« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

ニンテンドー3DS発売! 02

今回は軽くパッケージなどの写真を。 体験会でも見たし、写真まで撮ったが…思っていたよりも小さい。 そしてかなり軽量。 一般的なサイズのカバンにも余裕で入る感じ。 ソフトも同様にコンパクト化。 網目状に穴が空いたケースに表紙を被せているだけだから、なんだか手抜き感も否めない… 指でちょっと強めに押したら破けそうだ。 本体はまず充電するわけだが、充電台の利点がいまひとつ分からない。 抜き差しいらずって事? そんな事を手間に感じる時代なのか? 一応、DSiやLLのアダプタと併用可能らしい。 既製品の型を流用してくれるのはありがたい。 進歩の度に互換が断たれると、それまでの自分を否定されるような切ない気分になるからさ。 DSのゲームも起動するのは嬉しいんだけど、LLに慣れてしまうと…3DSの画面は相当小さく感じてしまう。 まさか3DSLLなんて出ないよな… つづく。

興味のある方は公式サイトへ
ニンテンドー3DS
体験会の模様やCMなどの映像も満載。


Dscf110226_010
3DSパッケージ。大きさ・厚みは月刊コミック誌程度。

Dscf110226_004
パッケージ背面。とても分かり易い構成。

Dscf110226_022
開封時。厚めのマニュアルに充電台,本体,アダプタが見える。

Dscf110226_029
さっそく充電。約3時間半。というか充電台は必要か?

-----

| | コメント (0)

2011年2月27日 (日)

東京マラソン2011 その1

写真はのちほど。 まず、ちょっと言いたいのは年々来場者に対する「トラップ」が激しくなっているのよ…… 以前のトラップは左側のコースからゴールへ向かうと入れない為、有明コロシアム前の駅まで戻されるというもの。 散々クレームがあったのか、今年は一応問題の駅からアナウンスが「分かり易く」出ていたのだが… 遂に改善されたと思いきや、人生のなかでもそうは経験できないような極悪トラップが新設。 それはゴール会場の入口。 トップランナーを見たくて、うっかり入場してしまったのが運の尽き… 今思えば何で入っちゃったのか?? 先頭のランナーも間近だったから、慌てて出ようとしたら「ここからは出られない」と言われる。 裏から出て下さいと… 時間がないから、仕方なく言われた通りに裏を行くと…出口で止められ「ここからは出られない」と言われる。 え? どういう事だか理解出来ず、説明を求めると…遥か遠くにあるビッグサイトをぐるっと回って来てくれだってよ。 その距離は以前有明コロシアムまで戻された時よりもずーーーっと長い… 挙げ句の果てにこの裏を戻るのもダメ。 いやいやいや……… それを知っていれば裏から出ようなんて考えもしないわ。 つーか、入口でも出られない事を知っていれば入ろうなんて考えもしないわ。 そう。 まさかの三重トラップ!! 悔しいのは現場のスタッフはその事を誰一人伝えてくれようとしなかった事。 裏の出口は警備員だから、話しもまったく通じない… おたくらの「伝達不足」で私はここにいるのに… …当然、トップランナーのゴールには間に合わず。 一体何しに来たのやら…… まず大前提として「入口からは出られません」と「裏口からは戻れません」という現場でのアナウンスは一切ないからね。 まー会場に入る人の大半は会場で応援するわけだから、私のような目に会う人もほとんどいないだろう… つまり、今後の改善は期待できない。 出端をくじかれるとはまさにこのこと。 はたして、来年はどんなトラップが誕生するのやら…

| | コメント (0)

2011年2月26日 (土)

