« 近所から見た富士山 | トップページ | コースターから転落 »

2011年1月30日 (日)

アジア杯 vsオーストラリア

準決勝に続いて決勝でも0-0のまま延長戦へ。 攻撃自体は悪くないが、日本のほうが細かいミスが多い… パスやトラップも珍しいミスを連発。 疲労を理由にしたら相手だって一緒だからね。 ゴール前での組み立てもお互いに決定的な場面を何度も作るが、最終的にはミスがほとんど。 川島選手の活躍を考えると、オーストラリアの攻撃が上手く機能しているのだろう。 延長後半の序盤まで終始オーストラリアのペースだったが、長友選手のセンタリングにまた知らない選手が綺麗なボレーを合わせ文句なしのゴール。 なによりボールが浮かなかったのが素晴らしい。 まー本来はこうあるべきなんだけど。 技術的にはやっぱりFIFAランク通りかな。 ロスタイムの最後に岡崎選手がハンドで正面からのフリーキックになるが、ギリギリで堪えてなんとか1-0で勝利。 まさかと言ってはアレだが、日本がアジア杯優勝! …ザック監督はいきなりの大きなタイトルを手にしたわけだが、W杯の直後だし。 就任して間もないから、彼の手腕が問われるのは本当にこれからだと思う。 とにかく、この上ない結果を残した代表選手達はお疲れさま。

|

« 近所から見た富士山 | トップページ | コースターから転落 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 近所から見た富士山 | トップページ | コースターから転落 »