« BS2「ペリーヌ物語」第10話 | トップページ | スマートフォン飽和時代突入? »

2010年11月 9日 (火)

映画チケット発券

先日、映画の座席をネット予約したんだけど…色々あって携帯に送った購入番号を誤って削除してしまったのよ。 それに気付かないまま映画館まで来てしまい…ダメもとで事情を説明したら「名前と電話番号で発券できます」と。 ネット専用の発券機には長蛇の列が出来ていたから、あっという間に発券してしまったのはまさに怪我の功名。 担当者は嫌な顔せず、素晴らしい笑顔で迅速に対応してくれた。 もちろん、どんな理由があろうと番号を失った私に全ての責任はある。 気をつけるのもそうだし、申し訳ないという気持ちもある。 その落ち度に一切触れることなく処理をしてくれたことは生涯忘れる事はないだろう。 ちなみに、その映画館は「TOHOシネマズ六本木ヒルズ」。 「新宿ピカデリー」でも似たケースで過去に一度発券番号を間違えるという事態があったが… その時はカウンターで大騒ぎになり、何人ものスタッフが裏を行き来し「こういう客は本当に勘弁……」つー顔を全員にされた。 発券後はこっぴどく厳重注意… いやね。 先にも言ったが、そもそも悪いのは私だと思っているから。 これくらい当然だと思っていたのよ。 ところが、TOHOシネマズの神々しいまでのジョブスキルを目の当たりにして感動。 今後は館内システムや立地条件を問わないなら、迷わずTOHOシネマズを選びたい。

|

« BS2「ペリーヌ物語」第10話 | トップページ | スマートフォン飽和時代突入? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« BS2「ペリーヌ物語」第10話 | トップページ | スマートフォン飽和時代突入? »