ニンテンドー3DS発売! 01

評価:★★★★★★★☆☆☆
さっそく「色々」試してみたよ。 3DSで出来ること出来ないこと。 まずは出来ること。 良い意味で裏切られたというか、なんとDSiでダウンロードしたゲームを3DSに引っ越せるというのだ。 これは意外で驚いた… 以前ここで予想したとき、DSiやWiiはダウンロード管理をゲーム機本体に依存させているから、買い替えの際には新たに購入しなければならないと語った。 それが任天堂の最大の弱点だと。 ところが、3DSでは本体同士でのソフトを移動する事が可能らしい。 と言っても、肝心の「引っ越しソフト」がまだ配信されていないんだけどね。 更に3DSで買い物が出来る「eショップ」など、ネット接続が必要なアプリは「本体の更新」で追加されていくってさ。 時期も未定… 次に、最も気になっていた「3D写真」。 画質はやっぱり30万画素。 携帯の撮影画質に慣れている人はひっくり返ってしまうんじゃないかと思うほど酷い。 ただ、拡張子がMPOなのよ。 つまり、フジの3DデジカメをJPEGに変換できる「StereoSplicer(※Mac)」が使える! 写真は粗いが、3D撮影に特化されているから…超立体(当たり前)。 手動で半歩ずれステレオ撮影よりも立体は綺麗。 3DSに最初から付属されているSDカードに保存されたMPOファイルをPCへ持っていき…ちゃちゃっと変換。 簡単にステレオ写真が作れた。 と言っても、少しだけ技がいる。 「StereoSplicer」は基本的に富士フィルムのデジカメ専用アプリだから、ファイル名・拡張子・文字数をソレに合わせる必要がある。 具体的には、3DSで撮影した立体写真のファイル名は「HNI_0001.MPO」。 これを富士フィルムの「DSCF0001.MPO」にファイル名を書き換えればいい。 重要なのは頭がDSCFである事と、文字数が12字以内のMPOファイル。 この条件であれば、問題なく読み込んでくれる。 あとは目的のステレオ表現で保存するだけ。 これをコンビニなどでプリントすれば、ステレオビューワーで立体写真を楽しむこともできる。 …粗いけど。 なんで30万画素かなー… 本当にもったいない。 もう一つ、試しに富士フィルムのサイトにある綺麗な立体写真を3DSに入れてみたら…ちゃんと立体で見れたよ。 サイズが大きいから処理に時間かかるけど。 はっきり言って富士フィルムのデジカメ液晶よりも見事な裸眼立体視だ。 つづく。

興味のある方は公式サイトへ
ニンテンドー3DS
体験会の模様やCMなどの映像も満載。

-----

| | コメント (0)

2011年2月25日 (金)

Mステの桑田佳祐氏

テレ朝のミュージックステーションに病いから復帰した桑田佳祐氏が登場。 ニューアルバムから「銀河の星屑」と「月光の聖者達」の2曲をフルで歌った。 私は個人的にあまりバラードは好きではないが…今回のMステで歌われた「月光の聖者達」には音楽を越えた何かを感じてしまった。 歌詞や世代もあるだろうが、こんなにも素晴らしいと思えた歌は過去にどれだけあっただろうかと考えさせられるほどだ。 たぶんCDで聴いていたら、ここまでの感動はなかっただろう。 ちょっとオーバーに言わせてもらえば、奇跡の目撃者になれたような感じ。 aiko氏の涙まで含めて、ひとつのドラマを見せてもらった気分だ。 生涯忘れない様に大切にしまっておきたい貴重な時間。 LIVEで視聴した自分にも感謝。

| | コメント (0)

アナログ番組表の取得をOFF

東芝の「VARDIA」で番組の予約録画を行っているんだけど…最近になってやっと気になりだした事がある。 それは、アナログ放送が終了するまでにはやっておこうと思っていた「番組表取得のOFF」。 地デジを予約録画するようになってからは、HDDでアナログ放送を利用しなくなったのよ。 でもADAMSというアナログ放送電波から受信される番組表はほったらかしでさ… 表示させているのもアナログのままだったりする。 だってジャストクロック(自動時刻調整機能)とかもアナログの電波でとか言ってるし… ややこしいからアナログの番組表から地デジ予約もしていたんだけど、このADAMSは1日のうち2回番組データを自動受信しなければならない。 問題は、受信中は基本的に他のことが出来ないのね。 再生ですら受信に失敗する事もある為…受信時間が近づいたら電源を切る。 なんと、こんな事を今までずーっと続けていたのだ。 時間は任意に設定できるが、どうしても被る時はある。 もうそういう仕様なんだと諦めていたんだけど、説明書をちゃんと読んだら…地デジの番組表を受信する事でも時刻調整してくれるらしい。 その際、アナログのジャストクロックは機能しないという。 てことは、地デジにしてからはずーっと地デジの時刻調整を見ていたことになるのか? なんだか分かりにくいなー… で、思い切って「番組ナビ設定」の番組データ取得を「しない」に変更。 そして「絞り込みA」「絞り込みB」に設定していたアナログチャンネルも、全て地デジチャンネルへと変えた。 まだ間もないから、どんな弊害があるか予測できないが…1日経って問題がなければ大丈夫だろう。

| | コメント (0)

2011年2月24日 (木)

