« 横浜ウォーキング・前編 | トップページ | ジャンプフェスタ2011 01 »

2010年12月25日 (土)

フィギュア全日本 男子SP

グランプリファイナルの好成績も手伝ってか、男女共に過去に例を見ないほどの盛り上がり。 そしてまたやってくれるよね。 16歳の羽生結弦選手。 ショートではなんと78.94点という高得点で2位に入った。 この数字をシニアで出せたという事が彼にとって大きな飛躍となるだろう。 80点前後が表彰台ラインだからね。 1位は更に素晴らしい滑走だった小塚崇彦選手。 織田選手がGPFで出した今季世界最高を抜いて、驚きの87.91点。 なんというか小塚選手は全選手のなかで一番心技体を持っている様な気がする。 3位は何度もミスを重ねた織田信成選手。 それでも77.48点はスゴい。 何度も言うが、その上に羽生選手がいるんだから…こうなると、出場枠制限のある世界大会より国内のほうが圧倒的に面白い。 俗にいうタレント揃いの日本フィギュア。 今日は女子のショートもあるし、浅田選手や村上選手の結果も気になる。 楽しみだ。

|

« 横浜ウォーキング・前編 | トップページ | ジャンプフェスタ2011 01 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 横浜ウォーキング・前編 | トップページ | ジャンプフェスタ2011 01 »