれだけの巨大な地震を経験してしまったら備蓄を求めるのは仕方が無いが。 まずは沿岸部で壊滅してしまった地域への配送が優先されるべきだろう。 道路の復旧もスゴい早さで進んでいるようだし、自社の運搬にこだわらず、救援物資に提供するのもいいと思う。 少し気になるのは、計画停電によって必要な物資の製造までストップしているのではないか? てこと。 在庫は十分だという企業も、これからの保証はない。 毎日自己確認を要する計画停電をしばらく続けていれば…当然仕事にならないメーカーも増えるだろう。 それに追い打ちをかけるように、電車の運休も結局は干渉し合っているのが現状。 故に、多くの社会人が最も困っているのが出勤・帰宅だと思う。 私自身も、遠出ができない状態。 もし都心に会社があったら休まざるを得ない。 無理をすればバスやタクシーを使ってでも通えるが…精神的なストレスはバカにできないって。 巡り巡って、様々な連鎖が発生していくのは目に見えている。 計画停電の早急な見直しが必須なのではないだろうか。

|

« 計画停電 2日目 | トップページ | 梅の花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 計画停電 2日目 | トップページ | 梅の花 »