ニュージーランド地震

ニュージーランドで大地震が発生して数日、余震も続くなか未だ被災者の救出が難航しているようだ。 古い建物を中心に倒壊が激しく、多くの日本人も倒壊した建物にいて救出を待っている状態。 現地のレスキューに助け出された日本人男性は右足の切断を余儀なくされたらしいが、切断した本人が「足を切断して命を救った」と繰り返しているのが気になった。 こういう場合、個人的には命を救ったかどうかは周りが判断することであって、足の切断以外に選択肢がなかった事を詫びるべきだと思う。 日本のレスキュー隊があと一歩早く到着していれば、彼は足を失わずに済んだかもしれない… 一部の報道では政府の対応を「迅速」だと称賛しているが、それは正規の手続きを踏んだうえでの話しでしょ。 大地震の速報から何時間も経ってから菅氏が会見し、レスキュー隊はこれから派遣すると発表。 残念なのは、この時点ですでに他国の救助隊がニュージーランドに入っているという現実……… 先陣部隊と重機・物資部隊を分ければ数時間でまずは現地に入る事も出来ると思うのだが。 なんか派遣式みたいな時間を作って、団体で軍用機に乗り込む姿を見ると…無性に情けなくなる。 災害時に限らず、どの分野でも日本人は「技術だけ」と言われる典型だ。 その世界最高の技術を活かすシステムが最低。 どうにかならんのか?

| | コメント (0)

2011年2月22日 (火)

パンダ復活!

パンダは好きかと言われれば好き。 でも動物園で観たいのはトラやゾウかな。 元気なコアラも観たい。 上野動物園にやってくるパンダは、見せ方というか来園者の誘導の仕方に工夫があれば観たい。 以前みたいにただ並ばせて「立ち止まらないで下さい」つーなら興味なし。 あとガラス越しも嫌。 大勢の人が群がるのは分かってんだから。 それなりの「対応」に期待したい所だ。

| | コメント (0)

2011年2月21日 (月)

ニンテンドー3DS間もなく発売

いよいよ今週の土曜日に発売となる「ニンテンドー3DS」。 すでに体験会で実機を触ってはいるが、現在気になっているのはゲームよりも3Dカメラと音楽再生。 理由はここにきて両者ともに高性能らしいという、未だに信じ難い情報があるから。 特に「絶対ウソだよー」と思うのは…嵐のCM。 もちろんCMでの立体視は出来ないが、そこで使用されている立体写真があまりにも綺麗すぎてさ… 30万画素であれはない。 だって実際に立体撮影された写真を体験会でも見たし。 想像通りの粒子の粗さだったし。 本当にCMのような写真が撮れるとは到底思えない。 もしこれが体験会時の有様だったら、CMは誇大広告甚だしいという事になる。 大丈夫か? 一方の音楽再生にはMP3のほかにiTunesで標準化してしまったAACにも対応。 SDカードに入れるだけで再生が可能だという。 iPodから乗り換えようとは思っていないが、これまた噂で「音」がスゴいらしい。 体験会ではバイオとウイイレしかプレーしてないから、あまり音の良さは感じられなかったが。 体験者の話しによると、内蔵スピーカーからの音が衝撃だってさ。 まー全ては発売日に分かる。 ここまでやれるならムービー録画・再生にも対応してほしいな。 ネットブラウザとかダウンロードで追加予定だから、不可能ではないだろう。 色々と期待は膨らむ。

興味のある方は公式サイトへ
ニンテンドー3DS
体験会の模様やCMなどの映像も満載。

| | コメント (0)

2011年2月20日 (日)

フィギュア四大陸女子

女子のフリーは滑走順も手伝ってか、男子の盛り上がりを上回る展開に。 アメリカのレイチェル選手がいきなり180.31点の優勝圏内を出すと、続いて同国の長洲未来選手が更に素晴らしい演技で189.46点! これは日本勢にとってかなり厳しい高得点だ。 会場も当然沸いている。 いい演技が連続した直後にSP1位の安藤美姫選手が登場。 精神面が鍛えられたのか本当に安定してるよね。 特に腕から指先にかけての表現力が以前と全然違う。 しなやかに神経が行き届いているのが伝わってくるよ。 そして、文句なしの201.34点!! 見た目にはほぼノーミスで彼女も遂に200点越えを果たす。 一時期は浅田真央選手が目標にしていた数字だから、安藤選手もさぞお喜びかと思いきや… 滑走後のインタビューでは細かいミスを苦やみつつ、世界選手権へ向けてより高みを目指すとのこと。 どうやら200点越えにはまったく興味がなさそうだ。 この流れに気負ったのか、さすがに鈴木明子選手もという訳にはいかず… ジャンプのミスも重なり162.59点で7位に。 これでも大会によっては優勝できる点数だからね。 四大陸のレベルの高さが分かる。 最終グループの最後に滑走するのは、SPで2位だった浅田真央選手。 昔からフリーに強いと言われてきたが、今回は180点を越えている選手がすでに3人もいる。 そんななかでの大トリ。 まー世界選手権に照準を合わせてるなら、返って好都合か。 実際の滑走ではミスがないように見えたが、判定では中盤以降のジャンプに回転不足が多かったようで。 結果は196.30点で惜しくも2位。 とは言え、本人も満足している様子で…世界選手権につながるような内容だったのではないだろうか。 長洲選手も含めた上位3名は1つの転倒で順位が入れ替わったかもしれない。 非常に密度の濃い大会だったなー。 少し気になったのは、各番組で結果を報告する際…何故か羽生選手の2位が端折られる事も多い。 個人的には最も大金星を上げた選手だと思うのだが。 長洲選手の3位も意図的に削られているし… 人気選手で視聴率を稼ぎたいのも分かるけどさ。 まるまるカットはやめてくれ。

