« サッカーFIFA最新ランキング | トップページ | 海外ドラマ「24 VIII」第13〜16話 »

2011年1月14日 (金)

アジア杯 vsシリア

…今回、日本の代表選手らは悪くなかったと思う。 W杯時と同様に動けていたし、気迫も伝わってきた。 問題はザック監督よ。 何を試そうとしているのか、ヨルダン戦とほぼ同じフォーメーション。 監督は「私は間違っていない」と主張したいのだろうか? 結果だけで言えば2-1で勝ちはしたが…動きを見る限り、フォーメーションさえ合えば圧勝できた試合だったはず。 スタジアムや審判は完全にシリア寄りだったし、おそらく勝利への思いは相手国のほうが勝っていたと思う。 そんな状況で先にゴールしたのは日本。 シリアの守備力も高いが、連続で蹴り込みなんとか均衡を破る。 日本は1トップだからさ… 格下のチーム達は守ってカウンターがパターンになっているのに、そのなかに一人で入ったって潰されるのは当然。 それは代表らも分かっているから、シリアDFを両サイドにバラそうとするが…挑発に乗らずペナルティエリア内に集中。 一方の日本DFはまんまとバラバラ… 守る気あるのか? 本当に毎度スルスルとゴール前へどうぞと言わんばかりのアホ守備。 だから守護神のキーパー川島選手も無茶苦茶なファウルを取られ一発退場をくらうんだよ… 映像を確認しても川島選手は明らかにボールを追っている。 こんなのW杯ならFIFAの対応が問われる所だ。 レッドカードだから次のサウジアラビア戦でも出られない。 DFが普通に機能していれば、こんな余計なファウルをもらう事もなかったのに… 同リーグのヨルダンvsサウジアラビアは、なんとヨルダンが1-0で勝利。 …日本もそうなっていたかもしれないが、これで順位は勝ち点を4にした日本とヨルダンが1位。 シリアは勝ち点3で3位。 サウジアラビアはまさかの勝ち点0でリーグ敗退が決定。 次は17日に日本vsサウジアラビア、ヨルダンvsシリアの試合が行われる。 3位のシリアもヨルダンに勝てば勝ち点6となりリーグ突破。 逆にヨルダンが勝つと日本はサウジアラビアに負けてもリーグ突破となる。 まーそれは避けてもらいたいが…自力突破には最低でも引き分けで勝ち点を5にしたい。 川島選手不在だが、ここは出来れば勝っておきたいところだろう。

|

« サッカーFIFA最新ランキング | トップページ | 海外ドラマ「24 VIII」第13〜16話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サッカーFIFA最新ランキング | トップページ | 海外ドラマ「24 VIII」第13〜16話 »