« 皆既月食 | トップページ | 横浜ウォーキング・前編 »

2010年12月23日 (木)

DVD「インセプション」

評価:★★★☆☆☆☆☆☆☆
(※ネタバレ注意) …こんな事ってあるんだな。 久々というか、ここまで面白くない映画は初めてかも。 超つまらない。 つーかコレを語るつもりだったから、更新の間が空いちゃったよ… 急きょ入れ込むネタ(ネタ自体はあるが、準備がまだ)もないから、酷評になってしまう映画「インセプション」を。 まず、CMなどの宣伝で紹介されていたインパクトのある映像の大半は序盤で消化。 しかも、直接の展開に関わるものではなく、インセプションというシステムを解説する為のシーン。 他人の夢の中に入り、別の世界を構築して現実のミッションを有利に遂行するらしいが… これだけに1時間以上かけてダラダラと説明される。 私は映画に限らず、冒頭で内容を判断出来ない作品には一切興味がない。 よってこの1時間経過の時点で再生を停止。 観る価値なしって事でとっとと返却。 過去どんな映画も一応最後までは観ていたが…観るに値しない事ってあるんだな。 最初の1時間を10分に短縮していれば、もう少し評価も変わったかもしれない。 これを映画館で観た人はどんな思いだったのだろうと心配になるほどだ…

|

« 皆既月食 | トップページ | 横浜ウォーキング・前編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 皆既月食 | トップページ | 横浜ウォーキング・前編 »