| | コメント (0)

2011年2月19日 (土)

フィギュア四大陸男子

羽生選手スゴかったねー。 まるで去年の村上佳菜子選手を見ているようだ。 いや、去年の彼も大健闘だが…表彰台までもう一歩だったからさ。 フリーで1位に上がった時は感動したよ。 高橋大輔選手もいいんだけど、なんだか次元の違う世界にいるようで1位の羽生選手を大差で抜き去る。 …こう言ってはアレだが、ちょっと悔しい。 羽生選手には僅差のまま劇的に優勝してほしかった。 それでも最終結果は1位高橋選手、2位羽生選手! 近いうちにやってくれるとは思っていたが、早過ぎ。 明日は女子のフリー。 最近ずーっと安定している安藤美姫選手がSPで首位。 毎度注目の浅田真央選手はミスが目立ったわりに3点差で2位。 うーむ。 こんなに日本が強いと、またどこかでルール変更されそうで恐い。 もし女子も1位2位を独占なら、歴史的な男女アベック優勝となる。 可能性は高いが、ある意味本番は次の世界選手権。 歴史を残すなら是非そこで。

| | コメント (0)

2011年2月18日 (金)

フィギュア中国選手に年齢詐称疑惑?

オリンピックや万博など、急成長を散々アピールしてきた中国だが…根本的な体質は変わっていないようだ。 スポーツ選手の多くは農民出身だから、いつ生まれたかなんて本人にも分からないという…… …そんなバカな。 どんなに貧しい国だって、誕生日を祝う習慣はある。 また、同級生や学校など調べればいくらでも事実は出てくるはず。 10代なら尚更だ。 それらを容易に調べられないとなると、これはいよいよ国ぐるみでの違反行為と疑われても仕方が無いだろう。 相撲の八百長よりはまだ可愛げもあるが… 疑惑に対して誠実に対応できないと、いつまで立っても成長がストップしたままだぞ。 政治家のように。

| | コメント (0)

2011年2月17日 (木)

Wiiチャンネル更新…

遂に恐れていた日がやってきてしまった… 毎週視聴を楽しみにしていた「みんなのニンテンドーチャンネル」がバージョンアップするというのだ。 なぜ恐れていたかと言うと、コードフリークという非公認ソフトを愛用しているから。 非公認と言っても違法ではなく、市販のゲームに対して「お金MAX」や「無敵」といった処理を強制的に行ってくれるソフト。 大抵のショップで普通に販売中。 慣れない人が使うと、やたら無敵にして買ったゲームが一瞬で台無しになるという、なかなかヘビーな代物でもある。 だから非公認なんだろうけど。 お蔵入りになった昔のゲームや、あまりにも難しすぎて攻略を断念したゲームに対しては絶大な威力を発揮。 ゲームライフには欠かすことのできないコードフリークだが、重要な問題がひとつ。 それは、Wiiの本体バージョンに対応しているのが「4.0J」「4.1J」「4.2J」のみという事。 当初はアップグレードで対応していくとのアナウンスもあったが、その気配もなく… 任天堂からの意地悪にも思える更新ラッシュを現在も耐えている状態。 ショッピングチャンネルなどは真っ先に更新されてしまい、以降一度も利用できないでいる… 最後の砦とも言えるニンテンドーチャンネルも冒頭の通り。 非公認だとどうしても違法ソフトの巻き沿いを喰らうから、仕方が無い面もあるのだが… コードフリークは決してゲームの販売を妨げるような物ではない。 むしろ促進している部分もある。 いっそ任天堂がライセンスを与えてくれればいいんだけど。 それかシステムを買い取って任天堂自身が管理するとか。 販売元のサイバーガジェットも、そのほうが有益だと思う。 こんなイタチごっこを違法ソフトに混ざって続けていたらダメだ。

興味のある方は公式サイトへ
コードフリークとは?
各機種共通の解説を確認できる。

| | コメント (2)

