« 東芝レグザも3Dに。 | トップページ | 漫画「ワンピース」連載再開! »

2010年10月 7日 (木)

ノベール化学賞、日本人が2名受賞!

今年のノーベル化学賞は3人が受賞し、うち2名が日本人という嬉しい発表がされた。 アメリカパデュー大特別教授の根岸英一氏(75)と北海道大名誉教授の鈴木章氏(80)。 日本に限らず、毎回受賞者の年齢が気になるんだけど… ほとんどの発明や発見は何十年も前のもの。 70歳を超えての受賞はどうにかならんのか? 40代50代の功績が報われるにはあまりにも遅過ぎると思う。 受賞者数の上限がいけないのかな。 これでは待機候補のうちに亡くなられる方も少なくないだろう。 みんな当然力のある人達なんだから、動ける時に受賞していれば活動資金にも出来ただろうに… そういえば、また中国の話しになるが… ある中国人がノーベル平和賞の候補になっていて、その活動が中国政府にとっては喜ばしいものではないらしいのよ。 そんな理由から、中国政府は中国人の受賞をさせないように圧力を掛けたという…… なんかさー…発想の次元が低いというか、中国人を受賞させる為にわざと圧力を掛けているとしか思えない。 受賞させるなと言えばムキになって受賞させるってか? 逆に受賞を逃せば、我々の主張が通ったと声高に世界へアピールするつもりか? もとより、受賞が原因で国際的な批判なんて高まるわけないでしょうが。 つーか、受賞に対する圧力のほうがよっぽど批判の対象になるっての。 どっちにしろ国の圧力でノーベル賞が左右される訳がないのは分かっているが…中国にしてみれば「言ったもの勝ち」なのは尖閣諸島問題で立証済み。 平和賞の発表は明日の8日。 さて、中国はどんな反応をすることやら…

|

« 東芝レグザも3Dに。 | トップページ | 漫画「ワンピース」連載再開! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東芝レグザも3Dに。 | トップページ | 漫画「ワンピース」連載再開! »