« ガスの復帰法 | トップページ | 輪番停電 »

2011年3月13日 (日)

地震の影響

大地震から翌日、近所のお店でもその影響は大きいようだ… 私の居る所は東京のように遠くから1時間2時間かけて通勤するような地域とは違うため、休業は少ない。 特にスーパーなどは品切れ・品薄状態としながらも、ほとんどが通常営業。 パンや弁当類も早朝に届けられるはずだから、当然入荷もない。 岩手や宮城・福島など、沿岸付近で壊滅となった地域は尚更物資の調達が困難だろう。 また、地震の直後は多くの人が無事だったように見えたが…津波の威力には耐震も効果がなく、ひとつの街を丸呑みし根こそぎ破壊してしまう事になろうとは。 これだけの大規模な地震の渦中に居て、被災を免れたのは本当に奇跡かもしれない… 部屋がぐちゃぐちゃになったくらいで騒いでいる場合じゃなかった。 ちなみに、どうやら今回の大地震はプレートのようだ。 余震もまだ止む気配がない。 つまり、溜め込んだエネルギーをどんどん放出している事になるのではないか? ただ、震源の中心は東北の三陸沖。 関東でも茨城で発生しているが、これが今度は関東南部のプレートを刺激し…より大きな地震を誘発する事にはならないのか? 調べてみると三陸沖では9日や10日にも震度5クラスの余震で混乱を招いている。 その後にM8.8が発生… 新潟や長野の地震にも影響を与えているなら、いよいよ次は関東という不安も消えない。 これはしばらくは安心して過ごせそうにはないな…


Dscf110312_020
近所のお店では地震の影響によるお知らせの張り紙が…


-----

|

« ガスの復帰法 | トップページ | 輪番停電 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ガスの復帰法 | トップページ | 輪番停電 »