2011年2月16日 (水)

BS2「ペリーヌ物語」最終回

BS2で放送されていた「ペリーヌ物語」が最終回を迎えた。 全53話のなかで、結局納得いかなかったのは第10話のみ。 ほかは最後まで本当に素晴らしい内容だったなー… 問題の第10話を語ったときに、「こういう展開・演出こそがペリーヌ物語だ」と言ったが…まったくその通りのままで終わってくれた。 こんなにも「裏切らない」アニメは本作以外にないんじゃないかと思うほどだ。 あと、知らない人には意外な事実かもしれないが…絵コンテにはジブリの宮崎駿氏やガンダムで有名な富野由悠季(富野善幸)氏も参加している。 これはペリーヌに限らず、世界名作劇場シリーズの多くに関わっていたりするのよ。 随所に見られるこだわりが、のちの大作を生む礎になっているのかと思うと…感慨深くもある。 時代と言ってはなんだが、初期の世界名作劇場は制作スタッフに恵まれていたのだろう。 今の環境や若い人材では絶対に作れないアニメだと思う。

興味のある方は公式サイトへ
世界名作劇場 作品紹介
全作品の詳細が記載されている。ストーリーはネタバレ全開なので注意。

| | コメント (0)

2011年2月15日 (火)

映画「トランスポータ−3」

評価:★★★★★★☆☆☆☆
前作の1と2がTVで放送されたのは2009年の8月。 その時、劇場では今回の「3」が公開中だったが…TV放送されるまで意外に長かったな。 そんなわけで、やっと観れた「トランスポータ−3」。 環境大臣の娘を運ぶのが目的だが、主人公の手首にはめられたブレスレットには爆弾装置が! 愛車から20m離れると自動で爆発する仕組み。 冒頭からこのアクシデントと共に、様々な妨害を華麗に回避していく話し。 毎回ヒロインと恋仲になるのはお約束なのか、寅さんっぽくて少し笑える。 雰囲気はやっぱり「2」寄りかな… 一応正義感の失敗を悔いている場面もあるが、警察官が相棒だから結局は何かしら救うことになるのよ。 本人の知らない所で国へのテロを防いじゃったし。 「1」を観なければ、普通に面白いと思うけど。 完全にヒーロー化してるから、そういうアクション映画が好きならオススメ。

興味のある方は公式サイトへ
映画「トランスポータ−3」公式サイト
プロモーション映像などの視聴が可能。

| | コメント (0)

2011年2月14日 (月)

NHK大河ドラマ「江」第6話

以前、第1話を語った大河ドラマ「江(ごう)」。 放送期間が約1年間だから、展開も遅いのだろうと思っていたら…もりもりと状況が変化。 わずか数話足らずで本能寺の変により織田信長が討たれ(厳密には行方不明)、今回はその謀反を起こした当人明智光秀が野武士の奇襲を受け切腹。 …武将を討ち取っても、その人物に天下人としての器がなければ意味がないという現実。 まるで民主党や自民党のようだ。 そして、豊臣秀吉(この時点ではまだ羽柴秀吉)が何故信長と対立したのかと思っていたら…逆だったのね。 謀反で信長を倒した明智光秀を許すまじ、という恨みから武将の片鱗を見せ始める。 ドラマとしての脚色もあるだろうが、確かにこれなら納得もできるか。 信長の意志を継ぐのはこの秀吉だとなるのも必然だし時間の問題。 分かり易く言えば、リーダーを失った部下達の権力闘争。 この勢いだと武田信玄や伊達政宗なんかも登場しないと話しが続かないんじゃないのかな。 でも浅井三姉妹らとの接点がよく分からない。 一応「合戦パート」もちゃんと描いているからね。 もしかしたら「一方では…」みたいな演出もあるのかも。

| | コメント (0)

2011年2月13日 (日)

特撮「海賊戦隊ゴーカイジャー」

評価:★★★★★★☆☆☆☆
事前情報から少し気になっていた戦隊シリーズ最新作が遂に始まった。 35周年という事でお祭り作品になるようだが… 初回は世界観のイメージを紹介するような話し。 お宝を求めて地球にやってきたゴーカイジャーと、その地球を支配する為にやってきた悪の帝国。 そこまではいいが、主人公は「気に入らない」という理由で帝国に戦いを挑むのよ。 子供が見る物語だから、変に巧妙な理由を付けてもしょうがないんだけどさ。 だからこそ余計に「戦う為の動機付け」を明快にしてほしかったな。 戦闘でも、いきなりゴレンジャーやシンケンジャーに変身したりで…どういう事なのかの説明は一切ない。 のちに語られるんだろうけど、個人的にこういう始まり方ははっきり言って嫌い。 映像自体のクオリティは高いけど… ゼロスタートが好きな私には厳しい展開だ。

| | コメント (0)

2011年2月12日 (土)

警察庁が中古売却に本人確認を義務化

今年の4月1日からリサイクルショップなどで中古品を売る際、本人確認が必要になるらしい。 別に大きな支障はないと思うが、見本品はちょっと売りづらいかも。 以前は音楽CD制作会社に務めていた事もあり、自分が手がけたCDの見本品が大量にある。 一度も売った事はないけどさ。 冗談で生活に困ったら売るなんて会話もあった。 しかし、実際に中古店でバーコードに「見本」マークがあるCDを見かけると妙に嫌な気分になるのよ。 誰が売ったんだ? みたいな… でも、こういうのって匿名性が高いから売られるわけで、本人確認となると状況はかなり変わるだろう。 大手ブックオフなどはすでに全ての買取に対して本人確認を徹底しているみたいだが、個人経営など小さな店は増々辛い立場になるのかも。 しょうがないと言ってはそれまでだが…なにかしらの救済措置は欲しいよね。

| | コメント (0)

2011年2月11日 (金)

ザック監督の助言

サッカーのアジア杯で日本を優勝に導いたザック監督は、現在母国のイタリアで休暇中。 家族と穏やかに過ごしているようだが、そんな中にありながら…日本の歴史が大きく変わりそうな発言をした。 それは「イタリアの各クラブは日本のJリーグ選手をもっと獲得していくべき」というもの。 世界中の名選手が名を連ねるイタリアクラブに向けて、日本人選手の力をアピールしたのはスゴい事だと思う。 なによりイタリアクラブの監督で優勝経験のあるザック監督自身が発言しているのは大きい。 W杯やアジア杯の成績も今や世界が認めるところ。 FIFAランクでもトップ20に入っているから、様々な条件が日本人選手の後押しをしてくれている。 個人的にはDFの陣形がまだまだ弱過ぎると思うから、長友選手を始めDF強化に繋がっていくと嬉しい。

| | コメント (0)

2011年2月10日 (木)

十両と幕下

前回の八百長メールに続いて、給料格差の問題も言われている。 十両が月にもらえるのは約103万円だが、幕下には1円も出ないという。 関係者によると、幕下はいわゆる「見習い・練習生」のような位置づけだから仕方が無いと説明しているが… 多くの報道ではこの格差に緩和が必要だとコメントしている。 しかし、私はそうは思わない。 必要なのは緩和ではなく、十両から幕下への降格制度の見直し。 苦しい試練を戦い続けてやっとの思いで十両に昇格しても、その十両での成績が振るわなければ地獄の幕下生活が待っている。 それこそが問題。 芸能を例にすると、幕下は専門学校のようなもの。 タレントや役者・歌手などを目指して勉強中なのだから、給料が出ないのは当たり前。 ここまでは相撲の幕下がそうだという理由も分かる。 問題はデビュー後。 つまり十両だ。 タレントとして正式に事務所へ所属された場合、結果が出ないからといって再び専門学校へ通わせることは普通有り得ない。 本人が希望すれば別だけど。 だってデビュー自体が事務所に認められないと出来ないから。 所属させる事は運命を共にする事。 そういう発想が十両に持てれば、幕下へ降格させるシステムがいかに愚かであるかが理解できるはず。 一度でも十両に昇れば、降格時も幕下とは別の給料が出る地位に属せるとか。 今のままじゃ、十両昇格後の対戦が最も不利でしょ。 デビューしたてのタレントがゴールデンで使われるようなものだ。 テレビならまずは深夜で細々と成長を待つ事もできるが…相撲はそうはいかないでしょ。 幕下を見習いと言うなら、十両からの地位をある程度保証する必要があると思う。

| | コメント (0)

2011年2月 9日 (水)

風邪を引く

ちょっと多めに散歩をしてみたら、風邪を引いてしまった… 普段通らない道で新たな発見もあったが、余計な菌までもらってしまったようだ。 しかし、私の場合は何故か風邪だと集中力が異常にアップする。 無駄な思考をしなくなるからだろうか、特に仕事のはかどり方は半端じゃない。 熱もあれば更に能力が増す… 厄介な体質だな…… 現在はちょうど大きな仕事の大詰め段階だから、個人的には好都合。 体には悪そうだが、全力でかかろうと思う。

| | コメント (0)

2011年2月 8日 (火)

長友選手インテルデビュー

電撃移籍から数日、早くもインテルで長友選手の出番が訪れた。 後半の15分のみだが、現地イタリアでは様子見な評価で…とりあえず酷評は避けられたようだ。 というのも、なぜか妙に注目をされているからさ。 ヘタをしたら日本よりもイタリアのほうが盛り上がってるような… 過剰な期待ほど恐ろしいものはない。 「こんな程度か」なんて思われたら悔しいでしょ。 長友選手は積極的にコミュニケーションを取っているようだから、成長も活躍も早いと思う。 得点に絡む日も近いんじゃないかな。

| | コメント (0)

2011年2月 7日 (月)

AKBの関係者がチケット譲渡

AKB48のコンサートでちょっとした問題が起こっている。 AKBの関係者が、コンサートに来ていた女子高生を楽屋まで連れて行き…主要メンバーと写真を撮ったあと、通常では手に入らない良席チケットを3枚譲ったらしい。 当人は「女子の応援に感動しサプライズで喜んでもらいたかった」と事実を認め謝罪したという。 う〜ん… ファンが激怒するのも分かるが、今回の場合は別に構わないと思う。 だって関係者にサプライズをさせたいと思わせたのは女子高生の力でしょ? 変な例えかもしれんが、ハトに餌を与える人を批判するのは筋違いで、人に餌を出させたハトの力にほかならない。 そういう人に巡り会うという意味では、たまたま偶然の奇跡が起こっただけ。 AKBのチケットも同じ。 偶然の奇跡が自分にも起こるかもしれないと、逆に喜んでもらいたいくらいだ。 つーかさ、どんなコンサートにも招待席ってものがあるんだから。 激怒しているファンだって同様のサプライズがあったら拒否なんてする訳がない。 まず冷静な判断が出来ないでしょ。 ただ、チケットを譲渡した関係者はせめて「みんなにはないしょだよ」とか釘を刺しといて欲しかったかも。 女子高生もmixiでチケット譲渡の話しや画像をアップするのは、あまりにも無知な行為だったな… そんなことをネットで明かしたらどうなるか想像できそうなのに。 とにかく、関係者と知り合ったら、その人も関係者扱いで問題ないと思います。

| | コメント (0)

2011年2月 6日 (日)

相撲八百長メール解析

なにを今更みたいな事だが… 最近報道でよく取り上げられるのが、相撲の八百長メール。 色んな番組で携帯の削除されたメール内容を復元できるのかっつー検証が行われていてさ。 携帯やメールに限らず「データ」と言われる内容物のほとんどは復元が可能だ。 もちろん、その費用は30万〜100万円とかなり高額。 それは10年以上前から実際にあるサービスだが、今回の様な事件に関するデータの復元は行わない。 そりゃ依頼があればやるだろうけど、ある訳ないでしょ。 政府機関や警察の連携と共に、よりすぐれたサイバー対策組織内で復元作業が行われるのは当たり前。 番組制作だって膨大な「データ」を扱うんだから、そんなのは常識なはずなんだけど。 視聴者に変な誤解を与えるような紹介はやめてほしい。

| | コメント (0)

ワンピース プライズ 06

バンプレストのプライズ景品「DXフィギュアTHE GRANDLINE MEN vol.6」。 シルバーズ・レイリー。 伝説の海賊王ゴール・D・ロジャーの仲間で副船長。 彼も悪魔の実は食していないが、覇気を使いこなす。 老いても海軍大将を軽く抑えるほどの実力者。 新世界編でのルフィの強さは彼の功績が大きい。 そう言えばルフィもレイリーも履物は草履。 戦闘では不利な気もするが、なにか理由でもあるのだろうか? フィギュアでも生きる伝説の貫禄が十分出ている。


Dscf101227_134
「GRANDLINE MEN vol.6」シルバーズ・レイリー。

Dscf101227_112
老人なのにこのカッコよさ… ルフィに覇気を教えた師匠。

Dscf101227_139
マントの着脱が可能。脱いでもスゴいとはまさにこの事。


-----

| | コメント (0)

2011年2月 5日 (土)

冬季アジア大会 フィギュア

あまり報道されないから知らない人も多いと思うが。 現在冬季アジア大会が行われている。 フィギュアスケートでは男子の無良選手が銀メダル。 女子ではSPで村上選手が首位のようだ。 ただ、ほかにも国際大会が重なっていて、主力選手は未参加だったりバラけているらしい。 メダルの獲得は素晴らしい事だが、位置づけとしては練習試合のようなものか。 LIVE中継してくれれば応援するのに。

| | コメント (0)

バラエティ番組が謝罪

久々にちょっと踏み込んだ内容になってしまうが… TBSのバラエティ番組「イチハチ」の放送でトラブルがあったようだ。 問題の内容は…出演した日本人女性タレントが紹介した「ニューヨークで所有している部屋」が別人のものである事が発覚。 その後の調査でも、女性タレントは「売却した」と説明したが…不動産登録に売却の事実はなかったという。 現在はプライバシー保護を理由に返答を拒否しているとか… 少し気になって当事者である女性タレントのブログを拝見したところ、弁明記事があったのよ。 長々と自身の正当性を訴える内容だが… 都合の良い部分を切り貼って「それだけが事実」の様に振る舞うのは別に構わない。 ウソは言ってないだろうし。 一方のTBS側も全力で正当性を主張する構え。 女性タレントの虚偽で幕を引くつもりのようだ。 結論を言えば、まーどっちも当然のこと。 納得できない仕事なんて誰にだってある。 意に反する行為を要求される事もある。 タレントはむしろそれが仕事なのではないだろうか? ウソが嫌ならメディアに露出する仕事は辞めたほうがいいと思う。

| | コメント (0)

2011年2月 4日 (金)

信長と蘭丸

U局で放送中の戦国鍋tvね。 そのなかで戦国アイドルが歌って踊る「ミュージックトゥナイト」という架空の歌番組があってさ。 今回は遂に「信長と蘭丸」が初登場! 浅井三姉妹の様に事前告知がなかったから、本当に突然。 いや、新曲を作っているという噂は聞いていたが… そうか、信長と蘭丸かー。 大河ドラマの江でもちょうど本能寺の変だから、そっちでも信長と蘭丸は常に一緒なんだよね。 同性愛だったという説は有名なのだろうか? 「敦盛2011」の歌詞が直球でなんとも怪しい世界観だからさ。 しかも超いい曲。 この歌詞でもシングルで出せばヒットするんじゃないかな。 つーか、民放の音楽番組にゲスト出演してほしい。 そう言えば、この戦国鍋tvは去年の4月からスタートしたようだが…今年の3月までという予定が、4月以降も続投になったようだ。 更に3月23日にはこれまで発表された楽曲を全て収録した「戦国鍋TVミュージック・トゥナイト〜なんとなく歴史が学べるCD〜」が発売される。 年末に放送された「大戦国鍋TV(98分)」のDVDが付いて3300円! …どうせならミュージックトゥナイトのPVやメイキングとかがいいんだけど。 映像で見るのと音だけ聴くのでは全然違うからね。 商品化されるなら、もしかしたらTBSのカウントダウンTVに出られるかも。 3月の発売って事はたぶん次の新曲は4月以降かなー。 作詞や作曲などのメンバーは変えずに作ってるみたいだから、ネタが少々心配でもある。 まー基本は人気歌手のパロディだから大丈夫か。 それにしても信長役の村井良大氏は今回で4役目。 七本槍,天正遣欧少年使節,堺衆とそれぞれに異なる役で歌っている。 実際に複数でゲストに呼ばれたら大変だな…

興味のある方は公式サイトへ
戦国鍋TV 番組ホームページ
戦国アイドルの詳細もバッチリ。

| | コメント (0)

2011年2月 3日 (木)

FIFAランク 17位

…なんと、FIFAランク2月2日更新で日本が17位に大浮上! FIFAの公式サイトでもニュースで取り上げられるなど、世界で注目されるアジアの代表国となった。 一気に12カ国抜き。 …現時点では考えられない事に、過去にW杯で優勝争いをしたフランス(19位)より上。 世界ランクであのジダンのいた国の上をいくなんて… アジア杯の影響おそるべし。 内容で言えば韓国もオーストラリアもほぼ互角だったのにな。 ちなみに韓国も32位、オーストラリアも21位と共に順位を上げている。 長友選手の強豪インテル移籍もなんら不思議ではない事が日本人として嬉しい。 「海外組」などと揶揄された時代が遠い昔の様だ。


興味のある方は公式サイトへ
FIFA World Ranking
Ranking Tableで各国の順位を確認できる。※英語

| | コメント (0)

2011年2月 2日 (水)

アニメONE PIECEの白ひげ 2

(※少しネタばれ注意) 前回、アニメ「ONE PIECE」の白ひげに大きな変更があったと語ったが、顔半分を失わなかった分…より壮絶な最期だったような気がする。 原作よりも実際動けていたし。 黒ひげ海賊団の集中攻撃も、ちゃんと長かった。 あれだけの攻撃を受けといて、武器がひとつも刺さっていないのは気になったが…モノクロに赤い血の演出は意外でかなり良い。 放送時間的に流す血と言えば黒が多いから。 白ひげの死により、事態が急展開していく今後の描き方にも注目したい。

| | コメント (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »